「そんなものは副頭取までなんだよ」住友銀行・元大物頭取の訃報はなぜ伏せられたのか?《尾を引くイトマン事件の怨念》

「そんなものは副頭取までなんだよ」住友銀行・元大物頭取の訃報はなぜ伏せられたのか?《尾を引くイトマン事件の怨念》

1月31日に亡くなった巽外夫・元住友銀行頭取。2月5日にひっそりと葬儀が行われていた ©時事通信社

 2月5日、東京・築地本願寺では97歳で天寿をまっとうしたある銀行家の葬儀がひっそりと執り行われていた。住友銀行の頭取、会長を歴任した巽外夫の葬儀だった。

“ラストバンカー”と呼ばれ、昨年9月に亡くなった西川善文(元三井住友銀行頭取)に次ぐ、巽の死によって、戦後最大の経済事件“イトマン事件”に深く係わった住友銀行頭取はいなくなった。

 しかし、コロナ禍とはいえ、巽の葬儀はある意味、異様な葬儀だった。かつて大物と呼ばれた銀行家が亡くなったのは1月31日。その事実ばかりか、葬儀の日程など一切マスコミに明らかにされなかった。

■家族はなぜ葬儀の公表を拒んだのか

 筆者が巽の逝去、そして葬儀を知ったのも偶然からだった。

 その日、筆者は取材の関係で通信社幹部と携帯電話で話していた。すると、その通信社幹部がこんなことを言うのだった。

「今、築地本願寺の前を歩いているんだけども、タツミの葬儀をやってるみたいなんだよ……」

 かつて金融記者としてならしたその通信社幹部がいう“タツミ”は住友銀行の元頭取、巽に違いなかった。その情報のプロである彼でさえ、巽の逝去を知らなかった。

「タツミ」

 と聞かされ筆者の脳裏に浮かんだのは、その表情とともに「まだ生きていたっけ……」というものだった。半信半疑のまま筆者は日経新聞の金融担当幹部に連絡を取った。巽逝去を確かめる為だった。

「エっ? 巽がですか?」

 こうした反応でも分かる通り、日経新聞の幹部でさえ、巽の情報を持っていなかった。小一時間してその日経幹部から、「確認が取れました。やはり巽は亡くなっていました」との連絡を貰う。

 今回、巽が亡くなったことを公にしないで欲しいと強く望んだのは家族だったという。三井住友銀行側が巽の実績などを踏まえて、マスコミ発表を一切しないことへの難色を示すと、最終的に折り合ったのが葬儀が終わってからの発表というものだった。

■バブル期、闇の勢力に飲み込まれた銀行

 家族が頑にマスコミ発表を拒んだ理由の一つが、イトマン事件に連なる闇の勢力への恐怖だったという。

 巽の名を金融界、産業界に知らしめたのは常務時代から手がけ、自らも「ライフワークだ」とも話していた東洋工業(現、マツダ)の再建だった。米フォード・モーターとの資本提携の橋渡しに始まり、経営の建て直し、そして自ら社外取締役に就任するなどその係わりは20年以上にも及んだ。

 後には総合商社「安宅産業」や住友銀行が合併した「平和相互銀行」の残務処理なども手がけて来た。

 けれども、何と言っても巽を語る上で欠かせないのが、イトマン事件だった。住友銀行を崖っぷちまで追い込んだイトマン事件の最中に頭取となった巽は最前線で指揮を執り続けた。

 許永中、伊藤寿永光といった希代の詐欺師らに食い物にされた住友銀行からは数千億円もの資金が闇の勢力に流れた。その実態に巽は衝撃をうける。それ以上に巽を暗澹たる思いにさせたのは、かつては、後にイトマン事件の主人公となる河村良彦らとともに「磯田(一郎。元住友銀行頭取)さんを頭取にするのが夢だ」とも語り、仰ぎ見ていた磯田の老醜だった。権力欲に塗れ、取り巻きの追従に溺れた哀れな姿だった。

 巽はかつての同僚で、イトマン社長となっていた河村を呼び出し、同社に入社させていた不動産担当の伊藤寿永光を切ることを求める。ところが、河村はそれを拒否したばかりか、逆に伊藤を役員に昇格させてしまう。イトマン、住友銀行は釣瓶落としのように闇の勢力に飲み込まれようとしていた。

 イトマン、住友銀行を食い物にする許や伊藤らにとって巽は排除すべき存在だった。それからだった。巽に尾行がついたのは。

■特攻隊員の生き残りだった巽

 巽は特攻隊員の生き残りだった。沖縄に向けて特攻に向かう直前、天候不良で特攻は中止となる。巽は九死に一生を得る。人の死を間近に見続けてきた巽はある意味、諦観の人であったが、一方、胆力、腹の据わりようは尋常ならざるものがあった。

「許永中らは人の弱点を見抜く天才的な詐欺師だった。磯田さんはそこにつけ込まれ、骨の髄までしゃぶられた」

 寡黙であっただけに、こう語る巽の述懐は口を挟めぬ迫力があった。巽とは東洋工業(マツダ)救済以来の付き合いのあった元新聞記者によれば、巽への許らの尾行は3カ月にも及んだという。許らは巽の弱点を探し出して黙らせるつもりだったのだろう。

■近くのホテルに入って、裏口からタクシーに……

「俺には女なんかいやしないのに」

 巽は当時を振り返り、苦笑していたという。しかし、尾行されていた当時は、銀行の通用門から出てはタクシーに乗り、予め数キロ先に待たせていた公用車に乗り換えたりしていた。こんな日常を巽は愚痴をこぼすこと無く続けた。

 巽は長野県・蓼科に山小屋風の小体な別荘を持っていた。自ら車を運転しては、妻とともにその別荘で過ごすことが巽は好きだった。その別荘へも尾行はついた。

「一旦近くのホテルに入って、裏口からタクシーに乗って……、面倒なことだったな……」

 剛胆な巽は他人事のように呟いていたが、そうしたことを間近に見ていた子供等には目に見えぬ恐怖が知らぬ間に植え付けられていた。巽が会長職にあった時代に起きた名古屋支店長射殺事件(1994年9月)はそうした恐怖を決定的にした。

 イトマン事件からおよそ30年。少なくない時間が経過したが、身を以て恐怖を体験した家族から闇の勢力への恐れが消えることはなかった。それがゆえに、巽の逝去を公にすることを頑に拒んだのも、妙な輩が葬儀に来ては困る、という理由からだった。

 イトマン事件の呪縛は未だに人の心を縛り付けていた。

■「深い怨み」を抱える“伝説のバンカー”

 巽の親族とは別に、やはりその呪縛に囚われている人物がいた。その人物は巽逝去の一報に触れ、フェイスブックにこんな書き込みをした。

「元住友銀行頭取の巽がやっと死んだようです。僕は彼には今も深い怨みがあります」

 死者に鞭打つような書き込みをしたのは、元住友銀行幹部にして、楽天副会長だった國重惇史だ。

 実を言えば、巽の死を間接的に伝えたのは筆者だった。現在、國重は喋ることもままならず、立って歩くことさえ出来ない状態にある。その國重を甲斐甲斐しく面倒を見ているある女性に筆者が巽逝去の一報を伝えたのだった。

 2016年に『住友銀行秘史』(講談社)を上梓したことでも話題になった國重は、イトマン事件から住友銀行を救った救世主でもあった。事実、1人で金融当局、マスコミ、検察などを動かし、事件解決の道筋をつけた國重に対し、当時の頭取、巽も直に國重に頭を下げている。

「今回の君の奔走には感謝する。今後も、その馬力(頭脳)でがんばってくれ」(『住友銀行秘史』)

 しかし、その救世主を銀行から飛ばしたのも巽だった。すでに家庭を持っていながら、磯田の秘書と情を通じ、子どもまで儲けていた國重の素行に激怒したのが巽だった。その怒りが銀行からの放逐の原因だとされた。

■「そんなものは副頭取までなんだよ、國重君」

 けれども、それは表向きの理由に過ぎなかった。筆者が巽逝去の2日前に上梓した『 堕ちたバンカー 國重惇史の告白 』(小学館)には“できる”が故に銀行員としては危険と見なされた國重を次のように描いた。

 場面は、イトマン事件が終息して数カ月が経過した1991年頃、東京・紀尾井町の料亭の席。國重を接待していたのは頭取の巽だった。

〈当時、住友銀行はイトマンの不良債権の処理をするための受け皿会社をいくつか作っていた。國重は、その1つに出向することを強く希望していた。その会社は名古屋に設置され、主に伊藤寿永光、許永中に食い物にされ、数千億円が闇に消えたと言われる絵画取引の中心になっていた会社だった。國重は、この会社に出向いて、伊藤や許と対峙してみたかった。それを想像するだけで國重の気分は昂揚した。

 しかし、銀行はそうした“危険な行員”を望んでいるわけではなかった。國重は感謝する頭取、巽にこう言っている。

「自分の強みは官庁への太いパイプと闇の勢力の情報です。その強みを受け皿会社で生かしていきたいです」

 堂々と言う國重に、巽はちょっと困った表情を見せながらこう返事をした。

「そうは言うけども、頭取になる人間にはそんな情報なんか必要ないんだよ。そんなものは副頭取までなんだよ、國重君」

 巽にとり、“闇の勢力の情報”などは、所詮、“そんなもの”だったと國重は即座に理解した。そして、口にはしなかったが、巽が言う“そんなもの”のお陰でイトマンは、いや住友銀行は助かったんじゃないか、と。

 結局、國重の希望は叶えられることはなかった。國重に下された辞令は本店営業第一部長というものだった。赴任地は大阪。イトマン事件から住友銀行を救った男に報いるとは到底、思えぬ人事だった〉

“闇の勢力”との付き合いが必要な時代は、すでに終わりを告げていた。そんな状況を直接ぶつけ合った巽と國重の会話は、金融界におけるバブル終結を象徴するかのような場面だった。

■「たかが女性問題で……、イトマンは僕じゃなければ」

 國重は図抜けた才の持ち主だった。

 イトマン事件の前段となる「平和相互銀行」の合併劇において、大蔵省(現、財務省)、日銀、検察、そして佐藤茂という平和相互銀行の大株主だが、正体不明な怪人物らを向こうにまわして丁々発止のやり取りをしていたのが、わずか39歳の時だった。

 すでにMOF担(大蔵省担当)として伝説ともなっていた國重だったが、平和相互銀行の合併事件、イトマン事件を通じて知らず知らずのうちに“けものみち”に深く入り込んでしまっていた。そこは普通の銀行員が立ち入らぬ場所でもあった。

“けものみち”が常態となっていた國重は、やはり巽の目には“まともな銀行員”とは映らなかった。

「たかが女性問題で……、イトマンは僕じゃなければ処理できなかったじゃないか……」

 國重はふとこんな言葉を漏らすことがあった。やはり銀行員であり続けたかった國重にとって、巽は許し難い存在だった。その積年の思いが表出したのが、先のフェイスブックへの書き込みだった。

 かつての闇の勢力の恐怖におののき続けた元頭取の一家、かたや今も私怨を抱えて生きる元バンカー。巽の死を以て、國重の自伝的な本でもある『堕ちたバンカー』の出版を以て、イトマン事件というバブルの清算がようやく終わるのだろうか。

 ちなみに2月6日の日経新聞の朝刊は巽の逝去を1面4段のスペースで報じた。その最終面の40面には『堕ちたバンカー』の広告がデカデカと掲載されていた。バブルの呪縛はやはり因縁めいている。

(文中敬称略)

(児玉 博/Webオリジナル(特集班))

関連記事(外部サイト)