「二人は兄弟分のような仲」 水谷功と政界を結びつけるキーマンとなった“フィクサー”の正体

「二人は兄弟分のような仲」 水谷功と政界を結びつけるキーマンとなった“フィクサー”の正体

写真はイメージです ©iStock.com

 一般には知られていない中堅ゼネコンの社長にもかかわらず、永田町では知らぬ者のいない有名人だった男が2020年12月17日に帰らぬ人となった。その男の名前は水谷功。小沢一郎事務所の腹心に次々と有罪判決が下された「陸山会事件」をはじめ、数々の“政治とカネ”問題の中心にいた平成の政商だ。

 彼はいったいどのようにして、それほどまでの地位を築き上げたのか。ノンフィクション作家、森功氏の著書『 泥のカネ 裏金王・水谷功と権力者の饗宴 』より、芸能界でも幅を利かせていた男の知られざる正体に迫る。(全2回の1回目/ 後編 を読む)

◇◇◇

■新たなダムの取り組み

〈 昭和49(1974)年に「治水」「都市用水の供給」「発電」を目的に手取川総合開発事業の一環として工事に着手し、6年の歳月と約770億円の予算をかけ、昭和55(80)年に完成しました。高さ153m、総貯水量2億3100万立方メートル(有効貯水量1億9000万立方メートル)。ダム建設に伴う水没面積は約510ha、補償戸数330戸にのぼった、日本でも最大級のロックフィルダムです〉

 国土交通省北陸地方整備局金沢河川国道事務所のホームページを開くと、石川県の手取川ダムについてこう記してある。県内最大の手取川は急流で知られ、古くから多くの水害をもたらしてきた。もとはといえば、治水事業の一環として計画されたダムだ。その一方、地元では水力による発電機能にも期待が寄せられた。発電目的のダムは、電力関係企業を所管する旧通産省の管轄だったが、1970年、旧建設省北陸地方建設局と電源開発、石川県の共同事業として計画がスタートしている。手取川ダムは省庁間にあった旧来の縦割り行政の壁を越え、北陸の九頭竜川水系の電力開発に区切りをつけた電源開発が、白山山系の豊富な水量を利用すべく建設された新たな試みだったともいえる。

 文字どおり、岩石を積み上げてつくるロックフィル工法のダムもまた、それまで日本ではあまり馴染みがなかった。いきおい建設業界では工事の成り行きが注目された。そして、前田建設工業が元請け業者としてその建設工事を担い、そこに下請け業者として加わったのが水谷建設である。なにしろ、予算770億円の日本最大級ダムの工事だ。これが、水谷建設にとって業績拡大の大きな転機となる。

■舞い降りたチャンス

「あれが、日本のロックフィルダム建設のはしりやったんや。まだ日本では経験が少ないせいかもしれん。そう簡単やなかった。元請けの前田建設は、ダムの基礎となる石を運ぶのに、大きなタンカーまで買うた。ところが、建設省から工事を受注し、いざ工事に入るという段階になって、ものすごい赤字が出そうなことがわかったんや。それで、前田がフラフラになってしまったんだよ」

 孫請けとしてダム工事に参加した水谷功の懐刀の土木業者が話す。

「このときの前田の下請けが水谷ともう1社、山崎(建設)やったんや。ダム建設においては山崎のほうが実績があり、山崎がメインで水谷は補佐役だったんや。しかし山崎は、元請けの前田が大赤字になるんでは計画がもたん、いう判断をしたんやろう。さっさと工事から手を引いてもうた。困ったのは前田や。で、水谷正(編集部注:当時の水谷建設社長。水谷功の兄にあたる)さんが頑張ったんやな。正さんは偉かったで。自分のところの私財をなげうって工事の費用を調達して、どうにかこうにかダムの工事を仕上げたんや」

■土木工事を独占した理由

 それまでの水谷建設は山崎建設などと比べ、大手や準大手ゼネコンの下請けであるサブコンとして、まだまだ力不足に見られていた。その存在感を一挙に高めたのが、手取川ダムの工事なのだという。以来、水谷建設は準大手の前田建設に認められ、前田の受注した重機土木の工事を独占できるようになっていく。再び土木業者が続ける。

「ここから40年以上、前田建設の土木工事はよそに行かんことになっている。前田の下請けは水谷一本槍です。事実上、見積もりなし。前田建設は水谷の言うがまま、他社との相見積もいっさいとらんで、水谷に工事を任せるようになったんです。やがて全国の前田の仕事を水谷が取るようになった。そこまで前田さんは信頼していたということでしょうな」

 水谷建設はもとより、多くのゼネコンはオーナー会社である。前田建設も前田又兵衛という福井県出身の創業者がおこした同族会社だ。もとは飛島建設の前身である飛島組傘下の福井事務所からスタートし、独立した。09年4月に小原好一が就くまで、社長はすべて創業家から出ている。建設業界では、会社同士の付き合いも個人的な人間関係がものをいうことが多い。水谷建設と前田建設の取引も、そこに根ざしている。

■原発工事で大きくなっていった

 水谷功にとっても、この手取川ダム工事は、ひとつの転機になった。このときはまだ水谷建設の第二工事部長として、現場で陣頭指揮に立っていたが、建設業者にとって、今も昔も工事現場はなにより大切な場所だ。本人はそこで前田建設の社長だった前田又兵衛との人間関係を構築していったという。

 元来、大型ダム工事をはじめとした水力発電所事業については、戦前から飛島建設や熊谷組の牙城とされた。飛島建設から独立した前田建設にとっても、手取川ダム工事は悲願だったといえる。そうして手取川のダム工事が、水谷家の兄弟のあいだで功が重みを増す要因にもなる。

 そこから持ちつ持たれつ、前田建設と水谷建設は二人三脚で事業を拡大させてきた。その次なる狙いが、福井県内で計画されていた発電所の工事である。前出の土木業者が話す。

「ちょうど、福井に原発がバタバタとできていったんや。それを前田が取って水谷が下請けに入るという形ができていった。又兵衛さんと功さんの二人で、手取川ダムの赤字をとり返そうと、北陸の発電所建設の受注で頑張ったんやな。福井の火力発電所が1基、2基とできていき、さらに敦賀の『ふげん』も、志賀原発の一号機と二号機の工事も、みな前田がとった。前田は北陸電力の株主になり、北陸電力の本店のある富山にも支店を置いていた。その強みがあったと思うけど、前田が工事をとり、水谷がその下に入っていった。それで、二人は切っても切れん関係になり、ともに大きくなっていったんです」

■原発工事を受注できた別の理由

 言うまでもなく「ふげん」とは、1970(昭和45)年12月に福井県敦賀市で建設が始まった新型転換原型炉のことだ。命名は釈迦如来の脇士である普賢菩薩に由来する。すでにこの年の3月に営業運転を開始していた敦賀原発に隣接して建設された。ちなみにふげんは03年3月に廃炉が決まり、運転をやめているが、敦賀原発やふげんは茨城県の東海原発に続いて政府が推進してきたビッグプロジェクトとして脚光を浴びてきた。

 敦賀原発は北陸電力、関西電力、中部電力に送電する日本最古の商業原発である。日本の原発政策のシンボルだった。営業開始から9年後の79年3月に二号機の開発申請がなされ、さらに93年12月には三、四号機の増設促進請願が福井県議会で採択されてさらなる発電所計画がスタートした。

 準大手の前田建設は、そんな敦賀原発三、四号機の敷地造成他工事共同企業体(JV)に参画し、水谷建設がその下請けに入った。造成工事の準備段階の進入路トンネルの設計から工事までを請け負ってきた。

「とにかく前田は原発工事をいっぱい取ってきた。おかげで、飛島や熊谷がかすんでしまった感があるくらいです。それを支えてきたのが水谷功さんでしょう。工事現場で前田の事務所長らといっしょに食事をしたり、非常に親しくしていました」

 水谷功の懐刀である土木業者はこうも明かす。そして、前田建設と水谷建設の2社がここまで北陸の発電所計画に食い込むことができた背景には、別の理由もあるという。

「前田や水谷が発電所の仕事をできたんは、やっぱり白川さんのおかげと違うやろうか。水谷さんと白川さんは、まるで兄弟分のような仲だと思います」

■政商「白川司郎」の役割

 政界通なら、その名前を聞いた覚えがあるに違いない。白川司郎は、身長160センチそこそこの小柄な初老の紳士だが、永田町における実力は折り紙つきだ。自民党代議士、三塚博の秘書だった時期もあるという。東京電力をはじめとする電力業界に通じ、その影響力は絶大だとされた。政財官界から裏社会にいたるまで幅広い人脈を誇り、最後のフィクサーと称される。あの許永中の知己であり、政界では国民新党代表だった亀井静香とも親しい。

 白川は亀井静香が日本航空とともに設立した警備会社「ジェイ・エス・エス」のスポンサーとして知られる。ジェイ・エス・エスは、ジャパン・セキュリティ・サポートの略称だが、白川本人も「日本安全保障警備」という会社を経営してきた。まるでジェイ社の日本語訳であり、ジェイ社とともに、青森県六ヶ所村にある「核燃料サイクル施設」の警備を担ってきた。六ヶ所村の施設は全国の原子力発電所から出る使用済み核燃料を処理するプルトニウム生産工場だ。日本の原子力計画の中核施設として知られる。

■電力行政と亀井静香

 白川の盟友とされる亀井は、電力行政に詳しい。自ら精力的に動いてきた送電線の地中化構想が代表的な持論だ。

「とくに、平成9年度におきましては、計画的な事業の推進を図るため、治水事業五カ年計画を新たに策定するとともに、事業の効率的、効果的な実施を図りつつ、電線類の地中化など当面する政策課題に対応した住宅・社会資本整備を戦略的、重点的に推進していくことといたしております」

 建設大臣当時の97年3月27日に開かれた参院建設委員会では、こう答弁している。亀井は電柱をなくし、景観のいい新たな街づくりをしようと力説した。

「具体的には、一、高規格幹線道路網や地域高規格道路の整備、空港、港湾等へのアクセスの強化など次世代の活発な経済・社会活動の展開のための交流基盤の整備、二、電線共同溝による電線類の地中化など情報ハイウエーの整備(中略)五、道路橋、堤防、住宅等の補強、土砂災害対策やのり面防災対策の推進、密集市街地の整備など安全で安心できる地域づくり・町づくりの推進に重点を置くことといたしております」

■ヘリコプターで石原裕次郎の定宿へ

 電力会社に幅を利かす盟友のおかげかどうか、順番は定かではないが、白川は東電との太いパイプを築きあげてきた。とりわけ東電首脳の一人と入魂とされ、存在感を増幅させてきた。

 そんな政界の黒幕は、水谷建設の水谷功ともかなり懇ろだ。06年7月に摘発された水谷本人の脱税事件でも、その名が浮上した。白川の経営してきた「日安建設」などが家宅捜索されている。詳しくは 後編 で触れるが、脱税事件の背景には、原発プロジェクトにおける電力会社や政界の思惑が見え隠れし、そこに水谷と白川が登場する。

 最後のフィクサー白川司郎の経営するその日安建設は、1993年に設立された。まさに水谷建設が原発事業に奔走していた時期にあたる。実は、前田建設や水谷建設が福井県内の発電所事業に乗り出していたまさにその最中、白川は水谷功と行動をともにし、しばしば目撃されている。

 水谷功はその絶頂期、自家用のヘリコプターを所有していた。みずからのヘリで三重県から木曾の険しい山々を越え、しばしば日本海側の福井県まで飛んできたという。そこにしょっちゅう同乗していたのが白川だという。

「県内の春江にある福井空港は、セスナ機とヘリしか降りられへん。だから、そうそうたびたびは使われへん。空港にやって来る人も、限られていたんよ。そんなところへヘリで舞い降りてくるものだから、水谷さんたちは余計に目立っていました。水谷さんは、けっこう多かったんと違いますかな。よう白川さんとここにやって来てましたで」

 地元の住人がそう語る。水谷と白川が連れだってヘリから降りてくる姿をよく見かけたという。二人が福井入りする表向きの目的はたいてい観光だった。秋が深まり、越前ガニの漁が解禁になると、いち早く福井にやって来て、温泉旅館に泊まった。派手好きな水谷が度々宿泊したのが、「開花亭」や「べにや」といった高級旅館だ。なかでも「べにや」は、生前の石原裕次郎が静養のために長くとどまっていた名旅館として知られ、水谷が好んだという。

■東電とのパイプをさぐる

 もとより水谷が白川を連れて福井までやって来たのは、観光のためだけではない。白川の電力業界に対する影響力を期待していたからだ。前出の水谷建設の元役員も次のように指摘する。

「電力会社は地域ごとにたくさんありますけど、業界の中心はやはり東京電力でしょう。日本の原発事業は、東電が方針を決めてきたんだと聞いています。工事の元請けはもちろん、下請けも、『ここを使いなさい』と指示される。実際、北陸電力なんかも、何かにつけ『東京電力に許可を取らんといかん』と話していたくらいですから。だから、われわれゼネコンとしても、何とか、東電とのパイプをさぐる必要があるんです」

 ちなみに敦賀原発の三、四号機の建設工事着工に前後し、亀井静香もこの地に何度かあらわれている。「福井亀井会」という後援会を旗揚げし、北陸の地盤を築こうとしたという。

「それをバックアップしたのが、水谷建設です。後援会に入会すれば、仕事をまわす、と地元福井の業者たちに声をかけていました。要は、仕事の分け前にあずかれるという話です」(同前)

 そんな水谷功や白川司郎、さらに東電の足元に迫った捜査が、名古屋国税局による査察だった。そして事件は、福島県知事の汚職へと発展する。

発覚した2億4000万円の脱税疑惑…国税局はどのように水谷建設の“原発利権”を嗅ぎつけたのか へ続く

(森 功/文春文庫)

関連記事(外部サイト)