公務にジーンズ、ヘンリー王子にボディタッチ… ロイヤル・プロトコルを破ったメーガン妃とイギリス王室の“摩擦”

公務にジーンズ、ヘンリー王子にボディタッチ… ロイヤル・プロトコルを破ったメーガン妃とイギリス王室の“摩擦”

©iStock.com

 伝統的な王室のプロトコル(儀礼)を無視した振る舞いがたびたび批判の対象になってきたメーガン妃。一方でホームレスの支援や女性の地位向上に積極的に参加する活動家としての一面は高く評価されている。

 ここでは、日本テレビ放送網・前ロンドン支局長の亀甲博行氏による著書『 ヘンリー王子とメーガン妃 英国王室 家族の真実 』(文春新書)を引用。メーガン妃が慈善活動に積極的に参加するきっかけになった幼少期の出来事を紹介する。(全2回の1回目/ 後編 を読む)

◇◇◇

■田舎町にも「メーガン効果」

 イギリスには珍しい、近代的で巨大な橋が見えてきた。イメージ的には横浜のベイブリッジに近い。私たちは車で幹線道路のM4を西に向かっていた。

 早朝にロンドンを出てから3時間あまり。まるで海かと思うほど広いセヴァーン川を越えると、車はイングランドからウェールズへと入った。渋滞もなく単調なドライブに車内の会話は停滞気味だが、目指す町はまだ180キロ先。長い道のりだ。

 2018年4月、この日向かったのはウェールズ西部の海沿いの町、カーディガン。最寄りの駅からも車で1時間ほどかかる田舎町だ。私はそれまで名前を聞いたこともなかった。カーナビを頼りに走っていると、やがて道幅は対向車とすれ違うのも難しいほど狭くなってきた。畑の中を伸びるのどかな道は、車より馬車が似合いそうなくらいだ。

 目指す工場はカーディガンの町の外れにあった。工場の前に停められた、従業員のものらしき車は15台ほど。思ったよりも小規模だ。

「ヒウト・デニム(Hiut Denim)」という看板が掲げられたこの田舎の工場に、メーガン妃が大きな影響を与えていた。

 イギリスでは「メーガン・エフェクト」、日本語にすると「メーガン効果」という言葉がある。これはメーガン妃が公務などで身につけた衣類が、あっという間に売り切れてしまうことを指した造語だ。もともとは、キャサリン妃が身につけたものが売り切れ続出となることを指す「キャサリン効果」という言葉があり、それをもじったものだ。

■テレグラフ紙の記者からの注文

 婚約を発表したメーガン妃は、まだ結婚前にもかかわらずヘンリー王子とともに積極的に公務に出席していた。2018年1月にはウェールズのカーディフ城を訪問。このときロイヤルファミリーには珍しく黒いジーンズを穿いていたが、その映像がニュースで流れたところ、メーカーに注文が殺到し一瞬で売り切れてしまった。そのジーンズを作っていたのが、ヒウト・デニムだった。

 工場の中に入ると、天井の高い開放的な空間にたくさんのミシンが並んでいる。作業しているスタッフの横にはジーンズが山積みにされ、1本1本、手作業で作っているようだ。工場というよりは工房という方がイメージに近いかもしれない。日本では馴染みがないが、ヒウト・デニムはイギリスでは知る人ぞ知る、高級ジーンズブランドだ。

 共同創業者であるハイアットさんに話を聞いた。オシャレなジャケットとメガネが印象的な男性だ。

「ちょうど最後の1本ですよ」

 そう言いながら棚からとって見せてくれたのは、メーガン妃が公務で穿いていたものと同じモデルだ。黒でハイウェストのスキニージーンズは、185ポンド(約2万8000円)。

 最初に電話がかかってきたのは、イギリスの「テレグラフ」紙の記者からだったという。

■イギリス王室入りするメーガン妃の配慮

「メーガンさんが公務で穿いているのはそちらのジーンズですか? と聞かれました。それで、彼女が私たちのジーンズを穿いたことを知りました」

 ハイアットさんによると事前に王室から連絡があり、メーガン妃がヒウト・デニムのジーンズを穿くかもしれないと伝えられていたという。しかしそれがいつなのか、あるいは本当に穿くのかは知らされていなかった。どういう電話だったのか、さらに詳しく聞こうとしたが、それ以上は教えてくれなかった。王室とのやりとりには、いろいろ制限があるようだ。

 メーガン妃が穿いたジーンズは私たちが訪れたときもまだ人気で、1500人が注文待ちをしており、今注文しても届くのは3ヶ月後ということだった。

 なぜメーガン妃はわざわざヒウト・デニムのジーンズを選んだのか。

 製造業が衰退しているイギリスでは、衣類などの製造は海外で行う企業がほとんどだ。たとえばジーンズの場合、イギリス国内で生産しているブランドはヒウト・デニムともう1社しかないのだという。ウェールズを初訪問する際に、わざわざウェールズで生産されている数少ない“メイド・イン・UK”のジーンズを選んだところに、イギリス王室入りするメーガン妃としての配慮がうかがえる。

■一時は新たな雇用まで創出した「メーガン効果」

 ヒウト・デニムがわざわざ辺鄙なカーディガンに工場をおいているのには、理由がある。もともとカーディガンには、イギリスの人気スーパーであるマークス・アンド・スペンサー向けのジーンズ工場があったという。しかしやがて工場は閉鎖され、ジーンズ職人たちは仕事を失ってしまった。そこに目を付けたヒウト・デニムが、彼らを雇用して新たに工場を作ったのだ。

 ヒウト・デニムはオンライン販売に特化しており、実店舗を置かない戦略をとっている。そのため工場が田舎にあっても全く困らないのだという。まさにインターネット世代の典型的な成功例だと感じた。

 注文待ちが続いていることを受け、ヒウト・デニムでは従業員を増やすことを計画しているという。1本2万8000円のジーンズを売り切れさせるだけでなく、新たな雇用まで創出する。メーガン効果、出来すぎの感すらある。

■ボディタッチとジーンズはNG

 しかし、メーガン妃も人の子、完璧ではない。

 話を聞いたのはウィリアム・ハンソン氏。30歳前後と若いが、イギリス王室伝統のエチケットの専門家としてイギリスメディアではおなじみの存在だ。エチケットの専門家だけあり、スリーピースのスーツをばっちりと着こなしている。髪もきれいになでつけていて、こちらがそういう目で見ているだけかもしれないが、実に品がよく見える。

「メーガン妃がよくヘンリー王子と手をつないでいる姿を目にしますが、伝統的な王室のプロトコル(儀礼)では人前で手をつなぎません」

 公務などの際、ヘンリー王子とメーガン妃が手をつないでいる姿がとにかく目立つ。ロイヤルウェディングでも、メーガン妃は礼拝堂で式の間ずっとヘンリー王子の手を握っていたが、これはイギリス王室ではマナー違反だという。たしかにエリザベス女王とフィリップ殿下、あるいは兄ウィリアム王子とキャサリン妃でさえ、人前では基本的に手をつながない。

 アメリカ出身のメーガン妃はボディタッチについての感覚が違うのだろう。ヘンリー王子の公務に同行し始めた当初は、一般の人と気軽にハグをし、批判されたこともあった。

 イギリス王室のプロトコルは厳しく、たとえばエリザベス女王の体に触れることは認められていない。2017年にカナダのジョンストン総督が、階段を降りようとした女王の腕をとったところ、批判されてしまった。足元が悪かったため女王がつまずかないようにという配慮だったが、とにかく体に触れてはいけないのである。

 ハンソン氏はさらに、メーガン効果を生み出したあのジーンズについても指摘した。

「ロイヤルファミリーは公務の際にジーンズを選びません」

 そしてこう付け加えた。

「ロイヤル・プロトコルとはつまり、前例を踏襲することです。メーガン妃が自分のやりたいように振る舞ってしまうと、いろいろ問題も起きてしまいます」

■自分で車のドアを閉めることが非難の対象に

 ロイヤルウェディング後もこんなシーンがあった。

 単独で公務に臨んだメーガン妃が、車から降りた際に自分でドアを閉めたところ、大きなニュースになったのだ。自分でドアを閉めるとは、なんて庶民的なんだという好意的な記事かと思ったら、そうではなかった。ロイヤルファミリーは自分でドアを閉めないし、閉めてしまうとドアを閉める人の仕事を奪ってしまう、という批判的な記事になっていた。

「自由の国」アメリカから、イギリスのなかでも最も伝統的な王室に入ったメーガン妃の気苦労は想像に難くない。

■メーガン妃につきまとう「冷たい女」のイメージ

 とはいえ、「年上、バツイチ、黒人系」のため、王室入りにはハードルがあると指摘された割には、メーガン妃はスムーズに王室の生活に溶け込んだように見えた。その言動も優等生そのものであり、結婚当初はイギリスメディアの受け止め方も好意的だった。

 その一方で、メーガン妃を巡ってはある評価がつきまとっている。それは「過去を切り捨てる冷たい女」だというものだ。とくに、異母姉であるサマンサ・マークルさんら親族に対するドライな対応は、私の目から見ていても普通でない印象を受ける。はたして「冷たい女」というイメージは、どうして生まれたのだろうか。

 レイチェル・メーガン・マークルは、1981年8月4日、アメリカ・ロサンゼルスで生まれた。ヘンリー王子より3歳年上である。

 一般的に彼女は「メーガン・マークル」として知られているが、実は「メーガン」はミドルネームである。本来なら「レイチェル・マークル」と呼ばれるところだが、本人は「メーガン・マークル」として活動している。なぜファーストネームでなくミドルネームを使っているのかは不明だ。「子供のころからメーガンと呼ばれていた」「芸能人が名前を変えるのは珍しいことではない」などと説明している記事もあるが、ちゃんとした答えになっていない。

 王室のルールでは、結婚後はキャサリン妃のようにファーストネームで呼ばれる。そのため正式には「レイチェル妃」が正しいのだが、異例なことに「メーガン妃」となった。よほど「メーガン」という名前に愛着があるのだろう。ちなみに彼女がドラマ「SUITS」で演じていたキャラクターはレイチェル・ゼイン。まさかの同一ファーストネームであった。

 メーガン妃の父親はトーマス・マークルさん。アイルランドとオランダにルーツを持つアメリカ人である。母親はアフリカ系アメリカ人のドリア・ラグランドさんだ。

 2人が出会った時、トーマスさんは人気テレビドラマのスタジオで照明ディレクターをしており、ドリアさんはそのスタジオに臨時で雇われていた。当時トーマスさんは最初の妻のロズリンさんと離婚しており、息子のトーマス・ジュニアと娘のサマンサがいた。のちにメディアを騒がせることとなる、メーガン妃の異母兄と異母姉である。

 トーマスさんとドリアさんは恋に落ち、1979年に結婚。その2年後にメーガン妃が生まれた。

■母に対する絶大な信頼

 トーマスさんの照明マンとしての仕事は順調だったようで、テレビ業界にとってのアカデミー賞であるエミー賞を受賞したこともあった。一家はロサンゼルス郊外のセレブに人気のある地域に住み、比較的裕福だったという。

 しかし結婚は長く続かなかった。メーガン妃が6歳の時に両親は離婚し、メーガン妃はドリアさんに引き取られた。

 その後ドリアさんはシングルマザーとして南カリフォルニア大学を卒業し、ソーシャルワークの修士号を取得。高齢者を対象にしたセラピストとソーシャルワーカー、さらにヨガインストラクターとなった。メーガン妃が母に絶大な信頼を置いているのは、自分を育てるために苦労してきたその姿をずっと見てきたからだろう。

■11歳でCMに抗議の手紙

 幼少期のメーガン妃を語るうえで有名なエピソードがある。11歳の時、小学校の社会科の授業でP&Gの食器洗い用洗剤のCMを見た時のことだ。CMにはこんなフレーズがあった。

「アメリカ中の女性が油まみれの鍋と格闘しています」

 そこで我が社の洗剤を使えば油との格闘ともオサラバ、というCMだったが、メーガン妃にとってこのCMは、女性は台所にいるものだ、と定義しているように感じられた。

 疑問に思うだけでなく、メーガン妃はある行動に出た。当時のファーストレディであるヒラリー・クリントンとP&Gに対し、抗議する手紙を書いたのだ。すると、その後1ヶ月もしないうちに、そのCMは「女性」という言葉が「人々」に変わったという。

 メーガン妃はのちにこう語っている。

「私なんかでも声をあげることで、社会を少しでも変えることができるんだと知りました」

 女性の権利について活動することになる、彼女の原点となった出来事だった。

?

《第二子懐妊》アーチーくん出産直後…ヘンリー王子夫妻がメディアに伝えた「あるまじきウソ」 へ続く

(亀甲 博行/文春新書)

関連記事(外部サイト)