腹にぐるぐる巻きにしたさらしに二丁のピストルが… 小沢一郎への裏献金を証言した水谷功とやくざの“蜜月”

腹にぐるぐる巻きにしたさらしに二丁のピストルが… 小沢一郎への裏献金を証言した水谷功とやくざの“蜜月”

©iStock.com

水谷利権をめぐる20億円の裏金捜査のはずが… 福島県知事汚職事件が特捜の“大汚点”となった顛末 から続く

 一般には知られていない中堅ゼネコンの社長にもかかわらず、永田町では知らぬ者のいない有名人だった男が2020年12月17日に帰らぬ人となった。その男の名前は水谷功。小沢一郎事務所の腹心に次々と有罪判決が下された「陸山会事件」をはじめ、数々の“政治とカネ”問題の中心にいた平成の政商だ。

 彼はいったいどのようにして、それほどまでの地位を築き上げたのか。ノンフィクション作家、森功氏の著書『 泥のカネ 裏金王・水谷功と権力者の饗宴 』より、芸能界でも幅を利かせていた男の知られざる正体に迫る。(全2回の2回目/ 前編 を読む)

◇◇◇

■きれいごとでは済まへんのや

「こういう業界におりますと、やはりやくざや裏社会の人たちとの接点もあります。現実に、命を狙われた経験もあります」

 福島県知事汚職の端緒になった脱税事件の公判で水谷功は、代理人弁護士の質問にこう答え、涙した場面があった。水谷は政官界の狭間を泳いできただけではない。裏社会とも密接な関係を保ってきた。

「きれいごとでは済まへんのや。仕事をスムーズに運ぶためにはね。必要な部分もあるんです」

 私にも、何度かこう話した。実際、当人には強烈な体験もある。公判で話した強烈な体験談は、まさに急成長を遂げた水谷が、東北に打って出ようとしていたそんな矢先の出来事だ。

「ほんと、あのときは参りましたよ。何にもわけがわからないのに、とにかく相手にチョコレートとネクタイを持って挨拶に行ってくれ、ですからね。でも、まさかあんな目にあうなんてね。ほら、この日です」

■「チョコレートを持って様子を見てきてくれんか」

 トラブルに巻き込まれた水谷建設の取引企業の女社長がそう言いながら、数枚の領収書のコピーを持ち出してきた。一つはJR品川駅で発行された新幹線の領収書、桑名市内にあるビジネスホテルの支払い明細やタクシーのレシートもある。領収書の日付はいずれも2005年2月15日となっている。JRの領収書には1万4270円と記されているから、通常の品川―名古屋間の新幹線指定料金ではない。グリーン車のチケット料金だろう。女性社長の言葉どおり、日付はバレンタインデーの翌日だ。

「チョコレートを持って様子を見てきてくれんか」

 彼女は水谷功からそう指示された。だが、バレンタインデー・プレゼントどころの話ではなかった。

 女社長は水谷に指定された事務所にタクシーで向かい、その玄関ドアを開けた。桑名市内のオフィスだ。ところが部屋のなかは薄暗くて静まり返り、人の気配がしない。仕方なくそのまま目を凝らしてよく見ると、事務所の奥に男がいた。2月6日に64回目の誕生日を迎えたばかりのその男、北条敏行(仮名)は、ひと目で暴力団組員だとわかる。年齢よりずっと若く見え、精悍な空気を放っている。その北条の鋭い視線が、彼女の身体を貫いた。

 何気なく腹に目をやると、頑丈にさらしが巻かれている。刃物を通しにくくするためだろうか。週刊誌を下敷きにし、その上からさらしをぐるぐる巻きにしていた。おまけに白いさらしには、2丁のピストルが差し込まれている。薄明りをバックに黒光する拳銃を差した北条がこちらを睨みつけたまま、文字どおり仁王立ちしていた。女社長が振り返る。

「まさに凍りついたというのは、あのときのことです。たぶん北条は、水谷功会長が暴力団を雇って自分を襲わせてくる、とでも考えたのでしょう。まさに臨戦態勢ととっていました。本当に撃ちあうつもりのようで、すごい形相をしている。それはもちろん恐ろしかったですよ。けど、あのくらい切羽詰まっていると、逆に落ち着くものかもしれませんね。それから3時間ぐらい、彼をなだめすかしたりしながら、話し合いをしました」

 まるでVシネマに登場しそうなワンシーンである。

■封印された銃撃事件

 ことの発端は、地元三重県内の暴力団組織「愛櫻会」幹部とのトラブルだった。水谷建設では04年から05年にかけ、地元であるJR桑名駅前の再開発を計画し、かつての「パルビル」を18階建ての「サンファーレ」に建て替えようとした。もともと北条自身が他のゼネコンと組んで駅前の再開発計画を進めていたのだという。そんな折、水谷建設がビルの解体を始めた。そうして愛櫻会の幹部と衝突したのである。再びトラブルに巻き込まれた取引業者が恐怖体験を思い起こす。

「はじめ水谷会長の意向を受け、この件で奔走していたのは、元三重県知事の北川正恭事務所の秘書だった森岡一智さんでした。北川事務所を辞めた森岡さんが、こうした水谷会長の裏仕事を手伝うようになっていたのです。そのなかの一つである桑名駅前の再開発で、地元の愛櫻会と揉めたわけです。しかも、あろうことか森岡さんは、その対抗手段として山口組系の有力組織に相談した。それで愛櫻会の北条が、『許せん』となった。そこから森岡さんや水谷会長をつけ狙うようになったそうです。相手は本気でした。で、『私に免じてちょっと待ってください』と、となりすしかないでしょう。取りあえず金で解決しようとなんとか一時しのぎをしたのです」

 彼女はこのあとすぐに水谷建設の経理担当役員に相談し、ひとまず北条へ1千万円を支払った。あとの金は交渉次第、ということでいったん折り合いをつけたという。だが、それでは北条の腹の虫がおさまらなかったのだろう。執念深く水谷建設に迫った。

「この年(05年)の3月はじめには、水谷会長の還暦祝いを開く予定でした。そんなところにヤクザに乗り込んで来られては大変だ、と社内は大慌てでした。とくに川村尚社長が真っ青になっていました。やがて『奴はまだ水谷を殺すと言っているんです。なんとかなりませんか』と川村社長から私に電話が入るようになりました。それで私がまたしても交渉役になって、還暦祝いまで、と北条に『あとの金は3カ月くらい待ってほしい』と頼んで時間稼ぎをしていました」(同前)

 こうして3月の還暦祝いが無事済んだ。しかし、北条本人は3カ月の我慢ができなかったのかもしれない。そこから事件が起きた。

■金属音のような甲高い銃声

 5月23日朝8時過ぎのことだという。いかにも暴力団風の男が、とつぜん水谷建設本社にあらわれた。男は受付を横切り、役員応接室にずかずかと入り込んだ。応接室のソファーにどっかと腰掛け、そのまま動こうとしない。社内がてんやわんやになったのは、想像に難くない。やむなく、水谷功本人が総務の担当社員を連れ、役員応接室のドアをあけた。向き合ったとたん、北条が血相を変えてまくしたてた。

「こら、いつまで待たせるんじゃ」

 そう言うなり、腰かけた水谷の足元をめがけ、いきなり発砲した。手にしているのは小型のスミス&ウェッソンだ。

 パーン。金属音のような甲高い音が応接室だけでなく、社内に響き渡った。命中したのは靴からわずか3センチほどずれた床だ。弾はすんでのところで水谷の足から外れた。床に小さな穴があき、白い煙が立っている。すると、北条はもう一発、今度は天井に向けて発砲した。

■頑として被害届を出さない水谷功

 水谷建設の1階フロアーの応接室すぐそばには、受付がある。銃声は受付の女性社員の鼓膜を揺らした。恐怖にひきつった顔の受付社員が、思わず目の前の電話をとり、110番しようとした。それを見た財務担当役員が、とっさに受付嬢から受話器を引きはがす。受話器を奪い、慌てて電話を切った。だが、警察の110番通報は、瞬時に逆探知できるよう設定してある。折り返し警察からかかって来た。

「何かありましたか」

 そう聞かれ、役員がしどろもどろになる。

「いや、何でもありません、間違いです」

 しかし、それでおさまるはずがなかった。

 そして水谷功らに対する暴力団員の脅迫は、刑事事件に発展した。発砲事件の捜査は三重県警ではなく、警視庁が担当することになる。間もなく警視庁によって現場検証がおこなわれ、発砲の状況が明らかになる。

 しかし、水谷建設および水谷功はそれでもなお、頑として被害届を出さなかった。やはり報復が怖かったのだろう。そうして銃撃事件が不問に付されたのである。北条は恐喝と銃刀法違反容疑で逮捕され、服役した。

 水谷建設が発砲事件を伏せたのは、報復や世間体を気にしたせいだけではない。裏社会との蜜月に慣れているからだ。建設業界とアングラ勢力との腐れ縁は、そう簡単には断ち切れない。これ以上揉めないよう、手打ちしたつもりだろう。北条の逮捕後、水谷建設はその息子へ3800万円も支払ったという。

(森 功/文春文庫)

関連記事(外部サイト)