かつて交際していた人妻に…カネを引っ張るため、甘い言葉で狙い定めた女性に近づいた

かつて交際していた人妻に…カネを引っ張るため、甘い言葉で狙い定めた女性に近づいた

北九州監禁連続殺人事件をめぐる人物相関図

総額1億3000万円 松永太が“金づる”にしていた従業員の母親から詐取した手口とは から続く

 起訴された案件だけで7人が死亡している「北九州監禁連続殺人事件」。

 もっとも凶悪な事件はなぜ起きたのか。新証言、新資料も含めて、発生当時から取材してきたノンフィクションライターが大きな“謎”を描く(連載第46回)。

■山形さんの母親が残した2枚のメモ

 松永太らから総額1億3000万円あまりの現金を搾取された、ワールドの元従業員・山形康介さん(仮名)の母親(故人)。彼女はすべての支払い内容を記した、2冊の出納帳を残していたが、ほかにも多くの資料を捨てずにいた。

 そのなかに走り書きされた2枚のメモ用紙がある。ともに松永と緒方純子が福岡県柳川市から逃げ出す前年にあたる、平成3年(1991年)の日付が付けられているものだ。

 1枚目のメモには「5月 300万(円)」との記載があり、その横には「お見舞い治療費」の文字が並ぶ。同じ紙には、以下の支払い記録が書き込まれていた。

〈6/4 50万 慰謝料内金

 6/6 55万 葬儀代

 6/9 300万 慰謝料内金

 6/13 300万 慰謝料内金

 6/19 200万(350万) 被害者業務負担金請求

 6/25 100万(400万) 慰謝料内金(専務300、母100)

 6/27 100万 慰謝料終了

 6/27 50万 治療費内金(132万)

 6/30 82万 治療費全額終了〉

 これだけを見ても、わずかな期間のうちに、計1237万円が支払われている。書かれている文面の日付を出納帳と照らし合わせると、出納帳の6月4日には「康介車事故内金として」とある。つまり、息子である山形さんが車で事故を起こし、そのことで金銭が必要になった、との要求があったのだろう。

■松永の細かな偽装

 なお、19日と25日については、合計額は350万円と400万円だが、そのうち、200万円と100万円を支払ったという意味だと読み取れる。25日の文面に「専務300、母100」とあるのは、400万円の慰謝料のうち、「専務(松永)」が300万円を、母親が100万円を負担するということ。事故の補償を山形さんだけが行っている訳ではないことを偽装するため、松永は支払っていないにもかかわらず、そのような説明を加えたものだと思われる。

 なお、25日の支払いについて、出納帳には「事故内金残500万」と書かれていることから、25日の100万円と27日の100万円の計200万円を母親が出して、慰謝料(総額500万円のうち、“松永分”を除いた200万円)の支払いが終了したというわけだ。

 ちなみに、先の文面にあるように、当時、松永はワールドの従業員に、みずからを「専務」と呼ばせていた。それはなにか問題が起きた際に、「社長」としての責任を回避することを考えての、偽装だったと見られている。

■「車事故 9月 と云うがおかしい」「事故事情はっきりしない」

 2枚目のメモには、その3カ月後にまたもや事故による、金銭の催促があったことが書かれていた。短期間に連続して事故を起こしたことについて、母親もさすがに疑問に感じていたようで、文面は次の言葉で始まる。

「車事故 9月 と云うがおかしい」

 以下、次のように綴られる。

〈9/19 100万 慰謝料

 9/20 350万 新車代

 9/26 180万 物品破損代(時計)

 9/24(※本文ママ) 330万 借用車破損 新車代

 事故事情はっきりしない

 横田(仮名)さんと娘さん3人で来る

 娘さん傷あとのあざをみせる

 松永氏に叩かれた痕とみる〉

 ここに出てくる横田さんの「娘さん」というのは、本連載で過去( 第42回 )に取り上げた女性だった。当時の夫が働いていたワールドで、夫の借金を理由に、無理やり住み込みで働かされて、松永の暴力の餌食となった美咲さん(仮名)である。彼女は父親が所有する3カ所の農地や現金など、実家の財産を根こそぎ奪われた末に、92年6月に家族もろとも地元から逃亡していた。そんな美咲さんの旧姓が横田なのだ。

 メモにあるように、山形さんの母親は息子による交通事故という“嘘”を看破していた。だが、それでも親心で支払いを肩代わりしてしまう。

■松永が降り出した約束手形も

 その他、母親の手元には、山形さんのカードローンの契約書や、彼がノンバンクでの借金を延滞していた全額(元金534,896円、延滞利息1,065,207円)を分割で支払うとする「和解書」など、多くの金銭にまつわる書類が残されていたが、なかでも目を引いたものがある。

 それは、松永が振り出した7枚の約束手形。「松永商店 代表者 松永太」との印が押されたその手形には、それぞれ40万円から、46万7750円までの金額が打刻されている。支払期日は、平成4年(92年)10月31日のものから、平成5年(93年)4月30日までのものがあった。

 松永らの逃亡は92年10月上旬であるため、当然その手形は現金化することができない。支払い場所とされているのは、柳川市にある信用金庫。本連載( 第44回 )ですでに記しているが、松永と緒方が約束手形の支払い期限の延長を求めて同年7月31日に押しかけ、応じてもらえなかったことから、翌朝まで居座り、暴力行為等処罰に関する法律違反事件を起こした信用金庫である。

 これらの手形のうち2枚には、緒方自筆の「裏書」があった。ちなみにそこに書かれた住所は“勘当”されているはずの、彼女の実家のものである。

 これがどのような流れで、山形さんの母親の手に渡ったのかは不明である。ただし、“落ちない(不渡り)”ことを承知していながら、松永が約束手形を切っていただろうことは、想像に難くない。

 このように、不法に搾取した莫大な資金を、松永は起死回生を狙って途中から参入した、貸金業などの事業の失敗で、すべて“溶かし”てしまう。あげくの果てには暴力団の上部団体から融資を受けたカネを返済できず、追われる身となってしまったのである。

■“女”からカネを引っ張るという“シノギ”

 柳川市から遁走し、北九州市小倉北区の「熊谷アパート」(仮名)に身を潜めた松永は、“金づる”としていた山形さんの母親からの送金の道も断たれ、逃走資金をどうにかして捻出する必要があった。

 とはいえ暴力団に追われ、さらには2つの事件で警察にも行方を捜されている(信用金庫の事件では93年6月に逮捕状発付。別の詐欺事件では95年7月に逮捕状発付。ともに指名手配)状況下では、目立った動きがとれない。松永の頭に浮かんだのは、彼がこれまで得意としてきた、“女”からカネを引っ張るという“シノギ”だった。

 そこで松永が狙ったのは、彼が20歳のときに交際していた同い年の主婦・末松祥子さん(仮名)である。福岡県の筑後地方に住む祥子さんは、交際していた当時にワールドの事務所に出入りしていたことがあり、88年11月に別の男性と結婚し、91年10月に三つ子の女児を出産後も、松永にはたまに電話連絡をしていた。

■「緒方が子どもを抱えて窮乏している」と現金を受領

 後の公判での検察側の論告書は、松永が祥子さんに近づいた状況について、以下のように述べる。

〈被告人両名(松永と緒方)は、山形に代わる金づるとして、松永がかつて交際していた末松に着目し、緒方が子どもを抱えて窮乏しているなどと申し向けてその同情を誘い、これに付け込み、平成5年(93年)1月19日から同年4月2日までの間、前後4回にわたって、末松から長男の出産・育児費用等の名目で、現金合計240万円を受領した〉

 論告書には〈緒方が子どもを抱えて窮乏しているなどと〉との表現があるが、松永が祥子さんに連絡を入れたのは、緒方が長男を出産する前であると見られている。松永は祥子さんに、緒方がワールドの事務員であると説明。緒方との内縁関係は隠しており、祥子さんは松永のそうした説明を鵜呑みにしていたことが窺える。

 じつは当時、祥子さんは姑との折り合いが悪く、義母に対してなにも言ってくれない夫に対しても不満を抱いていた。そこに松永が甘い言葉を弄して付け込んだのだ。

■新たな隠れ家「東篠崎マンション」へ

 松永は山形さんが逃げ出したことで、これまでと同じ「熊谷アパート」に居住し続けると、追っ手に捜し出されるのではないかとの危惧を抱いていた。そこで、松永への“恋心”を蘇らせた祥子さんに頼み、同年4月に北九州市小倉北区にある「東篠崎マンション」(仮名)の30×号室を借りてもらい、新たな隠れ家とした。なお、松永は後にこのマンションの90×号室を借りており、同室こそが、2002年3月の逮捕直前に監禁していた少女(広田清美さん=仮名)への、監禁致傷の現場である。

 さらに、松永は祥子さんを唆して4月下旬に家出をさせ、生後1歳半の三つ子を連れて北九州市にやってきた彼女に、同市小倉南区にある「横代マンション」(仮名)60×号室を借りさせたうえで、親子4人で暮らすように仕向けたのだった。

■「離婚せんなら子供を道連れにして死ぬ。」と言わせて

 それまでに緒方の出産・育児費用として、約240万円を松永に渡していた祥子さんは、当初、家出をする際の資金はサラ金で借りていた。しかし当座の生活資金が足りなくなってくると、父親や夫に送金を頼むようになる。当然ながら、その背後にも松永がいた。先の検察側の論告書には次のようにある。

〈被告人両名は、末松に指示して、前記240万円とは別に、子供の養育費等の名目で末松の実父や前夫にカネの無心をさせ、平成5年(93年)6月10日ころから同6年(94年)3月9日までの間に、同女がその実父や前夫から送金を受けた現金合計(約)1141万円を巻き上げた〉

 ここで〈前夫〉なる表現になっている理由は、前記公判での松永弁護団による冒頭陳述要旨に詳しい。

〈当面の金が足りなくなると、祥子は夫に電話して送金を頼むと共に離婚の承諾を求めていた。すなわち、夫に対し、「離婚せんなら子供を道連れにして死ぬ。」と言い、結局、夫の××(本文実名)は祥子に自殺を思いとどまらせるために離婚を決意し、同年(93年)7月13日に協議離婚の届出をした。××(前夫)は、祥子から「3人の子を養うのに金がいる。」などと言われ、生活費に困ると思って、祥子の言うとおり送金した〉

 松永はここでも私欲のために家庭を壊し、狙い定めた女性の退路を断ったのである。

(小野 一光)

関連記事(外部サイト)