「もうお前は終わりだ!」不倫略奪婚を報じられた元・警視庁捜査一課長に異例の“左遷内示”

「もうお前は終わりだ!」不倫略奪婚を報じられた元・警視庁捜査一課長に異例の“左遷内示”

©istock

 警察組織とはかくも冷徹な組織だったのか。一つの人事情報が、驚きと恐怖をもって霞が関を駆け巡っている。2020年度に警視庁捜査一課長だった渡会幸治新宿署長に2月5日、「警務部付」とする異例の人事異動が内示されたのだ(15日発令予定)。警視庁や警察庁がある東京・霞が関は目下、この話題で持ちきりだという。

 その原因は「文春砲だった」と警察関係者が口を開く。

「渡会さんが新宿警察署長になった直後の昨年4月、週刊文春(2020年4月23日号)に『不倫略奪婚』疑惑がすっぱ抜かれました。奥さんと離婚して不倫関係にあった部下の女性と再婚したばかりか、その部下を自分がいた捜査一課に異動させる『情実人事』を行ったという内容でした。本人は内部調査で不倫を否定しましたが、問題視した上層部による切り捨て人事であることは間違いありません」

■「花の新宿署」で、たたき上げ最高の栄誉あるポストに

 約700人の職員を抱え、日本最大の警察署である新宿警察署は「花の新宿署」と呼ばれ、その署長は警視庁のたたき上げが就ける中でも最高に栄誉あるポストとされる。その署長に渡会氏は有数の若さで就任している。

 渡会氏は18歳で警視庁に入り、捜査一課にはオウム真理教による地下鉄サリン事件があった1995年に初めて所属している。以来、刑事部門を歩き続け、幹部になってからは警察庁刑事局にも出向した「たたき上げのエリート」だ。53歳で念願の警視庁捜査一課長になってからは、階級も国家公務員である警視正になっている。猫を何匹も飼い、高級な将棋の駒の収集家でもあった。

■花の新宿署署長が行くポストとしてあり得ない

「ただ、渡会氏は元々評判が良かったわけではありません。部下にはパワハラで恐れられていたし、一課長の重要な仕事とされるマスコミ対応も悪かった。それでも上には評価されて新宿署長になったので、本来なら刑事部ナンバー2の参事官などに就けたはず。最後は部長級までいけたでしょう。でも、もう無理ですね」と警視庁関係者はみる。

 その理由が「警務部付」という異動先にあるという。どういうことか。

「しばらく一切の職責から外し、近いうちに警視庁の外に出るということです。噂では、3月にも関西にある警察庁の閑職に追いやられると聞いています。新宿警察署長が行くポストとしてあり得ません。つまり警察庁が主導して渡会氏の左遷に動いたということです」(同前)

 地方機関である警視庁に対し、警察庁は国の機関だ。ある警察官僚は「警視総監など警視庁の最高幹部には警察官僚が就くが、日本の警察組織で最大の実行部隊を持つ警視庁の人事にはあまり介入しない。反発を招いても困るから。でも彼に関しては『もう飛ばすしかない』という雰囲気になっていた。警視庁内のポストは限られるので、警察庁の管轄に異動させることになるが、もう浮上はできない」と明かす。

■不倫疑惑に誤認逮捕問題が重なったのが致命的だった

 それだけではない。不倫疑惑で揺れた渡会氏の立場を決定的に損なったのが、新宿警察署で昨年10月にあった「誤認逮捕」事件だ。

「ドラッグストアであった万引き事件で、新宿署が防犯カメラに映った犯人と似ているというだけの理由で、全く別のベトナム人男性を逮捕してしまった。逮捕30時間後くらいに気付いて釈放したが、誤認逮捕は大問題だ。ずさんな捜査も明らかになり、刑事出身の署長としては致命的だった」(同前)

 不倫という個人の事情だけでなく、職責上の大きなミスがあったことが、誰が見ても明らかな左遷人事を敢行させる大きな理由になったわけだが、ここにもなりふり構わぬ警察庁の強硬姿勢が感じられるという。

■「もうおまえは終わりだ」と突きつける酷薄人事

 さらに、今回の人事が恐怖をもって語られる理由は他にもある。

「渡会さんは出世願望を周囲に隠さない人。そこに明確に『もうおまえは終わりだ』と突きつける意図が明白です。また、文春に報じられた離婚と再婚の際、渡会さんは前の妻に都内の一戸建てを譲り渡しています。家を失ってでも部下の女性と一緒になったのです。地方に飛ばし、その新しい妻とも引き裂こうとするのが今回の異動です」(渡会氏を知る別の警視庁関係者)

 週刊文春は昨年4月に渡会氏の疑惑を報じた際、「監察(警察内の不祥事監督部署)が動かないのが不思議」という警察関係者の声を紹介した。だが実際に動いたのは、監察どころではなく国家機関たる警察庁。下されたのは、家を失い、家族を失った末に、最後まで持ち続けた出世の希望を絶たれる「酷薄人事」だったようだ。

(竹林 孝輔/Webオリジナル(特集班))

関連記事(外部サイト)