「朝10時、1時間後に入院してほしいと言われ…」 “陽性”診断に備えて用意すべき30のアイテム

「朝10時、1時間後に入院してほしいと言われ…」 “陽性”診断に備えて用意すべき30のアイテム

©?iStock.com

【本日接種スタート】「ワクチン不信は社会が救われない」 東京都新型コロナ対策アドバイザーの医師が語る感染症対策の“不備” から続く

 新型コロナ感染拡大は収束の兆しが見えず、いつ誰が感染してもおかしくない状況が続く。突然、「陽性」を言い渡され療養生活を余儀なくされたら、何を用意すればよいのか。『 週刊文春 新型コロナ完璧サバイバルガイド 』より、感染経験者たちに取材し、ホテル療養・入院生活に備えた必須アイテムと一覧表を転載する。

 ◆◆◆

■ホテル療養編:突然「部屋が空いた」と連絡が

「今から1時間半後に迎えの車が行きます」

 保健所からの連絡を受け、PR会社サニーサイドアップの代表取締役社長の次原悦子さん(54歳)は、慌てて別の場所に住む妹に炭酸水や野菜ジュース、レトルト食品、加湿器などを買ってきてもらった。身の回りの物と一緒にスーツケースに詰め込み、自室の消毒を終えたところで白いバンが自宅前に到着。すでに乗り込んでいたマスク姿の患者と共に都内のホテルへ向かった。

 新型コロナウイルスの感染拡大が続いている。PCR検査で陽性になると、高齢者や持病があり、重症化リスクが高い人は入院。軽症や無症状の場合はホテルや自宅での療養になる。 

 今やいつ誰がなってもおかしくない。いざというときに焦らないよう、必要な持ち物は予め用意しておくことが肝心だ。

 次原さんが味覚と嗅覚の異常を感じ始めたのは昨年12月30日。年明け1月2日に検査し、その日にコロナ陽性が判明した。

「80歳の義母と同居していたのでホテル療養の対象になりました。ですが都内の療養先は満室。このまま自宅療養と思っていたら、4日後に突然、部屋が空いたと連絡が来ました」

■重宝するのは、羽織りもの・室外用のサンダル

 ホテル療養の基本的なスケジュールは1日3回、スタッフへの体調報告と朝昼晩の食事のみ。発症日から10日間ほど部屋に隔離される日が続き、食事と飲み物を取りに行くときだけ室外に出ることができる。

「食事を取りにロビーまで降りるのですが、このときパジャマだけでは心もとないため、パーカーやカーディガンなど、季節に応じた羽織ものが一枚あると重宝します。サッと引っかけられる室外用のサンダルもあるとよいでしょう。なかには、室内なのに初日に着てきた分厚いコートやブーツを、パジャマの上から身に着けている方もいて、不便そうでした」(同前)

 単調な療養生活において三度の食事は貴重な楽しみの一つであるが、次原さんにとってはこの食事こそが悩みの種になった。

「軽症や無症状者の療養先となるため、ホテルは比較的若くて元気な患者さんが多く、食事のメニューも朝のお弁当から揚げ物が付いてくることも。でも残念ながら私の年齢ではとても胃が追い付かない。喉の痛みも強く、ほとんど食が進みませんでした」(同前)

■食料品:悩みの種の食事も、サランラップがあれば

 持ち込まずに悔やんだのが、サランラップ。

「朝すぐ食べられなくても、お弁当のごはんをラップで包んで冷蔵庫に入れておけば、調子が良いときに食べられます。ご飯のお供になるふりかけや、レトルトのお味噌汁、カレーなどはぜひ持っていってください。仕方なく私は備品のシャワーキャップをラップ代わりにしました」(同前)

 ホテルによっては外部からの差し入れが可能な場合もあるが、食中毒防止のため、基本的には常温で長期保存できるものしか許可されていない。

「途中でどうしても果物が食べたくなり差し入れてもらったのですが、中身はホテルの事務局が毎回確認します。その結果、泣く泣くイチゴとパンは持ち帰ってもらうことに。もし果物など新鮮なものが食べたければ、療養する初日に自分で持ち込んで、すぐに食べることを前提に部屋の冷蔵庫で保存することをお勧めします」(同前)

■電子機器・家電:時間を潰せるネットフリックス

 当然ながら療養中は感染防止のため人と会って話す機会はない。陽性者同士なら会話できるかも、と次原さんは期待してロビーに降りたが、皆マスク姿で俯き、誰も目を合わせようとしなかったという。

「シーンとしていて、ロビーに置かれていたロボットのペッパー君の声だけが虚しく響いていた。人と会えないうえ、無症状や軽症だと一日中寝ているわけにもいきません。今は無料Wi-Fi完備のホテルが多いので、予めネットフリックスなどを契約し、パソコンやスマホで視聴すれば時間を潰せます」(同前)

 療養が長くなれば爪も伸び、白髪も目立ってくる。体調が弱っているとはいえ清潔感は保っておきたい。爪切りや、眉毛用のハサミはマストアイテムだ。 

 次原さんはホテルに行く際に、リタッチタイプの白髪染めを咄嗟に荷物に入れたという。「あと自分では気づかなかったのですが、療養中に参加した仕事のオンライン会議で、目が窪んでいることを指摘されショックで。余裕があるなら、療養明けの社会復帰に向け、フェイスパックやマッサージ器、好きな香りのアロマなど、自分を元気づけられるものも荷物に入れておくとよいでしょう」(同前)

■その他:スーツケース、入浴剤、筋トレグッズ

 感染予防のため、体調が悪くても荷物は部屋まで自力で運ばなくてはならない。スーツケースにまとめておけば持ち運びが楽だ。

「私の部屋は17階の一番奥でした。悲しいことにスーツケースのキャリーが壊れていて、チェックインの際に弱った身体で荷物を引きずって移動し、辛い想いをしました」(同前)

 同じくホテル療養を経験した飲食店勤務の女性Aさん(29歳)。昨年8月16日に37・5度の熱と喉の痛みがありPCR検査を受けたところ、後日、陽性と判明。近隣のホテルで1週間を過ごした。

「持って行ってよかったのは入浴剤。自宅にあった個包装の入浴剤を何種類か持って行きました。療養中の貴重な楽しみの一つでリラックスできました」

 Aさんは味覚の異常以外は症状も軽く元気だった。唯一困ったのが、日中は体力を使わないので、夜眠れなくなったことだ。

「YouTubeのエクササイズ動画が役立ちました。動く元気があるなら、何かしら身体を動かせる筋トレグッズを持っていくとよいと思います」(同前)

■入院生活編「1時間後には入院してほしい」

 入院生活について語ってくれたのは都内勤務の会社員男性Bさん(54歳)だ。Bさんは昨年8月31日に夏バテのような症状を感じ、念のためその5日後、医療機関でPCR検査を受け、翌日にコロナ陽性が判明。保健所から入院の連絡が来た。

「電話が来たのが朝10時で、1時間後には入院してほしいと言われました。着替えは『とりあえず10日分必要』と。電話を切った時点ですでに10時20分。慌てて準備しましたが、身の回りのものをスーツケースに詰め込み、家を出たのが10時40分。徒歩30分かけ病院に着くと、携帯に着信があって『入院の時間を過ぎていますが、どうかされましたか?』とメッセージが残っていました」

■衣類は自分で洗濯するので洗剤は不可欠

 わずか20分でBさんが荷物に詰め込んだのは下着にパジャマ、財布、スマホ、iPad mini、充電器、そしてたまたま机に置いてあった小分けのお菓子。入院中もオンライン会議があることを想定し、咄嗟に仕事用のシャツも一枚入れた。

「重症だと荷物を用意するどころではないし、自分が陽性になれば、家族も濃厚接触者となり、買い出しや差し入れに外出するわけにいきません。ただ、必要最低限の日用品は病院の売店に揃っています。自分は一歩も病室から出られませんが、看護師さんが必要なものを聞いてくれ、手の空いた時に売店で買って来てくれたので助かりました。お釣りが出ないように、1000円札や小銭が多めにあるとよいです。病院のテレビカードや有料Wi-Fiを購入することもあります」(同前)

 感染者の衣服は交換できない。部屋にはユニットバスが付いていて、下着が足りなければ風呂場や洗面所で洗濯もできる。

「洗濯用洗剤は不可欠です。私も毎日衣服のローテーションを考えながら自分で洗濯し、バスルーム備えつけの物干しロープを使って干していました」(同前)

 洗濯に備えて、旅行用のミニ物干しなどを持っていくのも良いだろう。

 なおBさんは入院初日に38度の熱が出て、翌日からは息苦しさと高熱が顕著になり、酸素吸入に加えアビガンやステロイドを投与される一幕も。このため入院当初は食欲もなく寝てばかりいたが、その後は徐々に体調が回復し、病院食では物足りなくなった。

「小魚とナッツの入った小分けのお菓子を持ってきていたので、小腹が空いたときに食べていました。看護師さんにはタオルや石?など生活必需品の購入は頼みやすいですが、食べ物は気が引ける。持参するのがよいでしょう」(同前)

 結局、Bさんの入院は3週間近くに及んだ。時間を持て余したときはiPad miniで電子書籍を読んだり、「NHKプラス」で好きな大相撲を観て時間を過ごした。趣味のグッズもあると心が休まるだろう。 

■退院して自宅に帰ると洋服が……

 ちなみに、Bさんが退院して自宅に戻ると、

「締め切ったクローゼットの洋服がカビにやられていました。入院が長期になることもあります。一人暮らしなら収納扉を開けていくか、家族に途中で空気を入れ替えてもらってください」

 一方で重症患者の場合は事情が違う。都内在住の飲食コンサルタントの男性Cさん(49)は高熱が出て、PCR検査と同時に酸素飽和度を測定すると、91%(正常値は96%以上)まで下がっており即入院。

「入院中はトイレに行くのも眩暈(めまい)がして、ひたすら寝て回復を待つだけの毎日。友人に下着を届けてもらいました。食欲もなく、ゼリー状の栄養補助食品を入れておくことをお勧めします」

 陽性判定と、保健所の指示はある日突然やってくる。動けるうちに備えておけば、療養時の過ごし方が格段に違うはずだ。

うちだ・ともこ/ 1977年山口県生まれ。婦人科疾患、周産期医療、不妊治療を中心に取材を行う。日本医学ジャーナリスト協会会員

(内田 朋子/週刊文春出版部 週刊文春 新型コロナ完璧サバイバルガイド)

関連記事(外部サイト)