「天の声」を発し続けた小沢一郎事務所… 東北談合に見る“政治とカネ”問題の闇深い歴史

「天の声」を発し続けた小沢一郎事務所… 東北談合に見る“政治とカネ”問題の闇深い歴史

©iStock.com

 一般には知られていない中堅ゼネコンの社長にもかかわらず、永田町では知らぬ者のいない有名人だった男が2020年12月17日に帰らぬ人となった。その男の名前は水谷功。小沢一郎事務所の腹心に次々と有罪判決が下された「陸山会事件」をはじめ、数々の“政治とカネ”問題の中心にいた平成の政商だ。

 彼はいったいどのようにして、それほどまでの地位を築き上げたのか。ノンフィクション作家、森功氏の著書『 泥のカネ 裏金王・水谷功と権力者の饗宴 』より、芸能界でも幅を利かせていた男の知られざる正体に迫る。(全2回の1回目/ 後編 を読む)

◇◇◇

■東北談合の「天の声」

「岩手県下の公共工事については、遅くとも昭和50(1975)年代の終わりころから、小沢議員の事務所(以下「小沢事務所」という)が影響力を強め、前記談合において、小沢事務所の意向がいわゆる『天の声』とされ、本命業者の選定に決定的な影響力を及ぼすようになった」

 公判検事が、冒頭陳述の「西松建設からの小沢議員政治団体に対する多額献金の経緯」と題した項目を読みあげた。こう続けた。

「平成7(1995)年、専務取締役事務本部長兼社長室長として政治献金を統括していた被告人國澤は、西松建設東北支店長から、次の説明を受けた。東北地方の実情、とくに岩手県下の公共工事について小沢事務所の意向に基づいて受注業者が決定されること。当時、西松建設は必ずしも小沢事務所との関係が良好ではなく、同県下の公共工事を思うように受注できない状況にあったこと。さらに西松建設が東北地方で業績を伸ばすためには、小沢議員側に多額の献金をして岩手県下の公共工事受注に便宜を図ってもらう必要があることの説明をされた。そのうえで、被告人國澤は、東北支店長から、小沢事務所からの要求に応じ、複数の名義を用いた1000万円を超える献金について、了承を求められた」

 これが西松建設から小沢の政治資金管理団体、陸山会へ渡った3500万円の献金の一部だ。西松のダミー団体による違法献金事件の公判は2009年6月19日に幕を開けた。東京地検特捜部が3月3日に小沢事務所の大久保隆規(※編集部注:小沢一郎の蓄財を管理していた公設秘書)を摘発してから3カ月後である。西松建設違法献金事件の初公判が東京地裁の102号法廷で開かれた。東京地検にとって西松建設事件は、いわば小沢一郎事務所に対する裏献金事件の前哨戦だ。

■本丸の大久保本人公判

 そして、さらに初公判から半年後の09年12月18日になり、ようやく大久保本人の公判が始まった。逮捕されてから数えると、実に9カ月が経過している。この間、特捜部が水谷功から新たな裏献金の証言を得ているわけだ。西松事件はいつの間にか、水谷建設による裏献金疑惑でその影がかすんでしまった感すらある。だが、政界におけるゼネコンのあり様を知る上で貴重な事件だ。9カ月のあいだ、捜査批判を浴びてきた検察側は慎重に公判に臨んだ。

 西松建設事件の大久保の初公判は、東京地裁で最も大きな104号法廷で開かれた。特捜部にとっていわば本丸の事件である。

 公判検事が西松建設盛岡営業所長の供述を読み上げると、法廷内は一瞬静まり返った。まさしく立て板に水のごとく、公判検事の舌がまわり、東北地方におけるゼネコン各社と大物政治家の金庫番とのやり取りを暴露していく。

■明らかになる高圧的な言葉の数々

 公判検事は冒頭陳述で西松建設をはじめとしたゼネコン各社と小沢事務所の金庫番とのやり取りを再現していった。ゼネコンの担当者に向け、大久保の口から飛び出す高圧的な言葉が生々しい。

「最近、西松は協力的じゃねえじゃねえか」

 大久保の初公判は、西松建設首脳を摘発した事件のときにもまして、法廷に臨んだ公判検事たちの力が入っているように感じた。たとえば、大久保から西松に伝えられた次のような言葉まで紹介した。

 大久保は、西松建設が工事を受注した岩手県の胆沢ダムを自ら「小沢ダム」と呼んで憚らなかったという。法廷に立った公判検事は、東北地方の建設業界における小沢事務所の絶大な影響力を強調した。

 岩手県発注の遠野第二ダム建設工事について、大久保は西松建設東北支店長から受注したいと陳情を受けている。それで、西松側にお墨付きを与えたという。公判では、検事がこのときの大久保のいかにも横柄な物言いを次々とピックアップした。

「よし分かった、西松にしてやる」

 政治献金の大幅減額を申し入れた清水建設に対し、大久保は次のように怒鳴りつけたともいう。

「何だと。急に手のひらを返すのか」

 大久保は小沢事務所から頼まれた不動産の仲介を断った大成建設に工事受注の了解を与えないと言い出した。

「(大成は)もう駄目です。奥座敷には入れさせません」

 実際、大成建設はしばらく岩手県発注工事を受注できなかった。

■絶対権力者の影響力

 一連のゼネコン事件公判で、検察側が頻繁に使っていた言葉が、小沢事務所による「天の声」だ。天の声は公共工事における入札の際、国交省や地方自治体の関係者を一声で黙らせ、水面下で受注業者を決める絶対的指示を意味する業界の隠語である。運輸・建設族の大物国会議員から自治体の首長、各種外郭団体の天下り役人にいたるまで、「天の声」の出所は様々だが、わけても東北六県でその声を発してきたのが、小沢事務所だったという。

 ダミー団体による西松建設の違法献金事件で、東京地検特捜部が東北の建設談合事情にまで踏み込んだのは、事件の背景にある絶対権力者の影響力を立証しようとしたからにほかならない。検察の主張に対し、むろん小沢サイドは猛反発してきた。

「献金を受けたのはダミー団体という認識がなかったからだ。献金の額も突出していない。これは検察による公訴権の乱用だ。大久保は建設会社の窓口だったにすぎず、談合にも関与していない」

 しかし小沢側の主張は、具体性に欠ける分、あまり説得力がない。

■東京地検が描いた筋書き

 小沢事務所による「天の声」に怯え、建設業者たちはせっせとゼネコンマネーを貢いできた。表と裏という違いこそあれ、いずれの献金も動機は同じ性質だ。有体にいえば、献金は小沢一郎および小沢事務所の秘書の力が大きな影を落とす、公共工事の受注工作である。東京地検特捜部は、そんな事件の全体像をイメージし、捜査を続けてきたといえる。その捜査の範囲は、政治家や議員事務所だけではない。

 公共工事では、政官界だけではなく、建設業界内での調整もある。巷間言われるところの談合だ。

 工事別の受注や下請けの手配など、事業における具体的な指図は、談合組織の仕切り役が差配する決まりになってきた。仕切り役は、天皇、ドン、ボスなどと呼ばれるが、東北における談合の仕切り役が、鹿島建設の東北支店である。歴代の副支店長や支店次長が、談合を牛耳ってきた。鹿島建設東北支店と小沢事務所の両輪が、東北談合組織の頂点に君臨し、公共工事をゆがめてきた─―。それが東京地検の描いた筋書きである。その見方は的外れではない。

■小沢一郎との出会い

「西松建設は必ずしも小沢事務所との関係が良好ではなく、公共工事を思うように受注できなかった」

 西松建設社長らの初公判で、公判検事は西松建設が犯行に手を染めた業界事情について、そう分析してみせた。もっとも、この説明では、事件の因果関係を語り尽くせない。東北談合組織の歴史的な背景について、中堅ゼネコンの元東北支店長が解説してくれた。

「談合は、地方ごとに仕切り役が違うケースが少なくありませんが、全国的な影響力を持ってきた業界の天皇もいます。たとえばゼネコン汚職事件前だと、東の植良、西の平島という両巨頭がいました。飛島建設会長だった植良祐政さんと西松建設元相談役の平島栄さんです。とりわけ中央談合組織を築いた飛島建設の植良さんの力は絶大で、その影響が東北にまでおよんでいました」

 従来、談合組織は5社あるスーパーゼネコンの幹部が仕切る傾向があったが、飛島建設の植良と西松建設の平島だけは別格だった。

 ゼネコン業界にとって、政界における絶対的な権力者が田中角栄だったのは知られたところだ。田中はいわゆる建設族議員のドンであり、中央の大型公共工事の受注額の3パーセントを政治献金する「3パーセントルール」を確立したとされる。ゼネコンの談合担当者は、みな田中の顔色をうかがい、目白の田中邸に日参した。田中は、鹿島建設副社長だった前田忠次を業界の窓口として指名し、前田が業界ににらみを利かせてきた。
?

■談合の総元締め

 この前田のあとを継いだのが、植良祐政といわれる。もとはといえば、植良も田中邸に日参していた業務屋(談合担当者)の一人だが、金丸をはじめとした田中派の幹部と知り合い、懇意になっていく。やがて前田と植良は、二人三脚で全国の公共工事に口を出すようになる。鹿島建設の前田としても、スーパーゼネコンではない飛島建設の植良なら、組みやすかったのかもしれない。いつしか二人はゼネコン業界で盟友と呼ばれ、田中角栄の献金は植良を通さなければ受け付けない、とまで語られるようになる。

 1984年、鹿島建設副社長の前田忠次が鬼籍に入り、翌85年には田中が脳梗塞に見舞われる。そうして植良は、田中から政界のドンの椅子を譲り受けた金丸信とともに、業界の天皇にのしあがっていった。準大手の飛島建設会長でありながら、全国の談合組織「経営懇話会」の会長として、大型工事を差配するようになる。

 そうして植良は、各社の談合担当者が機嫌をうかがうような伝説的な仕切り役となる。全国に声が届く談合の総元締めだ。

■東西談合組織の「天皇」

 そんな東の植良に対する西の平島栄は、もともとスーパーゼネコンの一角である大林組にいた。大林から西松建設に移るや、西松を収益業界ナンバーワンに押しあげた立役者である。植良とともに東西談合組織の「天皇」と呼ばれ、ライバルのように見えるが、二人は対等ではない。植良にとって平島は年齢も下で、可愛い後輩のような存在だったといわれた。平島も植良にならい、金丸信とのパイプを築きあげた。そのあたりの微妙な人間関係について、先の某ゼネコンの元東北支店長が解説してくれた。

「もとはといえば、平島さんは植良さんの足元にも及ばなかった。けど、西松に移る少し前あたりから、植良さんと仲良くなったね。東京のドンの植良さんが金丸さんの意向を受け、植良さんの子分の平島さんが動く。そんな時代がしばらく続きました。その植良さんと大林が大喧嘩したことがあって、そのあと平島さんも大林と揉めるようになる。平島さんは大林の常務だったんだけれど、世間に大林の談合の実態をばらす、とまで言い出してね。後ろ盾が植良さんでした。そんなこともあって、二人はますます親交を深めた。平島さんが大林から離れたのは、実兄が西松に籍をおいていたからだともいわれましたが、実際は金丸さんへ頼んで西松に入ったのだと思います。ちょうど佐川急便事件で金丸さんが逮捕される直前でした。そうして平島さんは、西松で植良さんの名前を借りてあっちこっちの仕事をとっていったわけです」

■談合組織と政界との歴史

 ゼネコンの談合組織における「金丸、植良、平島」の縦ラインだ。平島が西松建設に移ってからの金丸は東京地検に逮捕されて急速に力を失っていくが、いわば金丸の置き土産が西松建設における平島の存在だった。やがて平島の威光が東北の公共工事に届くようになっていく。天皇平島の率いる西松建設が東北地方でも存在感を増していったのはある意味必然だったといえる。と同時に、東北における西松建設の台頭にひと役買ったのが、田中角栄や金丸信の秘蔵子と呼ばれる小沢一郎の事務所だった。元東北支店長が続ける。

「従来、東北では西松建設なんて、まるで相手にされなかった。熊谷組が強かった時期もあるけど、やはりナンバーワンは鹿島でした。小沢一郎さんのところもずっと鹿島一本で推していたし、東北支店のカドさん(門脇一韶副支店長)が取り仕切るようになってからは、鹿島の天下でした。ナンバーツーは三井建設(現・三井住友建設)だった。そこへ金丸さんの遺言のようなかっこうで、植良、平島のラインを使って、西松が入ってきたわけです。西松建設が小沢さんのお膝元である胆沢ダムを受注できた背景には、そんな談合組織と政界との歴史があるのです」

「小沢ダム」と呼ばれた岩手県の胆沢ダム建設を例に出すまでもなく、近年の東北地方はダム建設をはじめとした大型工事が目白押しだった。ゼネコン各社がそこに目をつけ、熾烈な受注競争が展開される。そうして植良や平島という業界のボスが後ろ盾になった西松建設が、これまでになく工事を受注できるようになるのである。

■小沢一郎事件の原点

 ゼネコン各社は、宮城県仙台市に東北支社を置き、営業を展開した。水谷建設も例外ではない。前出の中堅ゼネコン元東北支店長が振り返る。

「80年代から90年代にかけ、水谷建設の東北支店長が宮城に乗り込んできました。もともと水谷の政界担当で、三重県の本社から派遣された支店長でした。田中角栄さんの目白邸にも頻繁に出入りし、秘書たちと親交を結んでいた。そのころの小沢さんはまだ若く、さほどの力はなかったように思います。ただ橋本龍太郎や中西啓介なんかと同じく、小沢さんも越山会の女王と呼ばれた金庫番の佐藤昭子のお気に入りで、建設業界では金丸さんの秘蔵子として大事にされていました。それで、水谷建設の東北支店長が功さんを小沢さん本人に紹介したそうです。このときが、小沢さんと水谷との出会いだったのでしょう」

 この邂逅が、小沢一郎事件の原点ともいえる。政治とカネは、突然降ってわいた問題ではない。やがて水谷建設は東北支社のほか、小沢の地元、岩手県にも営業所を開設し、熱心に営業活動を展開した。改めて説明するまでもなく、岩手の営業所開設は小沢事務所に近づくための手段だ。水谷はそこから西松建設に働きかけ、下請けとして秋田県の森吉山ダムの工事を受注する。

 検察はそんな西松、水谷、小沢の関係に目を付けた。そもそも西松建設のダミーによる不正献金だけでは金権政治の息の根をとめる決定打とはならない。そうして東京地検は、全日空ホテルの水谷マネーへ捜査の爪を伸ばしていく。

実兄を経営から追放するクーデター計画…身内にも容赦なかった“平成の政商”水谷功の狡猾さとは へ続く

(森 功/文春文庫)

関連記事(外部サイト)