相手と違うほどうまくいく!? 5つのタイプで考える夫婦のストレス減らすコツ

相手と違うほどうまくいく!? 5つのタイプで考える夫婦のストレス減らすコツ

©iStock.com

 男性の育児休業の取得率は現在何%だかご存じですか? 2019年度で7.48%です。2015年の時点で政府は、2020年度までに男性の育休取得率を13%に引き揚げるという目標を掲げていましたが、その目標には遠くおよびそうにありません。
?
 しかし、私が父親になった2002年は0.33%、イクメンという言葉がメディアに登場し始めた2007年は1.56%、イクメンが流行語大賞になった2010年は1.38%でしたから、育児メディアの編集者としてそのころからこの数字をベンチマークしてきた私にとっては、7.48%という数字そのものには、それでもだいぶ増えたなあという印象があります。
?
 特に若い人たちの間では、男性も育児や家事をするのが当たり前という考え方は広がっているのを感じます。一方で、どんなに相手のことを思っている夫婦にもボタンのかけ違いが起こるのが、古今東西の世の常。特に子育て期間中はボタンのかけ違いが起こりやすいものです。

 そこで、子育て夫婦のボタンのかけ違いを解消するヒントとして、拙著『 パパのトリセツ2.0 』から「パパのタイプ」を診断する簡易なテストを抜粋します。心理学の交流分析という理論を参考にしてはいますが、そんなに厳密なものではないので、遊びとして夫婦で楽しみながらやってみてください。

 各タイプの説明はちょっと極端にしてありますが「こういう傾向があるんだって」と夫婦の会話のきっかけになり、少しでもすれ違いを防ぐ一助になれば幸いです。

■パパの心の傾向を5つのタイプに分類

 パパは、以下の10の質問に「あてはまる(3点)」「どちらでもない(2点)」「あてはまらない(1点)」のいずれかで答えてください。

Q1:他人に指図されるより、指図するほうが多い
Q2:捨て猫や捨て犬を見ると放っておけない
Q3:買い物するときは事前によく比較検討する
Q4:「やった!」「すごい!」などの言葉をよく発する
Q5:「何が食べたい?」聞かれても「なんでもいい」と答えることが多い
Q6:「けじめ」「義理」などの言葉を好む
Q7:ほめ上手なほうだ
Q8:「合理的」「論理的」などの言葉を好む
Q9:いつも楽しいことを探している
Q10:人からどう見られるかを気にすることが多い

 そして、下記のように点数をA〜Eの項目ごとに足します(A(Q1+Q6)、B(Q2+Q7)、C(Q3+Q8)、D(Q4+Q9)、E(Q5+Q10))。

 A〜Eの中で最も点数の多いところがあなたのタイプになります。複数の項目で点数が最高の場合は、複数のタイプの特徴を併せもつということです。

■A:厳格律儀カミナリオヤジタイプ

 ひと言で言えば、昔ながらの頑固オヤジタイプ。今どき珍しい、どちらかというと旧型のパパです。「サザエさん」の磯野波平を思い浮かべるとわかりやすいかもしれません。

 曲がったことが大嫌いで、義理人情にも厚く、頼りがいがあるところが最大の長所。「一家の大黒柱」という存在としては申し分ありません。

 一方で、融通が利かなかったり頑固だったりするので、ちょっぴり扱いにくいのが難点。自分自身が厳しい価値観に基づいて生きているため、他人に対しても厳しく接してしまいがち。それが、ママに対しては批判、子どもに対しては叱責という形で表れやすく、現代の家庭の中では煙たがられることもあります。

「父親の威厳」を大切にするので、ときどきヨイショも必要で、実は結構手がかかります。パパがこのタイプの場合、家族の「名誉リーダー」としての地位を与えると、おさまりがよくなります。

■B:母性優先二人目ママタイプ

 世話好きで、思いやりがあります。人の話を聴くのが上手で、ほめ上手。みんなから好かれます。尾木ママのイメージです。このタイプのパパがパートナーなら、一般的な男女の役割意識にとらわれず、自由な発想で夫婦の役割分担を決めることができるはずです。

 ママがやろうとしていることを先回りしてやってくれちゃったりするのもありがたいのですが、ともすると「おうちの中にママが二人」みたいになってしまうこともあります。また、面倒見がよすぎるため、子どもを甘やかしてしまうこともあります。

 そこで、「お願いされたことはやってあげたくなっちゃう」という特徴を利用します。「ちょっと厳しさが足りないな」と思うなら、「時には、子どもの前で厳しさを見せてほしい」などとお願いしてみるのもいいでしょう。

■C:冷静沈着コンピュータタイプ

 つねに冷静、的確、理性的。刑事ドラマ「相棒」の杉下右京を思い浮かべるとわかりやすいでしょう。感情や本能に流されず、余計な価値観にまどわされることが少ないので、「家族の頭脳」として何かと頼りになります。

 反面、クールすぎるのが玉にキズ。ユーモアに欠けていたり、ママや子どもの話に共感するのが下手だったりというのが最大の欠点です。

 ママが愚痴を漏らしたとき、「要するに」とか「つまり」とかいう言葉で、ママの言いたいことを短くまとめてしまいます。さらに、最短時間で最大効果を求めるクセがありますから、「だったら○○すればいいじゃない」と的確すぎるひと言で話を終わらせてしまったりします。

 すると、ママは「もっと話したいことがあるのに!」とか「私の気持ちをわかってもらえない!」などと欲求不満を募らせます。しかしこのタイプのパパは、そういうことがうまく理解できません。「僕は最善の答えを提案したのに、それがわからないなんて、キミがおかしいんじゃないか?」となってしまうのです。

 このタイプにはあまり「上手に話を聞いてもらう」ことを期待しない方が、かえってうまく家庭が回る可能性があります。

■D:天真爛漫わんぱく坊主タイプ

 好奇心旺盛で直感的、創造力がたくましく、「いくつになっても子どもみたい」と言われるやんちゃなタイプのパパです。映画の「インディ・ジョーンズ」とか「釣りバカ日誌」のハマちゃんをイメージするとわかりやすいでしょう。

 子どもにしてみれば最高のパパです。いろんな遊びを知っているし、自分と同じ視点で楽しみながら遊んでくれます。何事にも興味を示し、挑戦する姿勢は子どもにとってもいい影響を与えることでしょう。

 一方で、他人に対する配慮に欠け、自己チューになりがちという短所も。ガマンも苦手です。子どもの欲しがるおもちゃをすぐに買い与えてしまうのもこのタイプ。ママからしてみれば、もう一人大きな子どもがいるような感覚かもしれません。

 しかしこのタイプのパパは、少々叱ってもいつまでも凹んだり、卑屈になったり、復讐を企てたりしないのがいいところ。それに、ほめればほめるほど伸びやすいのも特徴です。父親というよりは、「名誉長男」だと思うとちょうどいいかもしれません。

■E:従順無口いい子ちゃんタイプ

 口癖は「キミの好きにしていいよ〜」。子どもができる前、結婚する前から、主導権はあなたにあったことでしょう。「スター・ウォーズ」の金ピカの人型ロボットC-3PO(シースリーピーオー)みたいなタイプです。

 とにかく従順で「いい子」。不満があっても表には出しませんから、今までこれといったストレスを感じたことはなかったのではないでしょうか。あえて言えば、優柔不断なところにたまにイラッとする程度だったのでは? しかし、これからそのツケが回ってくるかもしれません。

 実はえてしてこのタイプ、表面的には「相手に合わせることのできる大人」のようにふるまいますが、中身は「大人からの評価を気にする子ども」のまま。

 指示を与えないと自分で判断して行動することがなかなかできません。また、人からの評価を過度に気にします。だから、ダメ出しをしたり、なじったりすると、「すねる」「ひねくれる」「へそを曲げる」といっためんどくさい形で反抗することがあります。

 しかも、得意技である「ガマン」が行きすぎると、家の中が窮屈に感じられるようになってしまうことも……。ときどき適度な「遊び」を与えてあげるのが、このタイプと上手にやっていくコツです。

■お互いの心の癖を知っておけばストレスは減る

 パパのタイプとその特徴がわかったところで、次にチェックリストをもう一度使って、ママ自身のタイプを判定してみてください。

 同じタイプどうしが夫婦になればうまくいくかというと、そうでもありません。たとえば、どちらかが「天真爛漫わんぱく坊主タイプ」であれば、もう一方は「従順無口いい子ちゃんタイプ」だと相性がいいなんてことがあります。お互いの長所・短所がうまくかみ合うのがよい相性といえるのです。

 タイプが違えば、「私ならああいう考え方はしない」とか、「なんであの人はああなのよ……」などと価値観の違いを感じることがあるかもしれませんが、実際、違う考えの者どうしが夫婦になって、長所・短所をうまく補完している場合が多いのです。

 夫婦がお互いの心のクセを知っておけば、余計なストレスを感じることは少なくなるはずです。

(おおたとしまさ)

関連記事(外部サイト)