《朝井リョウ×遠野遥》平成生まれ初直木賞・芥川賞対談「“作家像”を押し付けられませんか?」

《朝井リョウ×遠野遥》平成生まれ初直木賞・芥川賞対談「“作家像”を押し付けられませんか?」

遠野遥氏

 1月20日に「推し、燃ゆ」で第164回芥川賞を受賞したのは、21歳の宇佐見りんさんだった。デビュー2作目での受賞、現役の大学生であることも大きな話題となっている。

 昨年7月には、遠野遥さんが28歳で同賞を受賞。朝井リョウさんが直木賞を受賞したのは2013年、23歳のときのことだった。いずれも“平成生まれ初”の受賞となる。

 若手作家にますます注目が集まるなか、“平成生まれ初”直木賞、芥川賞受賞者による初めての対談が実現した。

◆ ◆ ◆

遠野 宇佐見さんは新人賞を同時受賞してデビューした、いわば同期作家なので、芥川賞の受賞はとても嬉しいです。宇佐見さんの第一作『かか』、芥川賞を受賞した第二作『推し、燃ゆ』ともに何歳で書いたとしてもすごい作品であることには変わりないんですが、年齢に注目して騒ぐ人も一定数いますよね。

 朝井さんが直木賞を受賞されたとき「平成生まれ初」や「戦後最年少」などと騒がれましたが、周りの反応はどうでしたか。

朝井 当時、私は会社員1年目でしたが、受賞翌日、ある同期から初めてランチに誘われたんです。祝ってくれるなんて嬉しいなと思っていたのですが、食事中、なかなか直木賞の話題にならない。照れているのかと思っていたら、食後、「今日は、朝どうやって起きてるのか教えてほしくて誘ったんだよね」と言われたんです。

遠野 どういうことですか?

朝井 彼は直木賞のことなど知らず、苦手な早起きについて相談したかっただけだったんです。受賞会見で大量のカメラに囲まれた翌日のことだったので、私はまだフワフワしていたのですが、彼のおかげで現実に戻れました。外の世界は何も変わっていない。あの会見や一連のセレモニーは、ものすごく閉じられた世界の出来事なのだと気付けました。

遠野 受賞翌日、そんなことがあったんですか。出版界にとっては大きなイベントですが、世の中には文学の賞自体に全く関心がない人も結構いますよね。

■「原稿用紙にペンで書いてるの?」

 文壇の中心を担う書き手が若返っていっても、世間の持つ“作家”のイメージは変化していないようにも感じられる。

遠野 私が気になるのは、作家像みたいなものを押し付けられること。今はもう諦めたのか言われませんが、ツイッターを始めた当初は知り合いに「もっと作家らしいことつぶやきなよ」って言われたのです。作家が作家らしいツイートをしていたら何も面白くないですよね。そもそも作家らしいツイートって一体なんなんでしょうね。

朝井 その人も説明できなそう。私は結構、同業者間で作家像の押し付けを感じます。兼業時代、上の世代の作家とお話ししていると、「会社なんて早く辞めろ」みたいに言われることが多かったです。そもそも他の仕事ができるんだったら小説家にならなくていいと。あと「不幸な目に遭わないとおもしろいものを書けないよ」とか。作家の間でさえこうだから一般の方のイメージが凝り固まるのも仕方ないですよね。

遠野?「原稿用紙にペンで書いてるの?」と聞かれることがあります。世間の作家に対するイメージはまだその段階なんでしょうね。スマホで書いてるの?と聞かれるのならわかりますが。

朝井 そういう話を聞くと、むしろ世間は作家像をアップデートしたくないのかもしれませんね。作家たるもの文壇バーで葉巻を吸っていてほしいのかもしれない。遠野さんに関する記事で、King Gnuが好きだという文言が見出しになっているものを見ました。King Gnuは超メジャーグループだし、同世代で嫌いな人のほうが稀ですよね。それなのに特筆すべき情報としてピックアップされるところに、芥川賞作家のイメージを感じますね。

◆ ◆ ◆

 1時間半を超える対談では、執筆や創作の秘話、次回作や小説家としての今後についてまでが存分に語られた。

 この対談「 『新世代』の看板を下ろすとき 」の全文は、「文藝春秋」3月号および「文藝春秋digital」に掲載されている。

(「文藝春秋」編集部/文藝春秋 2021年3月号)

関連記事(外部サイト)