“殺人”を犯した少年たちは、なぜ「自分はやさしい人間だ」と答えるのか?

“殺人”を犯した少年たちは、なぜ「自分はやさしい人間だ」と答えるのか?

©iStock.com

 昨年8月、福岡市の商業施設で21歳の女性が殺害される痛ましい事件が起きた。容疑者として逮捕されたのは、15歳の少年――。少年は女性客を施設内で盗んだ包丁で刺し、殺害したなどの罪に問われていたが、鹿児島家裁が「再非行の可能性が非常に高く、少年院で問題行動を改善させることは著しく困難」などと指摘。成人同様の刑事裁判を受けさせるべきとして検察官送致していたが、1月28日に殺人の罪などで起訴された。

 では、相次ぐ少年犯罪の根本的な理由は一体どこにあるのだろうか?

 児童精神科医である宮口幸治氏が、自身の少年院での勤務時代の経験をもとに、人口の十数%はいるとされる「境界知能」の人々や、気づかれない軽度知的障害に焦点を当てた『 ケーキの切れない非行少年たち 』(宮口幸治著、新潮新書)より抜粋して引用する。

◆◆◆

■「丸いケーキがあります。3人で食べるとしたらどうやって切りますか?」

 私は少年院で勤務するまでは公立精神科病院に児童精神科医として勤務してきました。 色々と思い悩んだ末に、いったん医療現場から離れ医療少年院に赴任したのですが、そこでは驚くことにいくつも遭遇しました。その1つが、凶悪犯罪に手を染めていた非行少年たちが、“ケーキを切れない”ことだったのです。?

 ある粗暴な言動が目立つ少年の面接をしたときでした。私は彼との間にある机の上に A4サイズの紙を置き、丸い円を描いて、「ここに丸いケーキがあります。3人で食べるとしたらどうやって切りますか? 皆が平等になるように切ってください」という問題を出してみました。

 すると、その粗暴な少年はまずケーキを縦に半分に切って、その後「う〜ん」と悩みながら固まってしまったのです。失敗したのかなと思い「ではもう1回」と言って私は再度紙に丸い円を描きました。すると、またその少年は縦に切って、その後、悩み続けたのです。?

 私は驚きました。どうしてこんな簡単な問題ができないのか、どうしてベンツのマークのように簡単に3等分できないのか。その後も何度か繰り返したのですが、彼は図2-1のように半分だけ横に切ったり、4等分にしたりして「あー」と困ったようなため息をもらしてしまいました。他の少年では図2-2のような切り方をしました。そこで、「では5人で食べるときは?」と訊ねると彼は素早く丸いケーキに4本の縦の線を入れ、今度は分かったといって得意そうに図2-3のように切ったのです。?

 5個に分けてはいますが5等分にはなっていません。私が「みんな同じ大きさに切ってください」と言うと、再度彼は悩んだ挙句諦めたように図2-4のような切り方をしたのでした。

■「100から7を引くと?」正確に答えられるのは半数

 これらのような切り方は小学校低学年の子どもたちや知的障害をもった子どもの中にも時々みられますので、この図自体は問題ではないのです。問題なのは、このような切り方をしているのが強盗、強姦、殺人事件など凶悪犯罪を起こしている中学生・高校生の年齢の非行少年たちだ、ということです。彼らに、非行の反省や被害者の気持ちを考えさせるような従来の矯正教育を行っても、殆ど右から左へと抜けていくのも容易に想像できます。犯罪への反省以前の問題なのです。またこういったケーキの切り方しか出来ない少年たちが、これまでどれだけ多くの挫折を経験してきたことか、そしてこの社会がどれだけ生きにくかったことかも分かるのです。?

 しかし、さらに問題と私が感じたのは、そういった彼らに対して、“学校ではその生きにくさが気づかれず特別な配慮がなされてこなかったこと”、そして不適応を起こし非行化し、最後に行きついた少年院においても理解されず、“非行に対してひたすら 「反省」を強いられていたこと”でした。

 こういった少年は他にも大勢いました。いつも少年たちへの面接では簡単な計算問題を出します。具体的には「100から7を引くと?」と聞いてみます。正確に答えられるのは半数くらいでした。?

 多いのが「3」「993」「107」といったものでした。「93」と正しく答えられたら次は、「では、そこからさらに7を引いたら?」と聞いてみます。すると、もうほとんどが答えることができません。「1/3+1/2は?」と尋ねると殆どの少年たちが予想通り「2/5」と返してきます。?

■「これからは後先のことを考えて行動するようにしたい」

 基本的に「漢字は読めない」ことを前提に、少年院での教材には全てフリガナがついています。新聞にはフリガナは付いていませんので、新聞を読めない少年たちも多く、自由時間に新聞を順に回して閲覧できる機会もあるのですが、少年たちが見ているのはもっばら雑誌広告欄にある女性の写真ばかり、といった状況でした。?

 少年院の中ではこういった少年たちに漢字ドリルや計算ドリルをさせているのですが、大体小学校低学年レベルからのスタートです。最初から小学6年生レベルの計算ができればかなり優秀な方でした。?

 ルーチンの面接の中で、少年たちにどうして非行をしたのかを尋ねてみます。するとみんな、「後先のことを考えていなかった」と、口を揃えたかのような答えが返ってきます。そして、今後の目標として「これからは後先のことを考えて行動するようにしたい」と答えます。?

■お金を用意する方法に「盗む、騙し取る、銀行強盗をする」という選択肢が

 この“後先のことを考える”力は計画力であり、専門用語で“実行機能”と呼ばれています。ここが弱いと、何でも思いつきで行動しているかのような状態になります。彼らは「ゲーム機のソフトを買う金がなかったから人を刺してお金を奪った」「女の子に興味があったけど同級生は怖いから幼女を触った」といった、思いつきに近い非行をやっているのです。

 たとえば、彼らに次のような質問を投げかけたとします。

「あなたは今、十分なお金をもっていません。1週間後までに10万円用意しなければいけません。どんな方法でもいいので考えてみてください」

「どんな方法でもいいから」と言われると、親族から借りる、消費者金融から借りる、盗む、騙し取る、銀行強盗をする、といったものが出てきます。「(親族などに)借りたりする」という選択肢と、「盗む」という選択肢が普通に並んで出てくるのです。「盗む」などという選択をすると後が大変になるし、そもそもうまくいくとも限らない、と判断するのが普通の感覚でしょうが、そう考えられるのは先のことを見通す計画力があるからです。

 しかし先のことを考えて計画を立てる力、つまり実行機能が弱いと、より安易な方法である盗む、騙し取るといった方法を選択したりするのです。

 世の中には「どうしてそんな馬鹿なことをしたのか」と思わざるを得ないような事件が多いですが、そこにも、“後先を考える力の弱さ”が出ているのです。非行少年たちの中にも、見通しをもって計画を立てる力が弱く、安易な非行を行ってしまう少年が多くみられました。?

■少年院は「まあまあ」「楽しい」

“おわりに”にも記したのですが、故・岡本茂樹先生の著書『 反省させると犯罪者になります 』(新潮新書)を読んだとき、私が真っ先に感じたのは、「反省できるだけでも上等ではないか」ということでした。

 私が出会ってきた非行少年たちの中には、反省すらできない少年たちが大勢いました。幼女への強制猥褻をした少年に、「どうしてそんなことをやったのか?」と聞いても、たいてい「うーん」と唸るだけです。そして、考えた挙句に返ってくる答えは「触りたかったから」程度です。「被害者に対してどう思っているの?」と尋ねると「悪い」と即答します。でもこれは反省の言葉ではありません。?

 私は罪を犯した少年に、最初から本当の反省の言葉は期待していません。最初は嘘で誤魔化そうとしてもいいのです。時間をかけて修正していけばいいのです。せめて「やばいことをしてしまった」といった後悔がみられるだけでいいのです。そこから少しずつ更生させることができるのです。?

 しかし、実際の少年たちには、全くそんな気配もありません。少年院に来てみてどう感じているかと尋ねてみても、ニコニコして「まあまあ」「楽しい」と答え、そもそも自分が置かれている立場が理解できていないのです。

■感情を表す言葉として知っている言葉は「イライラ」

 彼らは院内でもよくトラブルを起こします。よくあるのが同じ部屋の子が自分を見てくる、見てニヤニヤしてくる、独り言がうるさい、といったものでした。?

 頻繁になされる彼らの訴えは「イライラします。薬ください」でした。そのようなことで精神科薬を処方することはありませんが、最初は、みんなストレスが溜まってイライラするんだな、と感じていました。?

 しかし、診察を続けていると、彼らは何に対しても「イライラする」という言葉を使っていることに気づきました。担任の教官が来てくれなくてイライラ、親の面会がなくてイライラ、はまだ分かるのですが、お腹が空いてもイライラ、暑くてもイライラ、被害者に悲しい思いをさせたことに気づいて自分にイライラ、悲しいことがあってもイライラ、なのです。実は、彼らは感情を表す言葉として「イライラ」しか知らないのでした。?

 面接の中では他に、罪を犯した自分のことをどう思っているのかいつも聞くようにしていました。自分のことを正しく知ることが更生へのスタートだからです。?

 これは更生に限りません。学校でも不適応行動を起こしている子どもが「自分には問題がない」と思っていると、自分を何とか直したいという気持ちが生じず自分を変えるための動機づけができません。最初に聞くのが「自分はどんな人間だと思うか?」といった質問です。

 私としては、非行少年たちには「取り返しのつかないことをしてしまった。自分は最低な人間だ」といった言葉を期待していました。少年たちの中には、家庭裁判所の処遇に納得できず「相手が悪い。僕ははめられました」という少年もいますが、それでもまだ想定の範囲内です。

■強姦しても殺人を犯しても「自分はやさしい」

 しかし、私が驚いたのは約8割の少年が「自分はやさしい人間だ」と答えたことでした。どんなにひどい犯罪を行った少年たち(連続強姦、一生治らない後遺症を負わせた暴行・傷害、放火、殺人など)でも同様でした。当初、私は耳を疑いましたが、どうやら本気で思っていたのです。?

 ある殺人を犯した少年も、「自分はやさしい」と答えました。そこで「どんなところがやさしいのか?」と尋ねてみると「小さい子どもやお年寄りにやさしい」「友だちからやさしいって言われる」と答えたりするのです。“なるほど”と思いました。そこでさらに私は「君は○○して、人が亡くなったけど、それは殺人ですね。それでも君はやさしい人間なの?」と聞いてみますと、そこで初めて「あー、やさしくないです」と答えるのです。

 逆にいうと、“そこまで言わないと気付かない”のです。いったいこれはどういうことなのか。これではとても被害者遺族への謝罪などできるはずがありません。逮捕されてから少年院に入るまでひと月以上は経っており、その間に自分の犯した非行が十分に分かっているはずなのに、です。

漫画版を読む ?

?

なぜ少年は「ケーキを3等分」にできなかったのか? 少年院の精神科医が気づいた“予想外の事実”とは へ続く

(宮口 幸治)

関連記事(外部サイト)