史上初の“オンライン被災地お見舞い”で懇談3時間…令和皇室の改革と、懸念される「雅子さまのお疲れ」――文藝春秋特選記事

史上初の“オンライン被災地お見舞い”で懇談3時間…令和皇室の改革と、懸念される「雅子さまのお疲れ」――文藝春秋特選記事

「新年祝賀の儀」のため皇居に入られる両陛下 ©時事通信社

「文藝春秋」2月号の特選記事を公開します。(初公開:2021年1月31日)

 天皇皇后両陛下は1月27日午後3時10分、お住まいの赤坂御所で、昨年7月の豪雨で65人が亡くなるなど、大きな被害を受けた熊本県の被災者をオンラインで見舞われた。  

 昨年、新型コロナウイルス拡大のため現地訪問を見送られたもので、オンラインで被災者を見舞うのは初めてだった。

 両陛下は、独自のコロナ緊急事態宣言を発令した蒲島郁夫知事から現在の再建状況や氾濫した球磨川の治水対策の説明を受けられた後、甚大な被害を受けた人吉市、八千代坂本町、球磨村、芦北町の4カ所をオンラインで結ばれて、各市町村長や代表の被災者6人に言葉を掛けられた。

■コロナ終息を願われる強いお気持ち

 皇后雅子さまは、琢磨村で仮設住宅に住んでいる被災者の女性に「お家が全壊と伺っていますが大変でしたね。生まれ育ったお家には思い出もたくさん詰まっていたでしょうし、さぞ胸を痛められたと思います」とモニター越しに心を寄せられた。

「両陛下は、消防航空隊やボランティアなどにも声を掛けられ、終了したのは約3時間後でした。通常の行幸啓と違って移動はないものの、オンラインによる対話の難しさが皇后さまのお疲れにならなければいいのですが……」と宮内記者は語った。

 令和3年の正月は一般参賀が中止になったことから、陛下は歴代で初めて新年のビデオメッセージを国民に向けて発表された。皇后雅子さまと並んで画面に向かわれ、「今年が皆さんにとって、希望を持って歩んでいくことのできる年になることを心から願います」と述べられた。

 雅子さまも「今年が、皆さまにとって少しでも穏やかな年となるよう心からお祈りいたします」と語った。

 6分45秒に込められたメッセージは、両陛下がコロナ終息を願われる強いお気持ちが感じられるものだった。

 新年に発表された写真は昭和30年代から昨年まで続いていたご家族の集合写真とは異なり、天皇ご一家と秋篠宮皇嗣ご一家、上皇上皇后陛下ご夫妻が別々に撮られた例のないものだった。

 コロナ禍によって、令和皇室の変革が様々なところで見て取れるようになった。

 上皇上皇后両陛下は「国民と寄り添う」ことを大切になさって来られたが、両陛下はさらに「国民の中に入っていく」ことを望まれていらっしゃるという。だが、あいにく新型コロナ感染拡大のために、昨年は地方へのお出ましの殆どが延期か中止となってしまったことから両陛下のお姿を見る機会がほとんどなかった。

■コロナ禍をどのようにお過ごしになっているのか?

 天皇ご一家は、コロナ禍をどのようにお過ごしになっているのか――。昨年春頃には、このような声をよく耳にするようになったが、実際の両陛下は、御所の中から「国民の中へ」入っていこうとされている。そのご様子を取材して、「文藝春秋」2月号に「 天皇皇后両陛下『オンラインの行幸』 」として執筆した。

 4月に第1回目の緊急事態宣言が出てからの両陛下は、精力的にコロナ関連のご進講を受けられた。専門家による国内外の感染状況や経済への影響、感染拡大によって影響を受ける医療体制や保育、介護など、現状を知る関係者から話をお聞きになっていた。

 両陛下はご進講の時には、メモを取られることが多い。マスクをされてご熱心にメモを取られるお姿は、上皇上皇后の時代には見られなかったから、これも“令和流”と言っていいかもしれない。そのメモは皇太子同妃両殿下時代から数えると何百冊にもなると言われた。

■史上初となる“オンライン行幸”

 史上初となるオンラインによる行幸は「立皇嗣の礼」(11月8日)の後から本格的に導入されていった。決して早い対応とはいえなかったが、宮内庁はオンライン活用を慎重に行う必要性も訴えていた。

 11月18日、両陛下は赤坂御所からオンラインで東京の日本赤十字社医療センターの院内をご視察。その後、北見、福島、沖縄の赤十字病院をオンラインで結んで、各病院の準備態勢や状況等をお尋ねになった。皇后雅子さまは、日本赤十字社の名誉総裁を務めておられることから、病院の活動には従来からご関心が深かった。

 両陛下とオンラインで対話した看護師の一人は、「本当はもっと近くでお聞きになりたいんだろうなという熱意を画面越しに感じました」と感想を語っていた。

■「再び皆さんと直接お会いできる日を心待ちにしています」

 オンラインによるご訪問は、高齢者関連施設でも行われ、体操の様子などを画面から視察なさった。参加者に健康の秘訣をお聞きになったり、昨年7月に大分県内を襲った豪雨災害やコロナ禍での生活に声に耳を傾けられたりした。

 両陛下は、オンラインによる公務だけではなく12月には、久しぶりに国会議事堂で開かれた「議会開設130年記念式典」(11月)にご出席。さらに翌月には、都内のホテルで開催された国際会議へもご臨席された。

 今年もオンラインを活用されながら、ご公務を続けることになるだろう。

「再び皆さんと直接お会いできる日を心待ちにしています」

 という陛下の新年のおことばは、今も私たちの心に残っている。

◆ ◆ ◆

 これまであまり報じられることのなかった両陛下のコロナ下でのご活動を丹念にフォローし、その内幕まで取材した友納尚子氏の「 天皇皇后両陛下『オンラインの行幸』 」全文は、「文藝春秋」2月号および「文藝春秋digital」に掲載されている。

(友納 尚子/文藝春秋 2021年2月号)

関連記事(外部サイト)