車両特攻、銃殺、放火…現在も収まらない“山口組”同士の「抗争」はなぜ起きてしまったのか

車両特攻、銃殺、放火…現在も収まらない“山口組”同士の「抗争」はなぜ起きてしまったのか

©iStock.com

山口組の礎をつくり、美空ひばりを芸能界に送り出す…伝説的「カリスマヤクザ」の正体とは から続く

 2015年、六代目山口組が5人の組員に絶縁処分、8人の組員に破門処分を出した。直後に脱退した13人は新団体「神戸山口組」を設立。山口組で史上二度目の分裂が発生したということになる。前回の分裂時には「山一抗争」と呼ばれる苛烈な戦いが全国各地で起こったが、今回は果たしてどうなるのか。多くの関係者が不安に思うなか、その予感は的中する……。

 現在も続いているとされる抗争はなぜ勃発してしまったのか。別冊宝島編集部によるヤクザノンフィクション『 日本のヤクザ 100の喧嘩 』を引用し、そのあらましを紹介する。(全2回の2回目/ 前編 を読む)

◇◇◇

■山口組が下した驚きの「絶縁」処分

 2015年8月27日、六代目山口組が驚くべき処分を下したことが明らかになった。

 入江禎元舎弟頭(二代目宅見組組長)、井上邦雄元若頭補佐(四代目山健組組長)と元舎弟3人の計5人に対して、ヤクザ社会で最も重いとされる「絶縁」処分が出された。また、絶縁の次に重い「破門」処分が、元幹部3人と直参5人の計8人に出されたのだ。

 そして、直後に脱退した13人が新団体「神戸山口組」(兵庫淡路)を設立したことが判明。トップには山健組組長を兼任するかたちで井上組長が就任している。

 こうして山口組は1984年6月に、竹中正久若頭(当時)が四代目組長に就任することが決定し、反対派の親分衆らが脱退して「一和会」(山本広会長)を結成して以来、二度目の分裂が発生したのである。

 前回の分裂では山口組と一和会の間で「山一抗争」と呼ばれた苛烈な戦いが全国各地で繰り広げられ、多くの血が流された。そのため今回も、六代目と神戸の間で激しいぶつかり合いが起きるのではと、分裂直後からヤクザ業界のみならず、マスコミや警察関係者の間でも噂が飛び交った。

■鳴り響いた銃声

 しばらくは不気味な静寂が続いたが、同年10月6日になってついに、長野県飯田市内で、分裂以降では初めて銃声が鳴り響いた。六代目側直系の傘下組織の元組員が、同傘下組織幹部である兄貴分から射殺されたのだ。原因は元組員が神戸側系組織への移籍を画策しているのを知り、必死に止めようと説得を重ねたが、こじれたために発砲してしまったようだ。

 警察は抗争事件とみてすぐに捜査を開始したが、両山口組ともに内輪もめと判断したようで銃声が連続することはなかった。

 だが、この事件の発生により、ある事実が表面化したのだ。それは近隣の山健組系組員らが、事件が起きた飯田市内に数百人で毎晩のように押しかけていたことだった。飯田市内のメインストリートを乗ってきた車両で埋め尽くし、地元の六代目山口組系直系組織とは一触即発の状態だったという。こうした挑発行為は過去の抗争では見られなかった。

■頻発するようになった山口組間の衝突

 その後も、六代目側の直系組織本部などで、幹部や組員らが集まる会合が開かれたりすると、近くの山健組系組織から組員らが車両で駆けつけ、本部の周りを数珠つなぎになって走ったり、事務所近くでたむろする光景が繰り返されたのである。

 そして、長野での銃撃事件で、事件を起こすことへのハードルが下ったのか、両山口組の間で衝突が頻発するようになった。

 同月17日から翌18日未明にかけて、愛知県名古屋市内にある神戸側直系の山健組傘下の健仁会本部で、酒に酔った六代目側直系の三代目弘道会(竹内照明会長)の幹部らが、事務所のインターホンを破壊する事件が起きた。そして、事務所の外へ出てきた山健組系組員らと乱闘になり、最終的に双方で24人が逮捕されている。また、関係先として愛知県警は弘道会本部や山健組本部などを家宅捜索した。

 分裂後、初めて弘道会と山健組が直接に戦ったことから、大抗争へのカウントダウンが始まったと覚悟した業界関係者も少なくなかったようだ。

■山口組の「お家芸」車両特攻

 12月18日には、大阪市内にある六代目側直系の秋良連合会(秋良東力会長)の元傘下組織事務所の建物に、車両が突入して分厚い金属製の玄関や壁を破壊する事件が起きた。過去、山口組が関わった抗争で、何度も行われた「お家芸」ともいえる車両特攻が、六神抗争でも実行されたのである。

 年が明けても勢いは止まらず、16年1月9日の早朝に、福岡県内にある六代目側直系の一道会(一ノ宮敏彰会長)本部事務所の敷地内に火炎瓶が投げ込まれた。幸い、火は燃え広がらずに壁の一部などを焦がしただけで済みケガ人もなかった。原因としては、福岡市内にある両山口組の傘下組織間での組員の引き抜きが考えられた。

 組員の引き抜きをめぐる攻防についても、六神抗争は山一抗争時のときとは様相が異なっている。

 山一の分裂時には、当初は一和会の勢力が四代目山口組を上回っていたが、時間が経つにつれて四代目側に戻る組員は増えていった。

■最高幹部が住む家を銃撃

 ところが、今回は分裂直後ほどの勢いはないものの、六代目側から神戸側への組員流出がずっと継続されているのだ。とりわけ九州、中国、関西、東北という各地区における両山口組の勢力比較では神戸側が勝っているという。六代目側のお膝元である兵庫県でも、すでに神戸側の勢力が上回っているのは確実とされる。

 そうした両山口組系の組員が盛んに流動していた2月、3月にも、連日のように両山口組で衝突が起きていた。

 2月23日の午前10時頃、福井県敦賀市内にある神戸側直系の正木組(正木年男組長)本部で銃撃事件が発生。警戒中の警察官に現行犯逮捕されたのは、六代目側直系である二代目中西組(布川皓二組長=大阪)の傘下組織組員だった。

 同月27日、夜9時頃には埼玉県八潮市内で、神戸側直系の山健組の最高幹部が住む家が銃撃された。外壁から数発の弾痕が発見されたもののケガ人はいなかった。

 また、茨城県水戸市内にある山健組系傘下組織本部では3月5日にトラックが突入し、翌6日には銃撃されて窓ガラスが割られるといった連続攻撃を受けたのだ。

■暴対法の適用で鎮静化したと思われた抗争

 しかし、翌7日に警察庁が両山口組間でのトラブルを「抗争」と認定し、また4月15日には暴対法に基づいて、神戸側を22番目の指定団体に指定した途端、それまで頻発していた争いが一気に鎮静化したのである。

 さらに、5月26、27日に「伊勢志摩サミット」が行われるため、両山口組の上層部がそれぞれの傘下組織に「静かにするように」と厳命すると、実際に抗争はほぼなくなった。

 このまま抗争は途絶えるのかと思われた5月31日の午前9時50分頃、岡山県岡山市内の静かな住宅街で、神戸側直系である池田組(池田孝志組長)の木昇若頭が胸や腹に銃弾を受けて死亡した。のちに弘道会系傘下組織組員が、岡山県警に出頭して逮捕された。サミット休戦が明けてから、わずか4日目の凶行だった。

 抗争において銃器を使用した殺人として、今度こそは六代目側と神戸側との全面戦争に発展すると大胆予測したマスコミもあった。しかし、現在に至るまで過激な戦いは起きていない。

 16年7月の名古屋、同8月の宮崎、同10月の和歌山では、両山口組間のトラブルが原因で1人ずつ関係者が死亡している。だが、これらはいずれも個人的な問題に起因する事件とされて拡大化する様子はない。

 17年1月11日には、京都市内にある会津小鉄会本部で、代目継承をめぐって弘道会と山健組が激突寸前の事態となった。本来、会津小鉄会は六代目側の親戚団体だが、分裂以降は馬場美次前会長が神戸側の井上組長と兄弟分という事情もあって、非常に親しく付き合っていた。それを面白く思わない弘道会が引き戻すため、跡目を六代目側寄りの最高幹部に替えようとしたという。ところが、神戸側がそれを阻止。1月21日には代目継承式が執り行われ、馬場会長は総裁に就任し、金子利典会長代行が七代目会長の座に就いたのだ。

■「代理戦争」が繰り返される可能性は低くない

 しかし、2月7日にも代目継承式が執り行われ、弘道会が推していた原田昇若頭が会津小鉄会の七代目会長に就任したのである。これにより、同時に2人の七代目会長が並び立つこととなった。継承式では弘道会の竹内会長が後見を務め、ほかに山口組の幹部や直参が10人ほどが参列するなど、六代目側からの力が強く作用していることは明らかだった。

 今後も会津小鉄会で起きたように、親戚団体の跡目問題などで、両山口組が争う「代理戦争」が繰り返される可能性は低くない。

 過去に数多く発生してきたヤクザ抗争とは、かなり異なるかたちで続く六神抗争。このまま終息するのか、それとも激化するのか。今後も抗争の行方に注目である。

(別冊宝島編集部)

関連記事(外部サイト)