「“性的関係あり”でも仕事だと割り切れないなら続かない」 20年間パパ活で稼いだ女性が明かす“恋愛感情”とは

「“性的関係あり”でも仕事だと割り切れないなら続かない」 20年間パパ活で稼いだ女性が明かす“恋愛感情”とは

©iStock.com

「“普通の恋愛”ができなくなった」 モデル並みの22歳美女が、彼氏よりもパパ活を優先するワケ から続く

 小説『 彼女のスマホがつながらない 』(小学館)のためにパパ活を取材し、女性の貧困を感じたと話す小説家・志駕晃さん。パパ活に恋愛感情は存在するのか、コロナ禍の混乱を取り入れた小説について聞いた。(全2回の2回目/ 前編 を読む)

◆ ◆ ◆

■20年間パパ活をしていた女性 「仕事だと割り切らないと続かない」

――パパ活で恋愛感情は生まれますか?

志駕 女性が恋愛感情を持つことはほとんどありません。男性も家庭を持っている既婚者が多いので、恋愛には発展しにくいのかもしれません。肉体関係がない場合も、父と娘という疑似親子のような状態になっていきます。

 もし、片方が恋愛感情を持つと、パパ活の関係は終わってしまいます。とくに男性が恋愛感情を持つと、「そんなつもりはないのに」と女性が別れを切り出すケースが見受けられます。彼女たちはあくまでも、パパ活を仕事だと思っているんですね。

 パパ活が終わったら、どちらが原因で別れたかにもよると思いますが、基本的には連絡をとらなくなります。

――独身の利用者もいるんでしょうか。

志駕 いなくはないですよ。でも僕からしたら、お金持ちで独身、でも彼女を作らずにパパ活に精を出すっていうのは、男性側の心の闇を感じます。なぜ出会い系やマッチングアプリなどには手を出さないんでしょう。そこにはつまり、お金を媒介しないと女性と関われない弱さがあるんだと思います。

 男性の利用は30代〜60代ぐらいが中心です。半分恋愛したい男性がやってくるとミスマッチが生じ、トラブルが起こる。だからこそ、40代〜60代で既婚者、でも女性好きのお金持ちという方がメリット・デメリットのはっきりした関係になるので、ビジネスとしてのパパ活がうまくいきます。

――パパ活は金銭で割り切る、合理的な不倫という印象も受けますね。

志駕 あんまりやりすぎると、不幸な結果になるでしょうけどね。

 大多数は、援助交際に近い付き合い方です。でも、中には肉体関係がなく、会って食事をするだけでお金がもらえるという女性もいますよ。夢みたいな話ですよね。

 実は、パパ活を20年間やっていたというベテランの女性にも取材したんです。彼女が言うには、「パパ活は、性的な関係になっても“仕事”だと割り切れなかったら続かない」ということでした。女性にとって、あくまでお金のためなんですね。

 彼女は結局、パパ活をしていることを承知していてそれでも愛してくれる男性と出会って、結婚を機に40代で引退されました。それまでは何千万も稼いでいたそうですよ。

■キャバクラとの違いは「応援したい」という気持ち

――お金のためのパパ活。同じように金銭が発生するキャバクラと似ているように感じますが、違いはどこにあるんでしょう?

志駕 一番の違いは、キャバクラは疑似恋愛でお金をひっぱるけど、パパ活では女性のピュアさと性格の良さ、将来の夢に投資することでしょう。

 中には、偏差値の高い大学に通っている女子大生もいます。これは男性受けがいいという理由もありますが、「いい思いをするためにはすれていない必要がある」というパパ活のシステムが根底にあります。

 交際クラブやラウンジで知り合った男性は、キャバクラには行き慣れているお金持ちが多い。余裕があるから、性的な関係はなくてもガツガツせずに女性にお金をそそぎます。

――なるほど。若い人を応援する年長者の気持ちもあるんですね。ちなみに、パパ活は東京などの都市部に限る話なんですか?

志駕 いいえ。小説では、関東圏のお嬢様大学に通う女子大生を登場させていますが、地方にも交際クラブはありますし、アプリはどこでも利用できますから、全国に広がっています。大阪や福岡などで会うのも一般的でしょうね。男性側が「出張先まで遊びにおいで」と女性を呼ぶこともあります。

■連載当初は東京オリンピックを結末にする予定だった

――小説を上梓して、パパ活をしている方々から反響はありましたか??

志駕 SNS上で「良いパパ、悪いパパが詳細に描かれているから読んでほしい」という盛り上がりが一部のパパ活女子の間でありました。どのくらいの層が読んでいるかという正確なことはわからないですが、当事者から読んでもパパ活の危険な場面がわかるようです。それに、男性から見ても「女性の気持ちが理解できる」という需要はあると思います。

『女性セブン』で連載を追いかけてきた読者からは、始まったばかりの頃に、「パパ活に興味があったから面白い」「若い頃に私もやっておけばよかった」という声がありましたね。ただ小説の後半になるとコロナ禍のニュースと絡まった展開になっていくので、「ニュースだと難しくてわからなかったことが、小説だと理解できる」という感想も聞かれました。

――確かに。小説ではコロナ禍のニュースをふんだんに取り入れていますよね。

志駕 そうなんです。連載当初はコロナ禍がここまで長引くとは思っていなかったので、小説のラストは、東京オリンピックの話にしようと思っていました。でもだんだんと雲行きが怪しくなり、東京オリンピックを延期するという決定が下されましたよね。その時には、「もう連載不可能なんじゃないか」と落ち込みました。

 でも、8カ月におよぶ連載の中で、「いっそのこと新型コロナウイルス感染症の影響も使おう」と腹をくくったら、乗り越えられました。それからは毎日ハラハラしながらニュースを見守って、どう小説に落とし込もうかと頭を悩ませました。結果的に、コロナ禍の移り変わりを面白く取り入れられたかなと思っています。

■小説の中の出来事は、週刊誌掲載のニュースとリンク

――東京オリンピックを入れる予定だったということは、本来は別のストーリーになる予定だったんですね。

志駕 トリックなんかは予定していた通りですが、終わり方は思ってもない方向に向かっていきました。

 小説中に起こっている出来事は、週刊誌に掲載されているニュースや特集とリンクしています。編集部から本誌に載せるネタを毎週もらって動いていました。時には、ニュースなどの影響を受けて最初に想定していた原稿から入稿前の3時間で調節することもありましたよ。

 現実がどうなるか見通しが立たないと、書き進められない場面もありました。時には警察の捜査を停滞させなければならないことも……。書くのはぐっと難しくなりましたね。

――パパ活だけでなく、ニュースも追いかけるのは至難の業ですね。

志駕 間に合ったのが、今では不思議に感じます。読者からは「今週の出来事がわかるのでうれしい」という声があり、良かったです。

 それに、『女性セブン』の紙面と似せたデザインも取り入れたんです。週刊誌のレイアウターの方に紙面を組んでいただき、女性セブン風を演出。中の原稿も、最初こそ別の方に書いていただいたんですが、構成がわかってからは私が書きました。「インタビューの会話はこうやって書くんだな」と面白がりながら、編集者になった気持ちで走れましたね。

■倫理的に見れば、パパ活は良くないことだが...

――志駕さんは、夫として、保護者としてパパ活を見たときの印象はどうですか?

志駕 私は男の子の父親なのですが、自分に女の子がいてその子がパパ活をしていたらショックでしょう。しかもその理由が、自分が満足な学費や生活費を与えられなかったからだとしたら、暗澹たる気持ちになるでしょうね。

 もちろん、倫理的に見れば、パパ活は良くないことです。登場人物の警察官に「パパ活をやるなんて信じられない」と言わせているのも、倫理に反する行為だと、暗に伝えたい意図が表れているのかもしれません。

 しかし、やらざるを得ない現実があるというのをさまざまな角度から見つめなければなりません。それが小説家という職業だと思っています。

■フィクションか現実かわからなくなる感覚を楽しんでほしい

――パパ活を取材されて、問題に感じたのは?

志駕 若い世代が奨学金返済や生活苦で追いつめられている現状ですね。とくにこれからはコロナ禍の影響で就職難になっていくから、一層苦しくなるでしょう。私が今一番憂いていることは、今の日本の若者には夢や希望が感じられなくなって、ある種の諦めを感じはじめていることです。小説の中の主人公が、パパ活をやる時に感じた気持ちはただのフィクションではないと思っています。

 でも、苦しさばかりを見つめていても光は見出せません。希望を忘れないでほしいという願いを込めて執筆しています。

 今作は過去と現在の2つの時間軸が同時に進み、時間が合わさる瞬間に事態が解決へと向かっていきます。

 コロナ禍ということもあり、リアルな事件やスキャンダルもふんだんに盛り込みました。途中からは、「フィクションなのか現実なのかわからない」という方も出てくるでしょう。そういう感覚を楽しんでいただけると嬉しいですし、読んだ後にはぜひ意見を聞かせてほしいですね。

 新作の『 絶体絶命ラジオスター 』(毎日新聞出版)では、SFやコメディタッチもいれて書いています。私が長年勤めてきたラジオ局を舞台に、ディレクターならではのトリックも使いました。今作とは毛色が違いますが、どちらも楽しんでほしいです。

(取材・構成:ゆきどっぐ)

志駕晃/1963年生まれ。大学卒業後、ラジオディレクターとして『オールナイトニッポン』などの番組制作に携わる。2017年、『スマホを落としただけなのに』(宝島社)で第15回『このミステリーがすごい!』大賞・隠し玉を受賞し、デビュー。同作はシリーズ化し、映画化もされた。

(志駕 晃)

関連記事(外部サイト)