「白石被告に殺されてもよかった…」座間9人殺害事件“アパートに行かなかった女性”の告白

「白石被告に殺されてもよかった…」座間9人殺害事件“アパートに行かなかった女性”の告白

送検時の白石隆浩被告

 2021年1月5日午前0時。神奈川県座間市のアパートで男女9人の遺体が発見された事件で、白石隆浩(30)の死刑が確定した。東京地裁立川支部での死刑判決後、一度は、弁護士が判決を不服として控訴したが、白石自身が控訴を取り下げていた。

 事件の第一報は2017年10月31日朝で、「ネットで知り合った男女が死亡。遺体が発見された」というものだった。取材していた記者から電話で聞いたときには、見ず知らずの男女が自殺系サイトやSNSを契機に起きた集団自殺かと思った。しかし、時間が経つと、9人が個別に殺害された事件ということがわかってきた。

■「死にたい」とつぶやく若者たち

 筆者は事件に関するアンケートをとった。自殺や自傷行為、それに関連する事件の取材を続けているため、「死にたい」と思っている人たちが、事件をどう見ているか知りたかった。期間は17年11月20日から18年3月1日まで。Googleアカウントで利用できるアンケートフォームを使った。フォロワーの中には自殺を考えたり、未遂経験者がいると思われたため、そのアンケートを、筆者が利用するツイッターアカウントでつぶやいた。回答55件の中で、有効なメールアドレスが記入されていた回答は51件(性別は、男性13、女性38)。

 座間事件ではツイッターで「死にたい」とつぶやく若者たちが報じられたが、SNSでつぶやいたことがある言葉(複数回答)としては、「死にたい」は48件、92.3%で最も多かった。ついで「消えたい」が42件、80.8%。「自殺したい」は32件、61.5%など。一時期、「ネット心中」が連鎖したが、そのときに使われた「一緒に死にませんか」(6件、11.5%)「一緒に自殺しませんか」(7件、13.5%)はいずれも10%前後となっている。

 つぶやいたときの反応(複数回答)としては、回答44件のうち最も多いのが「反応なし」「無視」などが22件、50%。つぶやいても話を聞いてくれなかったユーザーが半数いた。「話聞きます」「死なないで」が同数で18件、40.9%。「ナンパされた」というのも5件、11.4%。自殺念慮のあるネットユーザーはナンパ対象になりやすいと言われているが、一定数がナンパされていることが示された。

■「10人目になりたかった」

 さらに言えば、自由回答で「10人目になりたかった」「殺された人の代わりに死にたかった」「私が代わりになれていたら」「羨ましい」「私も混ざりたかった」などと答えた人もおり、「被害者になりたい」人たちの存在は見過ごせない。

 実はこの事件発覚前、筆者に取材されることを希望する女性がいた。東京都内に住む、華菜(仮名、30代)だ。取材できたのは事件後だったが、華菜は、白石と連絡はとっていたものの、アパートへは行かなかった人物だ。

■白石からDMが届いた

 華菜は、「安楽死」に関心があった。そのため、「精神疾患では安楽死ができない」などとツイートをすると、2017年10月2日午前10時ごろ、白石からDMが届く。7人目の被害者、埼玉県の女子高生(当時17)を殺害したのは9月30日だったことを考えると、その数日後のことになる。

首吊り士 スイスの安楽死団体にメールを送って問い合わせた事があるのですが、スイスの地元民ですと精神病でも認められる事があるが、他国からの場合、問題を避ける為にも精神病だと受けないそうです。

?

華菜 そうなんですね。スイス国籍ほしい(笑)でも、今後法改正がいちばん期待できるのはスイスてことですかねー。

?

首吊り士 私もほしいです笑 スイスが一番ですね

?

華菜 首吊りもやりましたが、あー走馬灯ってこんな感じかーって気持ちよかったです。ほどけて助かってしまいましたが、ほどけないように上手にやればけこう良さそうと思いました

?

首吊り士 私は走馬灯さえなく、本当に寝落ちでした笑

■白石に殺されてもよかった

 華菜が最初に自殺を考えたのは小学5年生の頃。母親から暴行を受け続けたものの、それを見ていた父親は黙ったままだった。母親は進学にも過剰に口を出し、「東大以外は大学ではない」と言い続けた。期待に沿うため、勉強し、成績もよかった。

 小学校でいじめがあっても、巻き込まれないように傍観者でいたが、中学では「死にたい」という感情を抱く。

「中学生のとき、いじめ自殺の報道が多くなり、自分の生い立ちを振り返り、自殺をしたい気持ちが再燃したんです。屋上に上って、自殺を考えたこともありました」

 大学生になると、死にたい感情を抑えるため、過量服薬を繰り返すようになった。救急搬送されたこともある。その後、大学を卒業しても環境に恵まれなかった。公務員になったが、職場ではセクハラがあり、休職した。

 また、結婚生活ではDVがあった。離婚の話にエネルギーを費やすことになったが、「離婚よりも、自殺をしたほうが楽」と考えるようになった。この頃、白石とツイッターでつながった。ただし、やりとりは途中で途絶えた。この頃、華菜は精神科に入院していたこともあり、スムーズな連絡ができなかったことが原因のようだ。

「親しい友人には自分の暗い面を話しはしていません。自分から閉ざしていたのかもしれません。私は生きていることに意味を感じていないので、(白石に)殺されたとしてもそれはそれでよかったですね」

■「10人目」になりたい女性たち

 華菜のように、SNSで「死にたい」とつぶやく女性は珍しくはない。しかも、2020年は新型コロナウイルスの感染拡大の影響だと思われるが、女性の自殺者数が増加した。警察庁によると、20年の年間自殺者数(速報値)は2万919人。前年比で750人増えた。男性は135人減少したものの、女性は885人増えた。特に10月の女性自殺者数は879人。前年同月比で641人、88.6%増で、深刻さを示している。緊急事態宣言があったことで、生活や仕事の環境が変わったため、DVや虐待の件数、性の問題に悩む女性が増えたとも言われている。

 筆者が取材した範囲でも、家族との過剰な接触によって「死にたい」とツイートし、毎晩のように体を傷つけた無職女性、生活リズムの変化による苛立ちからツイッターで自殺予告し、未遂した女子大生、度重なる性被害による鬱状態から鉄道自殺を試みたフリーターの女性、「翌朝、目が覚めなければいい」といって過量服薬をした女子中学生……コロナ禍での苛立ちも手伝ってか未遂の女性が増え、彼女たちのSOSを受け止めてくれる場所や逃げ場がない現状を示している。白石のような存在にすがるしかない、「10人目」になりたい女性たちは増えているのかもしれない。

 厚生労働省は、座間事件後、若者の自殺対策としてSNS相談を始めた。相談窓口が増えたという意味では評価すべきだろう。しかし、若年層の自殺者は減少傾向にはない。なぜ、若者が「死にたい」と思うのかの理由をきちんと見極めることが望まれる。

◆ ◆ ◆

 座間9人殺人事件で死刑が確定した白石隆浩死刑囚に拘置所で面会し、また白石と連絡をとっていた女性たちにも取材した渋井哲也による、なぜ女性たちが白石死刑囚に導かれるまま座間へと向かったのかをレポートした「 座間9人殺害『10人目になりたかった』女性たち 」は「文藝春秋」2月号及び「文藝春秋digital」に掲載されています。

(渋井 哲也/文藝春秋 2021年2月号)

関連記事(外部サイト)