実兄を経営から追放するクーデター計画…身内にも容赦なかった“平成の政商”水谷功の狡猾さとは

実兄を経営から追放するクーデター計画…身内にも容赦なかった“平成の政商”水谷功の狡猾さとは

©iStock.com

「天の声」を発し続けた小沢一郎事務所… 東北談合に見る“政治とカネ”問題の闇深い歴史 から続く

 一般には知られていない中堅ゼネコンの社長にもかかわらず、永田町では知らぬ者のいない有名人だった男が2020年12月17日に帰らぬ人となった。その男の名前は水谷功。小沢一郎事務所の腹心に次々と有罪判決が下された「陸山会事件」をはじめ、数々の“政治とカネ”問題の中心にいた平成の政商だ。

 彼はいったいどのようにして、それほどまでの地位を築き上げたのか。ノンフィクション作家、森功氏の著書『 泥のカネ 裏金王・水谷功と権力者の饗宴 』より、芸能界でも幅を利かせていた男の知られざる正体に迫る。(全2回の2回目/ 前編 を読む)

◇◇◇

■汚職事件――電力事業で急成長した水谷建設

 三重県北部に位置する桑名宿は江戸時代、東海道42番目の宿場として栄えた。愛知県と岐阜県に隣接し、伊勢の国の玄関口と呼ばれる。徳川家康の忠臣、本多忠勝が築城した桑名城が名高い。濃尾平野にめぐみをもたらす木曾川、長良川、揖斐川の木曾三川の河口にあたり、大ぶりな蛤がとれる。

 桑名は、埼玉県川口市の鋳物工場で働く在日朝鮮人の青春群像を描いた吉永小百合主演の映画『キューポラのある街』と並ぶ鋳物の街でもある。桑名鋳物の起こりは、藩主の本多忠勝が鉄砲製造のために奨励した産業とされる。とりわけ終戦後は、ミシンや水道器具などの機械鋳物を溶かすコークス炉から出る煙突の煙が街の空を覆った。鋳物工場のコークス炉が電気炉に代わり、煙突そのものが姿を消したため、かつての面影がすっかり薄れているが、鋳物づくりは今も桑名の主要産業の一つである。近年は、自動車の部品や道路のマンホール、照明器具などに桑名の鋳物が使われている。

 そんな桑名のメイン通りを歩いてみた。しかし、かつての繁栄が嘘のように閑散としている。市が観光客向けに江戸風情を意識したモニュメントを設置していて、やたらと目にとまるが、却ってそれが寂しく感じた。

 水谷建設の本社は、そんな桑名駅前の中心街から車を10分ほど走らせた蠣塚新田にあった。周囲は古ぼけた民家や畑ばかりで、オフィスビルなどはいっさい見当たらない。そんな片田舎の村の高台に、場違いな社屋がそびえたつ。屋上に建てられた「水谷建設」の看板が、桑名の街を見下ろしている。2010年4月、その水谷建設の本社ビルを訪ねた。

 受付がある一階ロビーフロアーには、大きな写真が飾ってある。創業当時に記念撮影した写真に違いない。ずいぶん古い。男女入り混じった大勢の社員たちが、土木工事用の運搬台車にもたれかかり、それぞれ嬉しそうにカメラに笑いかけている。鉄道の敷設工事現場だろうか。社員たちのうしろには、トロッコレールが延々と伸びている。写真の先頭は、いかにも屈強そうな、いかつい顔をした作業着姿の男だ。他の男性社員たちも、先頭の男と同じように厚いゴム底の地下足袋を履き、ダボシャツに腹巻をしている。女たちはもんぺ姿。文字どおりセピア色の古い時代の写真である。

■土方の元締め

「ああ、先頭の人が創業者の水谷一三さんです。もともと桑名は木曾三川の河口にあたるだけあって、災害との闘いを繰り返してきました。川の土手が決壊し、田畑が台無しになる。その災害に備えるため、あるいは堤防づくりのために土方が活躍してきた。水谷一三さんは、そんな土方の人夫出しをしてきた元締めだった。そうして水谷建設は、昭和34(1959)年の伊勢湾台風のときに大儲けした。会社の成長はそこからです」

 古参の元役員がそう説明してくれた。

 水谷建設はその前身を「水谷建材店」という。「満州国」建国から間もない1933(昭和8)年1月、水谷一三が創業した。といっても、個人営業の域を出ず、いわば土木工事における飯場の仕切りや建材の卸売のような建材店に過ぎない。そこから伊勢湾台風に見舞われた翌年の60年12月、一三が会社組織に改めた。

 一三には四人の息子と四人の娘がいた。八人きょうだいだ。男兄弟は、長男の正を筆頭に、次男の勤、三男の紀夫、そして四男の功という順である。のちに政商と呼ばれる水谷功は、水谷家の末弟だった。

■兄弟の序列

 水谷功には、姉と妹がいる。功のあとに妹が生まれているので、功自身は末っ子ではないが、男子のなかではいちばん末だ。1945年生まれの末弟功と長兄の正とは、親子ほど年齢が離れていた。田舎の家にありがちな兄弟の序列はいかんともしがたい。

「父親の一三さんはまったく昔ながらの土建屋タイプでした。儲けた金をいつも米櫃に隠していて、米櫃に手を突っ込むと、いつも現金の塊が隠してあったんだって。金儲けは得意なんですが、会社組織として経理をしっかりやるタイプではない。功会長本人の商売のやり方は、お父さんのDNAが影響していると話しています。そんなだから脱税に問われたのでしょうけどね」

 水谷家の兄弟を知る40年来の取引業者が振り返った。

「一三さんは土建屋に教育なんかいらん、というのが持論の人だったそうです。だから、ご長男の正さんだけは、高校を卒業させているらしいんだけど、その下の三人はみな中卒なんです。昔といっても、末弟の会長さんはまだ60代半ばですからね。しかも家に金がないわけではありません。いまどきめずらしい父親だったと思います。会長本人が言うように、やっぱりいちばん父親に似ているんじゃないですか。人間づき合いや仕事の取り方が、泥臭い」

 昔気質の一三が跡取りとして育ててきたのは、四男の功ではなく長男の正だ。一三は、早くから4人の息子たちを水谷建材店で働かせた。高校に進学させ、あと継ぎの正だけは別格である。一三の生前から専務取締役として会社の経営に携わり、76(昭和51)年12月に一三が癌で他界すると、社長に就任する。翌77年12月、会社の称号を改め、現在の水谷建設の基礎をつくった人物だ。

■複雑な親族のいさかい

 正は高度経済成長の波に乗り、もともと一介の人夫斡旋業でしかなかった水谷建設を中堅ゼネコンに押しあげた。

「正さんはまじめで仕事に厳しい人でした。正さんのころから準大手の前田建設との仕事が増え、私たちも孫請けとしてそこに入らせていただきました。会社を大きくした功労者が正さんです」

 先の取引先の建設業者が、そう説明してくれた。だが、正は社長在任13年目、とつぜん亡くなってしまう。代わって89年4月、次男の勤が社長になった。そこから社内の様子が変わっていく。取引業者が続ける。

「すでに地元の三重や東海地方では、水谷建設はそれなりに認知されていました。だから必死で営業する必要性を感じなかったのかもしれません。急きょ社長になった次男の勤さんは、あまり建設業の経営に関心がなかったようにも思います。会社のトップとして、君臨すれども統治せずというタイプでした。それより財界活動や政治家との人脈づくりに精を出していた。だからあまり建設工事の現場には口出ししなかった。そんな勤さんは三男の紀夫さんよりむしろ功さんの営業力を買っていたのでしょう。やがて功さんに建設工事の現場を任せていったのです」

 水谷建設は、兄弟や親族で経営してきた典型的な同族企業である。だが、多くの同族会社がそうであるように、会社が大きくなるにつれ、経営に携わる兄弟間のいさかいが絶えなくなる。誰もが認めてきた跡取りがとつぜん亡くなると、兄弟のあいだの亀裂が表面化するのは必然だったかもしれない。水谷建設の元重役が、そんな複雑な水谷家の親族のいさかいについて、説明を補う。

「会社の株は、親族で大部分を保有していましたから、長男がなくなり、それを配分するだけでも大変です。長男である正さんの持ち株は、その息子に引き継がれ、のちに彼は専務として会社の経営にもタッチするようになりました。8人きょうだいのうち、女性陣は直接会社の経営に携わることはなかったけど、たとえば代わりに次女の婿さんが取締役になっていますし、長女は双子を生んで、その娘の婿さんがどちらも水谷建設の役員です。うち一人が社長になった川村さんで、功さんにとって、川村さんは姪婿になる。功さんが川村さんを社長に据えたのは、親族だからですけど、親族の一人を取り込む意味もあったのではないでしょうか」

 要するに、会社の経営の実権を握ろうと思えば、親族同士で役員の多数派工作をする必要がある。水谷功は水谷家の男兄弟のなかでいちばん末である。ただでさえ、立場的には弱い。にもかかわらず、やがて実権を握り、会社を牛耳っていくようになるには、それなりに事情があったという。水谷建設の元重役が続ける。

■四男が経営の舵を取るようになった理由

「次男の勤さんは政界や財界との付き合いを大事にしてきた人でした。したがって、功さんが営業面や政界工作で力を発揮できたのも、ある意味で勤さんの人脈があればこそでした。しかし、失敗もありました。たとえば勤さんの長男が、三重ケーブルテレビという新規事業に手を出した。そこに水谷建設の資金を何億円もつぎ込んでしまったのです。それが、さっぱりうまくいかなかった。要は息子可愛さのせいでしょうけど、他のきょうだいたちはおもしろくない。とくに女性陣から突き上げがあって、社長になった次男、勤さんの立場が危うくなっていったんです」

 もう一人の三男の紀夫については、こう言う。

「もともと紀夫さんは、建設業界に詳しくなかった。工事現場でもあまり見かけなかった。それで、バブル時代に三重県内で涼仙ゴルフ倶楽部というゴルフ場開発に熱心になり、水谷建設から離れていった。会員権の販売で一儲けしようとしたのでしょうか。ところが、これも大失敗でした。開発費用にかかわる銀行融資は、水谷建設の債務保証があってはじめて調達できたが、ゴルフ場の建設は前田建設がしているけど、その費用も未払いのまま。何十億円という焦げ付きが発生してしまい、のちのちまでそれらは解決できていませんでした。そんなことがあり、功さんが水谷建設本体の経営の舵取りをしていくことになったのです」

■年商を倍増させた手腕

 涼仙ゴルフ倶楽部は、94年から00年まで雪印レディース東海クラシック、01年から06年までマンシングウェアレディース東海クラシックなど、プロゴルフトーナメントを開催してきた名門コースとして知られる。だがオープン以来、経営そのものは苦しく、やがて事実上の銀行管理状態に陥った。もとより経営失敗の責任は、三男の紀夫にあった。一方、残る四男の功は、そんな二人の兄のつまずきとは裏腹に、みずからの足場を固めていく。

 もとはといえば、末弟の功は工事現場の工事部長だった。そこから86年に常務になり、次男の勤が社長に就任すると同時に、89年4月、代表取締役副社長の椅子に座る。この間、土木工事の営業やその他の実務をさばいてきた。水谷功は、年商200億円程度だった会社の売上を400億円規模にまで倍増させた。否応なく、親族のあいだでその実力を認められ、社内で権勢を振るうようになっていく。

■兄弟間で勃発したクーデター

「水谷建設が飛躍的に売上を伸ばすさなか、会長(功)さんが、三男の紀夫さんの経営する涼仙ゴルフ倶楽部をつぶしてしまおうと考えたことまでありました。ゴルフ場が水谷建設グループの足を引っ張っているわけだから、思い切って涼仙を処理すればいい、と。会社をつぶしてしまえば、水谷建設がその債務を肩代わりしなくて済むからです。そうして紀夫さんをグループの経営から追放しようとしたのです」

 前出の水谷建設の取引業者が再び語る。

「要するにクーデターみたいなものです。ゴルフ場の開発会社である大東開発の臨時株主総会を画策し、この際、紀夫さんにお引き取り願おうとした。実際、会長は弁護士まで手配し、大東開発の役員から株主総会における白紙委任状を取り付けた。結局、そのクーデター計画が向こうに漏れ、臨時株主総会の無効という法的な仮処分で対抗されてしまった。以来、二人の不仲が決定的になりました」

 つまるところ功のクーデター計画は失敗に終わった。結果、水谷建設グループの財務内容はますますひっ迫する。

 民間信用調査機関によれば、03年、水谷建設グループのゴルフ場開発会社である大東開発の債務50億円を水谷建設で肩代わり弁済している。三男の紀夫はそれでひと息ついたかっこうだ。しかし、これにより本体の水谷建設の経営が傾き、兄弟間の確執が修復不可能になっていく。

■会長就任

 クーデターの失敗により02年4月、水谷功はいったん副社長の椅子からおりた。その翌03年4月には、次男の勤も体調を崩して社長を退いた。ただし、功は水谷建設本体の経営を紀夫に任せるわけにはいかないと判断したのだろう。そこで、この年の11月に会長に就任し、川村を社長に抜擢した。そうして巻き返し、事実上、会社の経営を掌握していったのである。

「川村さんは功さん、紀夫さんたち八人きょうだいの長女の娘婿にあたります。で、功さんがその姪婿を社長に据えることにより、その後見役として実権を握った。これで、紀夫さんを抑え込むことに成功したといえます。川村さんは操りやすいと思ったのでしょう。会社経営はあくまで会長、社長はマリオネット(操り人形)のような存在でした。そうしてさらに会社を大きくし、会長は絶頂を迎えていったのです」(前出・取引業者)

(森 功/文春文庫)

関連記事(外部サイト)