深夜営業のキャバクラを「斧で破壊」 “カリスマYouTuber嬢”はなぜ摘発されたのか?

『カリスマYouTuber嬢』のキャバクラ経営者を摘発 機動隊員が斧でドアを破り捜索

記事まとめ

  • 営業時間を守らなかった疑いで『カリスマYouTuber嬢』のキャバクラ経営者が摘発された
  • 店はドアを施錠して立ち入りを拒んだため、機動隊員が斧でドアを破って捜索したという
  • 店は度重なる行政指導を無視していたため、保安課は憤っていたと推測されている

深夜営業のキャバクラを「斧で破壊」 “カリスマYouTuber嬢”はなぜ摘発されたのか?

深夜営業のキャバクラを「斧で破壊」 “カリスマYouTuber嬢”はなぜ摘発されたのか?

YouTubeで謝罪する桜井野の花(左)、右は公式HPに掲載された同一人物の写真

 さながら過激派のアジトへの手入れだった。警視庁が斧を振りかざしながらドアを破壊し、捜索に入ったのは新宿・歌舞伎町のキャバクラ「花音」。この店、経営者は元キャバ嬢のカリスマユーチューバーでもあった。捜索容疑は営業時間を守らなかった疑いだが、警察はなぜ強制捜査にまで踏み込んだのか。

■ドアを施錠して立ち入りを拒否

 一夜明けた入り口の姿が捜索のすさまじさを物語る。ドアにはガムテープがはりめぐらされ、その上に「緑茶」などと書かれた段ボールがドアの上半分を覆うように無造作にはられている。

 捜索があったのは2月1日の未明のこと。花音は新型コロナウイルス禍での営業時間の短縮に応じなかったばかりか、風営法で午前1時までと定められている風俗店の営業時間すら守らずオーバーしていたという。

 捜索に入った警視庁保安課も当初からドアを破壊するつもりでいたわけではない。当日、営業時間の行政指導の立ち入りに訪れたことを警察官が告げると、ドアを施錠して立ち入りを拒んだのだ。

 店内にいたのは従業員7人、ホステスが15人、男性客が13人。新型コロナに伴う時短営業であぶれた客が、灯火を求めて集まる夜虫のように集っていた。ドアに「感染防止徹底宣言ステッカー」がはってあったのは悪い冗談としかいいようがない。

?

 機動隊員が斧でドアをぶち破ると、保安課はなかにいた従業員のうち店長の渡部圭介容疑者(36)以下6人を風営法違反(立ち入り拒否)容疑で逮捕した。だが、営業時間を超えることはむしろ風俗界では日常茶飯事。なぜ保安課は捜索に踏み切ったのか。

■度重なる行政指導も無視。踏みにじられたプライド

 実は、警視庁がこのキャバクラを訪れたのは初めてではない。

 新型コロナ禍で歌舞伎町のネオンサインが次々と消えるなかで、深夜営業を続ける店をさすがに警察も見逃すはずがない。

 新宿署は昨年3月と11月にも午前1時以降、営業していることを確認。しびれを切らして行政指導をしていた。

 だが、花音が指導に従うことはなかった。そこで乗り出したのが保安課だ。

 保安課はわいせつ動画や違法賭博の取り締まりのほかに風営法も管轄し、「夜の街」の取り締まりのスペシャリスト集団を擁する。過去に一部世論の批判も浴びながら深夜営業するクラブの摘発を進めていたのも、この課だ。

 夜の街では客も店も心が緩み、さまざまな犯罪が身を潜める。捜査関係者にいわせれば、「営業時間はせめてもの歯止め」。その歯止めを軽んじる姿勢が、風俗街の守護神を自認する保安課のプライドを傷つけたのだろう。

 斧まで持ち出しての強制捜査は、保安課でいえば違法カジノの摘発ぐらいでしか普段はお目にかかれないもの。「憤り」が背景になかったとはいえないだろう。

 そうした憤りを抱えながらも、課員の目は、捜索現場にないものも捉えていたに違いない。営業時間の指示をしていた可能性のある、一部では有名な女性オーナーの姿だ。

■整形前後の顔公開「暴露系」ユーチューバー

 現場にいなかったのは花音の女性オーナー。源氏名を桜井野の花という。数年前にはギャル向け雑誌の「小悪魔ageha」の読者投票で1位となって表紙を飾ったこともある。

 雑誌ではキャバ嬢界ナンバー1を自称。大阪から出てきてキャバ嬢としての稼ぎをもとに自分の店を持つまでにこぎ着けた。

 ただの美人、というわけではない。読者投票を呼びかけるプロフィールの「公約」欄には他の参加者が「公開ダイエットをする」「電話番号を教える」などと他愛もない内容を書き込むなか、「100万円をかけた自腹オフ会を開催」と明記。読者の投票を一気にさらう策士でもあった。

 テレビのバラエティ番組などでも出演歴があるが、目下、有名なのはユーチューバーとしてかもしれない。「桜井野の花TV」の登録者は25万人を超えている。

 何より閲覧者が急増したきっかけは、美容整形の前や最中の腫れた顔までさらした「暴露系」動画。2018年11月に公開されると、170万回以上再生された。相当の広告収入もあげていたとみられる。その後間もなくオープンしたのが今回捜索を受けた花音だ。

 だが、今回の強制捜査で、それも当分断念せざるを得ない。桜井は最新の動画では違法な深夜営業が自分の指示によるものだったことを明かし、「営業時間内の売り上げではお店を続けられる状況でなく、客の需要もあり、2度の行政指導を受けたにも関わらず深夜営業を続けてしまいました」と、その動機を語った。

「影響力のある身ながら今回の報道の件についてご迷惑をおかけしたことを反省し、動画の活動を一時休止させていただきます」とユーチューバー活動の一時休止も宣言した桜井。

 雑誌の表紙を飾った際には「あなたの努力は必ず誰かが見てくれていて、困ったときには手を差し伸べてくれる人がいる」とのメッセージも載せていたが、その努力の結果が違法営業であっていいわけはない。

(末家 覚三/Webオリジナル(特集班))

関連記事(外部サイト)