「鍵屋を監禁して教えさせた」事務所破りで10億円を盗んだ半グレ「怒羅権」元幹部のピッキング技術

「鍵屋を監禁して教えさせた」事務所破りで10億円を盗んだ半グレ「怒羅権」元幹部のピッキング技術

半グレ集団「怒羅権」の創設期のメンバーだった汪楠氏 ©?藤中一平

「刀を振り下ろすと、ホースで水をまくように大量の血が…」なぜ私はヤクザの腕を日本刀で切り落としたのか から続く

 ヤクザの腕を日本刀で切り落とし、窃盗グループを率いて数億円を荒稼ぎ――。1980年代後半に中国残留孤児2世、3世を中心に結成され、その凶悪さから恐れられた半グレ集団「怒羅権」。その創設期のメンバーで、13年間刑務所に服役した筆者・汪楠(ワンナン)氏の著書『 怒羅権と私 創設期メンバーの怒りと悲しみの半生 』(彩図社)が話題だ。

「包丁軍団」と呼ばれた怒羅権の荒れ狂った活動の実態から、出所後に犯罪から足を洗い、全国の受刑者に本を差し入れるプロジェクトを立ち上げるまでの壮絶な人生を描いた汪氏の自伝から、一部を抜粋して転載する。(全3回の3回め/ #1 、 #2 を読む)

◆◆◆

■怒羅権の「シノギ」は何だったのか?

 怒羅権メンバーのシノギは、ミカジメや薬物関係、債権回収、詐欺、人身売買など、多岐に亘りました。その手口や詳細は人によって異なるのでここでは触れませんが、私自身のシノギについてはいくつか語りたいと思います。

 先述の通り、私は怒羅権とヤクザの二足のわらじを履いていました。ヤクザとしてのシノギとは別に、怒羅権として事務所破りと詐欺、風俗店経営などをしていました。

 事務所破りの一部始終は、例えば次のようなものです。

 あるとき、東京から3時間程のところの都市に、私とヤンさんと日本人の運転手Hさんの3人で行きました。午後9時頃から仕事を始めました。ちょうどオフィスから人が居なくなる時間帯で、町にはまだ人出がありますが、サラリーマン風のスーツを着れば目立つこともなく、ごく自然にオフィス街を物色できるのです。

 とあるマンションの管理室にピッキングで侵入しました。そして、まもなく机の引き出しから駐車料金を管理する銀行口座通帳を見つけました。さらに奥の休憩室からは、無防備にも暗証番号の付箋が貼られた10枚近くのキャッシュカードが見つかりました。

 通帳をチェックしてみると、残高の合計は200万円程。運転の報酬としてHさんに5万円、ATMで現金を引き出す役割のヤンさんには50万円、残りの約140万円が私の取り分となります。しかし、これでは少なすぎます。結局、カードだけを抜き取り、侵入した痕跡を消し、ピッキングで再び施錠して次の現場に向かいました。

■盗みのプロ「ヤンさん」の慎重さと記憶力

 次に侵入したのは立派な自社ビルをもつ建材屋でした。社長室は豪華な応接セットや調度品で埋め尽くされていましたが、経理の書類は見当たりません。社内を捜索していくと、卓上にスタンプ台や電話が置いてある、ひと目で経理担当とわかる机を見つけました。近づくと、机の脇に高さ1メートルほどの据え置き金庫があることに気づきました。

 ヤンさんが経理の机を物色し始めます。ヤンさんはまったく日本語をしゃべれませんが、盗みのプロです。通帳と小切手と手形を見分けることに長けているうえ、物色した痕跡を残さない訓練も受けています。私たちは忍び込んだ会社の机で書類を偽造することがたびたびありますが、彼は1ミリもたがわずに卓上の備品をもとの配置に戻せる慎重さと記憶力をもっています。

 ヤンさんが狙っていたのは通帳、小切手、手形、さらに金庫のダイヤル番号でした。経理業務をするうえで、必ず金庫の周りにカギもしくはダイヤル番号が隠されていることを、私たちは知っています。

 残念ながらカギもダイヤル番号も見つけられませんでしたが、この会社にとっても不運がありました。それはこの金庫の錠前がピンタンブラー錠の中でもアンチピック仕様ではない、簡単に開けられるタイプだったことです。

 私がピッキングを開始してわずか1分程で、錠前にかけたテンション(ピッキングツール)から手応えを感じました。ヤンさんにOKのサインを送ると、彼はニコっと笑ってそばに寄ってきました。金庫を開き、物色を始めました。

■残高1億円以上の通帳から、どうやって金を引き出すか

 金庫を物色するときに欠かせないのはダイヤル番号を解析することです。これがわからないと金庫を締めることができず、犯行が発覚しやすくなります。

 金庫扉の内側の板を外してダイヤルを覗き込むとすぐにわかったので、携帯電話のメモ帳に控えました。慎重に作業を続け、30分もかかってやっと現場から出ることができました。

 盗み出したのは合計3冊の通帳と何枚かの書類です。

 通帳の残高は1つが1億円以上、残り2つは2000万円未満でした。

 書類は銀行で預金を払い戻すときに提出する払戻請求書です。口座名義人のゴム印を押しであるものと、押していないものをそれぞれ数枚盗みました。

 また、そのゴム印をただ押してあるだけのメモ1枚も確保しました。これがあれば簡単にゴム印を複製できます。本来、銀行印さえあっていれば預金は引き出せますが、この会社はゴム印を常用しているように思えたので、銀行から不審がられるのを警戒してのことです。

 ピッキングで金庫、机、そして出入口の錠を施錠して、残業上がりの従業員のように堂々と正門から表に出ました。東京へ戻る道中、40代の男性Sさんと30代の女性Kさんに預金の引き出しを依頼しました。

■翌日には「犯行が発覚したか現場に戻って確認」

 翌日、午前8時に出社があると見越して、午前7時30分に我々3人は再びその会社へ行きました。犯行が発覚したのかを確認するためです。会社の前は静かで、パトカーの姿もなかったので安心しました。

 その後、合流したSさんにさっそくA銀行に行ってもらい、口座Aから500万円を引き出してもらいました。銀行印はみつからなかったので、偽造したものを使うことになりましたが、若い女性行員は目だけで確認し、真贋を疑うよりも仕事を迅速に処理することに気をとられ、とてもスピーディーに現金をさし出してくれたそうです。

 これで気をよくした私たちは、Sさんに別の支店で口座Bから800万円を引き出してもらいます。そうこうするうちにKさんが到着したので、会社員に扮して口座Cから1000万円を引き出してもらいました。

 銀行側の記録によると最終引き出し時刻は午前11時5分なので、昨晩から数えてわずか14時間で我々は2500万円の犯罪利益を得たことになります。さらにこの日の夜、再び同じ会社に侵入し、500万円を引き出した口座Aの通帳を金庫に戻し、内部犯行を装う工作をし、翌日になって再び口座Bから1000万円、口座Cから1800万円を引き出しました。

 このようなことを繰り返して、私は数年の間に10億円近くを稼ぎ出しました。

 当時の私は非常に羽振りがよく、高級ホテルを泊まり歩き、「会社経営者」の肩書でレストランに出向き、数十万円のワインを次々と開けたものでした。友人の子どもの誕生日に遊園地を借り切って遊んだこともあります。とにかくカネが入ってくるので、万能感に満ちていました。

■ピッキング技術は「鍵屋を監禁して教えさせた」

 事務所破りを立て続けに成功させられた要因の1つに、私のピッキング技術があると思います。

 そのような技術をどのように身につけたかというと、当時は営利誘拐をよくやっていたので、同じ要領でまず「車の鍵が壊れた」と言って鍵屋を呼び出し、銃を突きつけてさらったのです。そしてアジトに監禁し、「お前がもっている技術をすべて教えて欲しい」と頼みました。この際、「1週間だけ時間をやる」と伝えたのですが、人というものは命の危険を前にすると死にものぐるいになるもので、彼は本当に熱心に解錠技術のすべてを教えてくれました。

 彼がいうには、私は才能があるとのことです。

 確かに、ほとんどの鍵は数分で開けられるようになりましたし、鋼の板と糸ノコギリ、サンダー(研磨機)さえあればどんな鍵でも複製することができました。

 後に私は逮捕されることになりますが、私の技術に警察や刑務所の技官たちは舌を巻き、「校長」というあだ名をつけられたほどです。犯罪の校長ということですから、名誉ある呼称とは言えないかもしれませんが。

 どんな鍵でも開けてしまうので、刑務所の職員たちは私を非常に警戒していました。一度など、警察署の武道場を借り切って、刑務所で使用している鍵を用意し、私が実際に開けられるかどうかのデモンストレーションをさせられたこともありました。初めて見るタイプでしたが、私は苦もなく開けることができました。

 これは彼らにとって衝撃的なことだったらしく、私が収監されることになった刑務所では、特別な予算を組んで、クリップをピッキングに使えない特殊なものにしたと聞きます。

 また、私が逮捕された後の2003年に特殊開錠用具の所持などを禁止する「ピッキング防止法」が生まれますが、それは私の影響が大きかったのではないかと思っています。

 ピッキング以外にも、さまざまな泥棒の手口を学び、自分自身でも考案しました。

 いくつか例を挙げたいと思います。

■火災報知器にカメラを仕込んで「金庫の番号」を盗み見る

 自動車は盗難防止のために振動や衝撃を与えるとけたたましいアラームが鳴るようになっていますが、これを回避する方法があります。というのは、自動車はある種の振動にはアラームが鳴らないのです。それは地震です。確かに、地震大国の日本で地震のたびにアラームが鳴っていたら、街中がうるさくてやっていられないでしょう。

 地震というのはP波とS波という特殊な波を発生時に生み出すのですが、当時、車の警報機はこの波のパターンだけには反応しないようになっていました。そこで、このP波とS波と同じパターンの波を生み出す機械を使うことで、車を安全かつ簡単に盗むことができました。

 盗聴や盗撮の技術も磨きました。この頃の秋葉原には、犯罪にしか使いみちのないような電気部品を売る店がたくさんあり、集音マイクや小型カメラなど、役に立つものが簡単に手に入ったのです。そうした道具に詳しいマニアたちと友達になり、さまざまな改造方法を学び、犯罪に応用しました。

 例えば、ある会社に空き巣に入る計画をたてると、高性能の指向性マイクをつかって社内の音を徹底的に集めます。というのは、高齢な経営者に多いのですが、金庫をあけるときにわざわざ番号を口に出していう者がいるのです。それを聞くことができれば後は簡単で、夜間にピッキングで侵入し、金庫を開けるだけです。

 火災報知器に隠しカメラを仕込み、会社の人間が金庫を開けるときの手元の動きをすべて撮影してしまうということもやりました。報知器に仕込めるくらい小さなカメラだとピント合わせに難があるのですが、改造を繰り返し、どんな角度や距離でも金庫の番号がはっきりと見えるカメラをつくりだしたのです。

 いずれも当時としては斬新な手口で、裁判ではどのように犯行に及んだのかを追及されることになりますが、私の答弁は大いに注目を集めました。

(汪楠/Webオリジナル(特集班))

関連記事(外部サイト)