「どんな子でも引っかかる」女性を騙して7300万円を荒稼ぎした男たちの“悪質な手口”の実態

「どんな子でも引っかかる」女性を騙して7300万円を荒稼ぎした男たちの“悪質な手口”の実態

©iStock.com

 恋愛関係にあると信じ込ませた女性を会員制バーに誘い込み、高額な酒をツケで注文させ、借金を背負わせる……。のべ262人の女性を騙していた男たちは、借金返済のために女性を風俗店へと斡旋することで約7300万円もの金を得ていた。2019年1月に逮捕された「スパイラル」というグループが起こした事件である。

 そんな卑劣な犯罪を行っていた「スパイラル」の一員との接触に、NHKスペシャル取材班が成功した。彼らはいったいどのようにして女性たちを“負のスパイラル”に陥れていたのか。二度とこのような事件が起きぬよう、そして事件は決して他人ごとではないことを知ってもらうために『 半グレ ―反社会勢力の実像― 』から一部を引用し、その悪質な手口を紹介する。(全2回の1回目/ 後編 を読む)

◇◇◇

■“お金の教育”から負のスパイラルへ

「“お金の教育”っていうのをやるんです。『お金を持ってみたら価値観も変わるし、人生が豊かになるよ』ということを、毎日のように話して常識を覆していく。そして、夜の店に紹介するんです。そのころには、女の子たちは洗脳されて正しい判断ができなくなっています。『借金の返済もあるし、1回くらいなら』って」

 さらに、風俗店での勤務を女性たちに決心させるまでの順序があるという。

「紹介する夜の仕事は、最初は水商売とか、ハードルの低い稼げない種類の店から始めます。そのあと、風俗店のように、どんどんステージを上げていって、『俺のためにもっと良い店で働いてほしい』とか、『本当はこんな店で働いてほしくないけど、○○万円稼ぐまで頑張ろう」と言って“管理”するんですよ」

 女性たちの稼ぎは、当初の予定どおり借金の返済に充てさせるが、さらにバーに来るよう誘い出し、また高額な酒を注文させた。メンバーの誕生日には200万円のシャンパンを入れさせ、グループの後輩の誕生日に「先輩の俺の顔を立ててほしい」と50万円ほどの酒を入れさせていた。女性たちは際限なく借金を重ね、風俗店の仕事から抜け出せなくなる。

 底なしのらせんに落ちていく様子から、バーの名前は、「Spiral(らせん)」と名付けられていた。バーでの女性の飲食代の約40パーセント(バーバック)と、女性の風俗店での売り上げの約10パーセント(スカウトバック)が、スカウトの儲けになる。女性が落ちれば落ちるほど、メンバーたちが得る報酬は増え、月に200万円を稼ぐ学生もいた。

「女性を“モノ”として見ていました。どんな子でも引っかかるし、風俗で稼ぐ金額の目標を設定したら、それだけ自分にも入ってくる。稼いでいるスカウトは常に4、5人の“色カノ”を回していましたね」

「どんな子でも引っかかる」――そうは言うものの、女性が風俗店で仕事を始めるのは、やはりハードルが高いのではないか。彼の話を聞きながら感覚的に思った。

 しかし、その後の取材で、さらにグループの緻密で組織的な手口が見えてきた。

■女性に考えを“埋め込む”マニュアル

 グループには、女性を斡旋するための手口を記した、数種類のマニュアルが存在していた。

 今回、取材でいくつかを入手することができた。全部で約140ページにもなり、元メンバーAが語った、女性への声かけ方法や“お金の教育”、風俗店への誘導方法などが書かれていた。「覚えることで誰でも一定のレベルまでいく」とまであり、いかに女性を取り込んでいくか自信満々の筆致で書かれていた。

■マニュアルに書かれた内容とは……

 まず、女性との距離を近づける方法が解説されていた。目についたのは、「ストックスピール」という言葉。調べてみると、「誰にでも当てはまることを、相手のことをあたかも言い当てたかのように提示する技術」のことで、「コールドリーディング」の一種のようだった。相手の信頼を短時間で得る話術とされていて、詐欺師の手口にもなっているといわれる。

 マニュアルの原文を、一部誤字を修正した上で紹介する。

「例 過去に男関係で、けっこう酷い裏切り方されたことあるんちゃうかな。それもあって、男の人と付き合うのに臆病になってるんちゃうかな」

「例 ○○ちゃんって、しっかりしてるから、周りにだけじゃなくて自分に対しても厳しいとこあるよね」

 広い意味でとらえると、誰にでも心当たりのあることを、さも言い当てているかのように質問を投げかける手法だ。

 例えば2つ目の例文では、「自分に対して厳しい」と指摘されたことに、女性が「自分には甘い」と否定した場合、それ自体が自分に厳しいということにもなる。「ほら、厳しいやん」という流れにもっていき、言い当てたように思わせるのである。

■実際にマニュアルに記されていたさまざまな「テクニック」

 マニュアルには、ほかにも例文と解説が記されていて、このテクニックを駆使し、「自分のことをわかってくれている人だ」と女性に思わせる「ヒット」を重ねることで、信用させていくとあった。

 参考にしながら、何も知らない後輩記者に試してみると、あっさりと「よくわかりましたね」という反応を示した。事情を説明すると怒られてしまったが、時に人を疑うことが仕事の記者でも、容易に引っかかることに驚いた。

 そして、“努力”や“成長”といった耳あたりの良い言葉をちりばめながら、メンバーにとって都合の良い関係を築いていった。

■「努力する俺を見ていて」

「『ビジネスにおいて成功するには、お客さんにとってNo.1になることを常に考えて努力しろ』って上司に言われてるねんよ。上司や先輩は俺よりイケメンで能力のある人ばかりいるかもしれないけど、全部の女の子が上司たちにとられるわけじゃない。

 俺を頼ってくれる人も絶対いる。それは、その子の中で俺がNo.1ってことやし、(俺は)No.1であり続けるために努力して頑張り続けるねんよ。そうやって、ひとりひとりのNo.1になっていったら、京都中でトップになれると思うねん。これは恋愛においても言えると俺は思う。要は彼女がいたら、その彼女の中でのNo.1の彼氏になればいいわけだよね。俺はお前の周りにどれだけいろんな男がいても、ただひたすら一生懸命頑張ってお前の中でNo.1であり続けるよう努力するから、ただ見ていてほしいな」

■メンバー同士の連携プレーで女性を騙す

■「一緒に努力するって素敵だよね」

「彼氏彼女がお互い束縛すると、成長が止まる。俺は基本的に彼女を束縛しないんだよね。だから、彼女がほかの男に奪われないか不安やねんよ。でもここで、相手を縛り付けずに、その子にとって理想の男になるために何かしら努力するねんよ。何かしらの努力をしたら、その人なりに成長するよね。そしたら、相手も『最近彼氏がなんかいい男になってきたし、私もフラれないように頑張ろう』って努力していくと思うんだよね。束縛しあうカップルって、時間だけ流れて成長が止まる。そのあと別れても、次に新しくできる恋人はレベルが一緒か、それ以下の人しか寄ってこないと思うねんよ。お互い成長できる恋愛の方がいいと思うし、相手のことを想って努力して成長できるって素敵なことやと思うな」

 マニュアルには、女性が「メンバーの顔を立てる」に至るやり取りも、数ページにわたって具体的に書かれていた。ターゲットの“色カノ”と、担当のメンバー、そして別のメンバーが登場する想定である。印象的だったのは、絶妙な連携プレーが“型”として決められている点だった。

■「ケンカ」

「俺の感情だけで仕事放棄するわけにいかないのは分かるでしょ?彼女でもない人ですら、バーでお金使ってくれたり、仕事頑張ってくれてるのに、彼女であるお前は俺の仕事の批判しかしないっていうのは、彼女だからどうこう言う前に人としてどうなの?せめてお前が仕事で頑張ってくれたり、売り上げ面で支えてくれるなら言われても仕方がないし、上司にも相談できるけど、今の状態じゃ、話すらできん。言いたいことも気持ちもわかるけど」

 ケンカをしているメンバーと“色カノ”。そこに別のメンバーが、第三者のように寄り添ってくる。

■「一緒に彼を応援しよう」

「(『明智光秀の奥さんは、自らが恥をかいてでも旦那の顔を立てていて、当時、一夫多妻制の文化の中でも、光秀はその妻だけを愛して、側室を取らなかった』というエピソードを語ったあと)俺、この話すごくいいなと思ってて、要は『女は男に尽くして、男は女への感謝を忘れない』それだけで恋愛関係はうまくいくと思うんだよね。いろいろと思うところはあるかもしれないけど、考えたらキリないし、まずはオーソドックスに男の顔を立てるとこから始めたらどうかな。その気持ちを女性が忘れたらあかんと思うし頑張ろうよ。男って案外、情にもろいから、それだけ尽くしてくれる子を捨てられないからね。いろいろ悩んだら俺に相談して。俺もあいつがかっこいい男になるようサポートするし、一緒に彼を応援しよう」

■「今、頑張って幸せになろう」

「(学生時代の)今から稼いでいる男は、普通のサラリーマンが一生かけて2億稼ぐところを、10億は超えてくる人もいる。この先、2人が一緒にいてたら、旦那は何億と出してくれるでしょ。それを考えたら、○○ちゃんがバーで何万使っても怒る金額にならないんじゃないかな。今、頑張れるのなら、○○ちゃんが支えてもいいんじゃないかな。恋愛ではみんな、相手にどうしたら好きになってもらえるか考えるよね?それが人として成長になると思う」

 ケンカという“危機”をわざとつくり出し、別のメンバーがアドバイスを与えるふりをして、金を使うように仕向けていく連携プレー。紹介したのは一部で、マニュアルには様々な場面を想定したやり取りが記してあった。

■悩みの解決を手伝うフリをして進められる“お金の教育”

 こうして女性の心理を巧みに揺さぶりながら、距離を詰めていったあと、金の必要性を刷り込む“お金の教育”を始めていく。それは、悩みの解決を手伝うフリをしながら進められる。

 マニュアルによれば、女性の悩みは「人間関係」、「お金」、「夢(目標)」、「健康」の4つに分けられるという。

 例えば「人間関係」。異性の関係で悩んでいる女性には「相手に振り向いてもらうためには自分磨きが大事」と解決策を提示し、そのために、「お金を使おう」、「お金を稼ごう」とアドバイスをする。ほかの3つの項目についても同様に、解決の方向性を示したうえで、「そのためにはお金が必要」とつなげる。悩みの相談に乗り、こうした“解決策”を繰り返し提示することで、金に対する価値観を変えていくというのである。

■歪んだ価値観

 そして、“お金の教育”とセットなのが、風俗への斡旋である。マニュアルには「風俗契約編」があり、「今は大学生で風俗やっている子も多い」「みんなやっている」とあり、まず、風俗という仕事に対する心理的ハードルを下げていた。

 次に“メリット”を説いていく。「1日働くだけで、普通のバイトの1か月分になる。最近では、体の関係を抜きに、食事だけ行って水商売より稼ぐことも珍しくはない仕事になってきた」

「何十年もかけて奨学金を返すことはしんどいけど、(ナイトワークなら)学生のうちに半年働くだけで十分貯まるし、目標まで稼いだら、すぐやめる人はたくさんいる」

「若いうちにお金の感覚は身に着けておいたほうがいい」

 悩みの解決のために金が必要と“教育”された女性たちに、風俗で働けば高額の収入が得られ、将来の不安も解消されると説得していく。

 そして最後には、「今しかない」と強調する。

「年齢を重ねてから、働きたいと言っても、その頃には「レート』が落ちて単価が安くなる。どうせならレートの高い今のうちに」

「レート」や「単価」という言葉に、元メンバーAが「女性がモノにしか見えなかった」という感覚に至った理由や、メンバーたちの歪んだ価値観が表れていた。マニュアルには、風俗店の様々な業態が、得られる収入とともにまとめられ、女性たちを組織的に“負のスパイラル”に陥れていく、悪質な手口が伝わってきた。

「経験できてラッキーだった」“意識高い系大学生”が風俗店に女性を斡旋する半グレ集団に参加したワケ へ続く

(NHKスペシャル取材班)

関連記事(外部サイト)