曲がった羊かん、重なったボックス、○△□…「どうなってんの!?」“ナゾの建物”

曲がった羊かん、重なったボックス、○△□…「どうなってんの!?」“ナゾの建物”

ホキ美術館

地面に突き刺さったクサビ状のコンクリート、曲面だらけのホテル…異様な存在感ほとばしる“ナゾの建物” から続く

 新型コロナウイルスの感染拡大で移動に制限がかかり、行動範囲がもっぱら自宅の近所だけ……ともなりがちなこの頃。家の周りを歩いているときに「あれ、こんな建物あったっけ?」とこれまで気がつかなかった風景を発見した人もいるのではないだろうか。それが奇抜な建物なら、なおさら印象に残るだろう。

 そんな、思わず二度見してしまうような不思議な建物を紹介しながら、豊富な写真と解説で「なぜ不思議なのか」「建築としてどこがすごいのか」を解き明かしていくロングセラー『 日本の不思議な建物101 』(エクスナレッジ)より、東京近郊の“ナゾの建物”を抜粋して紹介する。

(全2回の2回目。 #1 を読む)

◆◆◆

■曲がった羊羹のような物体

〈■ホキ美術館設計:日建設計竣工:2010年住所:千葉県千葉市緑区あすみが丘東3-15地上1階・地下2階〉

 空中に飛び出したキャンチレバー部は、約30m。曲がった羊羹のような物体が折り重なったような建物は、入口からひとつながりの一筆書きで巡ることのできる3層の美術館となっている。

 内部空間は写実絵画と鑑賞者が向き合えるよう、究極のシンプルさが追求された。跳ね出し部分を含む1階のギャラリーは100mにわたる鋼板構造で、主に溶接で組み立てられている。

 こうしてできた継ぎ目のない鉄の壁には、ピクチャーレールやワイヤーなしで絵画や説明の取り付けが可能になった。天井に開けられた無数の小さな孔には白色と暖色のLED展示照明が仕込まれているほか、空調システムも一体で組み込まれた。すべてに辻褄を合わせながらの大胆な形状で、建物自体がコレクションと言える。

■銀座の街中にそびえる2.5×2.5×4mのボックス群

〈■中銀カプセルタワービル設計:黒川紀章竣工:1972年住所:東京都中央区銀座8-16-10地上13階・地下1階〉

 銀座の街中にそびえる、鳥の巣箱が鈴なりになったような建物。ビジネス用セカンドハウスとして計画されたマンションで、エレベータシャフトとパイプスペースを含む2本の塔に140のボックスがボルト留めされている。

 1つ約2.5×2.5×4mのボックスはカプセルと呼ばれる部屋で、交換することを想定している。これは、ユニットを交換して新陳代謝できるという、メタボリズム思想の実践だ。

 中には当初、ユニットバスやベッドのほか、折り畳み机、テレビ、オープンリールのテープ・デッキなどが組み込まれ、レトロフューチャー感満載。

 ビルは幾度も建て替え話が持ち上がっては、保存運動もあってまとまらずに存続中。いつでも時代の先端を行く不思議建築だ。

■傾いてスライドする、斜め床の集合住宅

〈■SLIDE西荻設計:駒田建築設計事務所竣工:2009年住所:東京都杉並区地上3階・地下2階〉

 床といえば真っ平ら。人が過ごす住宅であれば、なおさらのこと。そんな既成概念を打ち壊すように、この建物ではコンクリート床が途中で斜めに迫り上がっている。外壁の大部分は床から天井までガラスであるため、1階分をつなぐ床の斜め具合が外にそのまま現れている。

 9戸からなる集合住宅で、平面図ではロの字をした単純なプラン。しかし中庭を取り囲みながら螺旋状に住戸が続き、1戸ずつ形状が異なる。

 いずれの住戸にもある傾斜には畳スペースや個室などが配され、幅広の階段がそれらの居場所をつないでいる。上のほうの住戸では、斜め床を登るとルーフバルコニーに。斜めの空間を行き来する、変化に富む日常がその先にある。

■誰がなんと言おうと、「◯□△」

〈■◯□△ハウス設計:石井和紘竣工:1987年住所:東京都江東区潮見1-5-6地上5階〉

 誰がなんと言おうと、◯□△。ここまで明快に実現するのは稀有な例だ。

 臨海部の運河近く、交差点に面した建物。その頂部に円柱、四角柱、円錐が載せられている。上階が賃貸住宅のこの建物、角は円弧を描き、住戸の間取りは扇状に広がって納められている。

 立体の内部も住戸部分。緑と青に塗られた外観は、何の違和感もなくコンビニエンスストアを飲み込んでいるが、グレーの立体の存在感の前には霞んでしまう。

 設計者の解説によると「殺風景なところで」「何とも惨めな状況を幾らかでも救い、住み手を元気づけるものとしたい」ことから、フランスのシャンボール城の列塔を引用。王宮の奢りをもたせたという。これが後に語り継がれる、江東のシャンボールの起源である。

写真=傍島利浩

◆◆◆

記事でご紹介した写真は こちら からすべてまとめてご覧いただけます。

【前編】を読む

(加藤 純,傍島 利浩)

関連記事(外部サイト)