「資本主義をぶっ倒すために」…中核派83歳議長、約50年の“潜伏活動”をやめた理由

「資本主義をぶっ倒すために」…中核派83歳議長、約50年の“潜伏活動”をやめた理由

潜伏中は「多くの援助があった」と清水議長 ©共同通信社

 1月27日、突如として千代田区内で記者会見に臨んだ過激派「中核派」の最高指導者、清水丈夫議長(83)。民主主義や資本主義の限界が大真面目に論じられる時代に“アジ演説”でどんな新機軸を打ち出すのか注目されたのだが……。

 中核派、正式には「革命的共産主義者同盟全国委員会」は日本共産党から離れた後に1963年に同じく過激派の革マル派と分裂して誕生した団体だ。71年には警察官が殺害された渋谷暴動事件に組織的に関与。その後も暴力革命を掲げ、当局は「極左暴力集団」としてマークを続けてきた。

 清水議長は69年から「非公然」と呼ぶ潜伏活動を開始。75年に当時の書記長が革マル派に殺害されて以降、最高指導者として君臨してきた。だが、昨年9月の集会でおよそ半世紀ぶりに公に登場。住民票も長年、存在しなかったが、集会の直前に中核派が拠点を置く「前進社」(江戸川区)を住所地とし、住民登録を復活させたという。

 そして今回、テロ闘争を内部で見てきた人物に直に見解を質せるとあって各社の記者たちは覚悟を持って会見に臨んだわけだが、

「資本主義をぶっ倒すために闘わなければならない! 全労働者階級人民に訴えようと思った」

 潜伏活動を終えた理由をマイク前で手振りを交えて、そう語った清水議長。社会部記者が明かす。

■前時代的な発言の繰り返しに“SNS世代”との溝は……?

「潜伏を終えたこと自体がソフト路線への軌道修正と見る向きもありましたが、渋谷暴動を『どうしても必要な闘争だった。仕方がない』と擁護。革命の可能性を問われ、『自分が存命のうちにしたい』。一応『コロナ禍で社会もめちゃくちゃになっている』と現代に触れはしたものの、時代錯誤が目立っていました」

 11年の原発事故後に反原発団体を立ち上げた中核派。山本太郎前参院議員の選挙応援に駆けつけたりもしてきた。最近では、若者を取り込むべく洒脱なデザインのチラシを配ったり、SNSで動画「前進チャンネル」を配信するなどソフト路線に転じている。

 公安関係者が指摘する。

「ただ、ピーク時は万単位だった勢力も現在は約4700人に留まります。機関紙の『前進』は週刊発行なのに1部350円で、日刊の朝日新聞より高いと陰口も出る始末。志願者が勝手に集ってきた昔と違って、チラシのポスティングを試みるなど退潮は明らかです。コロナ禍で地下に潜り続ける議長の姿に、若手活動家から批判も上がっていた。表舞台への復帰は組織の引き締めの意味合いがあり、一定の成功は収めたようですが、前時代的な発言の繰り返しに“SNS世代”との溝はかえって広がったかにも見えます」

 老兵は死なず、消え去りもしない――。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2021年2月11日号)

関連記事(外部サイト)

×