横浜の住宅街に日本屈指の“スーパーマーケット天国”が…「港北ニュータウン」の魅力を徹底ルポ!

横浜の住宅街に日本屈指の“スーパーマーケット天国”が…「港北ニュータウン」の魅力を徹底ルポ!

赤丸箇所にスーパーが位置。地図に表示されていない周辺地域にも多くのスーパーが密集している。©OpenStreetMap contributors

 スーパーが密集しているエリアのことをメディアは「スーパー激戦区」と呼びますが、買い物する側から見れば、そこは「スーパーマーケット天国」(スーパー天国)。そんな「スーパー天国」のひとつが、東京から電車で1時間、約21万人の暮らす横浜市都筑区に開かれた港北ニュータウンにあるのです。その核となるのは「タウンセンター地区」のセンター北駅とセンター南駅間の約1km。この2駅間のエリアに大手スーパーが林立しています。

 ここ港北ニュータウンと同じ1965年に計画が始まった大規模ニュータウン「多摩ニュータウン」には、定番のスーパーが数店点在する程度にもかかわらず、なぜ港北ニュータウンにはこんなにも多くのスーパーが密集しているのでしょうか。人口数は市内18区中、10位の都筑区。人が多いからスーパーがたくさんあるというわけではなさそうです。では、一体いつから、そしてどうしてこんな「スーパー天国」に?

 実際にスーパーを巡りながら、「スーパー天国」エリアの実態を探ってみようと思います。

■センター北駅の老舗「そうてつローゼン モザイク港北店」

 相模鉄道を「そうてつ」と呼び、横浜の駅ビル相鉄JOINUS(ジョイナス)で買い物を楽しみ、相鉄の運営する「横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ」でお食事……。そんな相鉄ライフをエンジョイする地元の人々にとって、スーパーといえば神奈川県を中心に店舗展開する「そうてつローゼン」。バラのマークの「島屋」の出資もあり、創業当時の名前「相鉄ストア」から、「そうてつローゼン(ドイツ語でバラの意)」に改名したのが1982年のこと。来年で創業60周年を迎え、地元住民からも熱い支持を集める由緒正しきスーパーが「そうてつローゼン」です。

 2000年3月、センター北駅前に開業した「モザイクモール港北 都築阪急」にテナントとして出店した「そうてつローゼン モザイク港北店」は、センター北駅〜センター南駅周辺で最も歴史ある店舗です。特に「デパートに隣接するスーパーマーケット」という位置付けで、上質感のある品揃えが特徴となっています。

■デパ地下との融合、立ち止まらせる演出

 モザイク港北店は、通路を挟んで阪急の食品売り場と向き合っているため、デパ地下とスーパーの区別のない不思議な空間です。通路のどこからでも店内に入れるレイアウトのため、商品が目に留まり立ち止まるように、キャッチーな商品を通路に向けて陳列しています。

 ウインドーショッピングしながら、ここでしか買えないようなワインやお菓子など「オンリーワン」な商品に出会える、まさに買い物を楽しむための店といえます。

 楽しんでいるのはお客さんだけではなさそうです。「拡大コピーして切って貼って…自分や女性スタッフの手づくりです」と話すのは廣瀬健・副店長。和気あいあいとした社内の雰囲気がこうした売り場づくりにも自然と反映されて、ここちよさが漂う店舗です。

 港北ニュータウンの計画には都市農業の確立と乱開発から農地を守る策も含まれていました。写真の4人は実際に港北区で野菜を生産している農家さん。新鮮な地場野菜を持ってきてくれるそうで、大都会のオアシスのような存在といえるのではないでしょうか。

 落ちついた店内も時間帯によっては混雑する人気ぶり。世代を問わず食にこだわりをもった人たちに選ばれている頼りになる「そうてつローゼン モザイク港北店」はセンター北駅の重鎮と言えそうです。

■両駅の中間という空白地に出店! 正直者には福が来る「オーケー港北中央店」

 JCSI(日本版顧客満足度指数)調査スーパーマーケット業種で10年連続1位に輝くなど、盤石の人気スーパー「オーケー」。人々を惹きつける「高品質・Everyday Low Price」という経営姿勢は、1986年「高品質・お買徳」の基本方針に「Everyday Low Price」が加えられたものでした。奇しくもその年にオーケーは、港北ニュータウンに民活第1号として商業用地を取得していたのです。それが現在の「オーケー港北店」(1993年11月開業)で、同じ区内の「オーケー北山田店」(1999年12月開業)といっしょに港北ニュータウンの生活を支えてきました。

 しかしながら2店舗はセンター南駅とセンター北駅には近いものの、街の中心部からはやや外れており、駅と駅の中間地点への出店は地域の人々にとって悲願だったといいます。そんななか、ついに2009年1月、大型商業施設「ルララこうほく」の開業からほとんど間を空けることなく「オーケー港北中央店」がオープンしたのです。

 現金払い・スマホ決済で食料品がお得に買い物できる「オーケークラブ会員」の入会人数は544万人(2020年3月現在)。とにかくオーケーはファンの多いスーパーです。

「オーケーでは旬の果物の説明に、“はしり”、“たけなわ”、“なごり”を採用しているので、参考にしてみてください」と小林店長。

 実際に商品棚を見てみると、たとえば、なごりのみかんには、「最盛期に比べ小袋がやや厚めですが程よい酸味とコクのある甘さが楽しめます」と明記されています。「なごりのみかん、どうぞ」と、つい誰かに披露したくなります。

 地場野菜も並ぶ青果売り場にも工夫が。「横に広く並べると、お客様同士がぶつからずに同じ野菜を手に取ることができるんです」と小林店長。買い物のしやすさが店によって差があるのはこういう気遣いなのかもしれません。

 オーケーの代名詞、「オネスト(正直)カード」でオーケーファンになった人は多いはずです。例えば、この日のグレープフルーツには「相場が1割高となった理由」が書かれ、さらに「酸味があるので蜂蜜などの甘味料で使うこと」をアドバイス。買物客にとってとても嬉しいサービスの一つです。

 ディスカウントの競合店同様、子育て世代に支持されていますが、おしゃれな雰囲気の年配も多いオーケーの客層。それは“いいものを多く知る年代も満足できる品質”だという証ではないでしょうか。

 メガ盛りの総菜など派手な商品はありませんが、価格を下げるために無駄を削ぎ落とす企業努力にファンは賛同しているのでしょう。「本日限り」「数量限定」などで殺気立つことのない、「Everyday Low Price」という安心感。落ち着いて買い物できる環境こそ、失敗のない買い物をする近道です。

■センター南駅前の要「港北 TOKYU S.C.」に出店! 「ロピア港北東急SC店」

 タウンセンター地区に数多く建つ大型複合施設の中で最も歴史があるのは、1998年、センター南駅前にオープンした港北東急百貨店SC(現・港北 TOKYU S.C.)です。東急百貨店の食品売り場が営業終了し、ロピアが出店したのが2011年4月のことでした。藤沢市の精肉店が始めたスーパー「新鮮大売ユータカラヤ」が「ロピア」に転換し始めた時期で、勝負の店となったのが、このロピア港北東急SC店です。

 ロピアに転換後、3店目の同店。港北ニュータウンの子育て世代を中心に支持され、以後、ロピアは本拠地の神奈川から東京、千葉、埼玉、さらに昨年秋は近畿エリアまで進出を果たし、合計56店舗(※2020年12月現在)を展開する企業に成長。そのどん欲なまでの安さへの執着で、食品業界を揺さぶる存在となっています。

■ロープライスのユートピア

 ロピアの社名および店名の由来は「ロープライスのユートピア」。自家製オリジナル商品でさらなる低価格を追求しています。精肉店からスタートしたという出自を持つことから、とりわけ精肉と肉加工品への偏愛ぶりを感じさせる商品が多く、肉好きのユートピア感が肉汁といっしょに溢れ出ています。

 肉好きがうなる「みすじ」など希少部位が低価格で並ぶのは1頭買いしているから。PB牛肉「みなもと牛」とは、ロピアの精肉バイヤーが全国の市場で1頭買いした国産交雑種4等級牛肉のロピア独自の呼び名です。

 安さと楽しさを提供する独自路線の商法で快進撃を続けるロピア。その勢いでセンター北駅にも出店を果たしました。

「生鮮品の返品は鮮度劣化、安全上の問題により受け付けしかねます」と店内張り紙に明記されるなど、楽しむにはそれ相応の覚悟が必要なようですが、それでも週末は「レジの行列もロピア名物」と言われるほどの大人気ぶりです。支払いは現金のみなので、訪店の際はお気をつけを。

■終電後が閉店時間! 超コンビニエンスな秘密とは? 「そうてつローゼン センター南駅前店」

 2015年3月に「センター南駅」の改札階に直結したビルにオープンした「そうてつローゼン センター南駅前店」。営業時間は朝6時から終電後までと、さすが鉄道系スーパーです。スーパーとしては小さめの店舗ながら、駅直結の立地を生かした売場づくりで超コンビニエンスな店舗を創造しており、毎日寄っても飽きない仕掛けが随所に隠されています。

■1店舗で2度美味しい! 朝夕で違う顔

 通常は店の奥にある惣菜売り場を昼と夕方は通路から見えるよう、手際よく店の正面に売り場を変更しているのは持田龍己店長。

「駅の利用客や仕事帰りの人が短時間で買い物することが多いため、店の奥まで行かずに入口付近で弁当惣菜を選んだら、入って右手のレジに進んで最短の距離で通路に戻れるよう動線をつくっています」

 朝はスーパーのセオリーどおり、正面に野菜が並びますが、時間帯で弁当惣菜コーナーに変身させるため、朝と夕方では通路に見せる顔が代わっているというわけです。

■どうしても逃れられない、週替わり「魔のコーナー」に引き寄せられる

 入口からストレートに伸びる通路の先にちょこっとだけ見えるのは、週替わりの1品を陳列するコーナー。入手困難なご当地スイーツや、魅惑の新商品を週に1品ずつ紹介。素通りできる道理がありません。

 小さくても利便性と知恵で人気の店舗、センター南駅直結の「そうてつローゼンセンター南駅前店」。ぜひ、朝と夕方の2つの顔を見ていってください。

■港北ニュータウンはなぜこれほどまでの「スーパー天国」に?

 その他、馴染みの客が求めるこだわりの食の品揃えが魅力「食品館あおば センター南駅前店」、グルメシティ時代からの根強いファンが多いイオン系列の「ダイエー 港北みなも店」、「お弁当お惣菜大賞2021」で入賞した煮込みハンバーグをはじめとした惣菜自慢のスーパー「東急ストア センター北駅前店」……。さらに少し離れた場所には「スーパー三和 港北店」、「オリンピック 港北ニュータウン店」、「業務スーパー 仲町台店」、「ビッグヨーサン 横浜都筑店」、「ヨークマート 港北店」……。数多くのスーパーマーケットが港北ニュータウンには密集しています。

 では、なぜ「港北ニュータウン」がこれほどまでの「スーパー天国」になったのでしょうか。

 その発端は1965年に横浜市の事業として始まった港北ニュータウン計画です。市営地下鉄が開通し、1993年に「センター北駅」「センター南駅」が開業すると周辺地域に“少しずつ”スーパーが増えていった際に、出店の口火を切ったスーパーが「オーケー」であったことが、その後の港北ニュータウンの繁栄と多くのスーパーの出店に大きな影響を与えたと考えられます。

■出店の口火を切った「オーケー」

 1993年11月開業の「オーケー 港北店」の土地は、1986年に民活第1号として商業用地を取得したと前述しましたが、その売り場面積は 6380.17u(1930坪)と現在でもオーケーの店舗の中で最大級の規模。

 もちろん将来の港北ニュータウンの人口増加を見込んでの出店でしたが、「高品質・Everyday Low Price」で駐車場完備の大規模店舗がニュータウンにできたことで、港北ニュータウンのある都筑区はもちろん、市内および遠方からのファン獲得に成功。知名度も高まり、今回ご紹介した「オーケー 港北中央店」の出店へとつながりました。出店するやいなや人気店になったことは言うまでもありません。

 オーケーはその後も成長し続け、「業界屈指の優良企業」とまで言われるほど、1店舗当たりの平均売り上げが高い企業となりましたが、じつは近年その後ろを追っているスーパーがあります。

 その正体は「ロピア」 。『激流』(国際商業出版)2020年10月号によると、ロピアの経営を盤石なものにしたのが、前述の「港北TOKYU S.C.」への出店だといいます。同店は、「おばけ店舗」と呼ばれるほどの異常な売上高を誇る店となり、近年では近畿地方への出店も叶えるほどの発展を遂げました。

 つまり、日本のディスカウントスーパーの最も熱いトップ2が、センター北駅と南駅の1km弱のエリア内で競い合いながら街が発展してきたというわけです。

■街に華を添える私鉄系スーパー

 その一方で、各私鉄が乗り入れる主要駅にアクセスする、横浜市営地下鉄ブルーラインとグリーンラインが交わるセンター北駅とセンター南駅に「そうてつローゼン」、「東急ストア」、「港北TOKYU.S.C.」といった私鉄系スーパーがあることも港北ニュータウンを「スーパー天国」たらしめる大きな理由。

 駅近という利便性が私鉄系スーパー人気のポイントではありますが、それだけではなく、こうしたスーパーの存在が人々の生活をより豊かなものにしていることも港北ニュータウンの「スーパー天国」ぶりに貢献しているといえるでしょう。市が計画したニュータウン開発でありながら、「たまプラーザ」や「二子玉川」のような私鉄系の街の佇まいを醸しているのです。

 冒頭で紹介した「多摩ニュータウン」とは違い、港北ニュータウンを含む都筑区は住民の平均年齢が横浜市内で最も若い42.1歳(令和2年1月1日「横浜市人口ニュース」による)という土地柄。

 今、生活しているファミリーも年を重ね世代交代が始まれば、街はさらに変わっていきます。スーパーの出店や撤退を知ることは、街の歴史を見つめること。まずは、次にどこにどんなスーパーがやってくるのか知り、未来の街を想像してみるのも楽しそうです。

※お出かけの際はじゅうぶんな感染予防対策をとり、お楽しみください。また、施設によって滞在時間や人数の制限があります。

※記事中の価格は税別価格で取材時のものです。また紹介した商品は常時取り扱いがあるとは限りません。

【参考資料】

『激流』(国際商業出版)2020年10月号 特集「食品DS?2強の頂上決戦 オーケーVSロピア」(著:石橋忠子/ジャーナリスト)

(菅原 佳己)

関連記事(外部サイト)