ベトナム人窃盗団が「食物」を狙うようになった食欲ではない“意外な理由”《ナシ5000個、豚と牛は生きたまま》

ベトナム人窃盗団が「食物」を狙うようになった食欲ではない“意外な理由”《ナシ5000個、豚と牛は生きたまま》

逮捕されたベトナム国籍のグエン・トゥアン・アイン容疑者(ANNニュースより)

 収穫期直前のナシが忽然と消えた。警察当局が窃盗の疑いで逮捕したのはベトナム人窃盗団だった。新型コロナウイルスの感染拡大で困窮が広がっているともされる在日外国人。

 だが、ナシを食べても飢えがしのげるとは思えない。最近は豚肉を解体した疑いでも別のベトナム人グループが逮捕されている。なぜ、ベトナム人窃盗団は食物を追い求めるのか。

■ナシは5000個以上、豚など家畜は数千万円以上

 群馬県警の警察官のお手柄だったと言っていいだろう。

 すでにナシなどの果物の盗難被害が相次いでいた昨年10月、県警のパトカーが周囲の果樹園を巡回していたところ、突然、近くにいた男が逃走し始めたことから追跡。パスポートを携帯していなかった入管法違反容疑で逮捕したところ、果物窃盗に関与していたことが判明したという。

 その後の捜査で窃盗の共犯者や、ナシを転売していた関係者も浮上。県警は今年2月17日、関係先の家宅捜索に踏み切り、盗まれたナシだと知りながら転売した盗品等処分あっせん容疑で、ベトナム国籍のグエン・トゥアン・アイン容疑者(38)を逮捕。ナシを買った埼玉県内のベトナム人夫妻も逮捕した。グエン容疑者は容疑を否認しているという。

 県警の捜査では、ナシはSNSを通じて転売されていたとみられ、窃盗の実行犯と転売先の夫妻とは面識がなかったとみられる。

 群馬県内だけでも昨年1年間だけで約5600個(約113万円相当)のナシの盗難の被害届が出ている。昨年には埼玉県警がスイカ窃盗の疑いで別のベトナム人を逮捕。昨年は豚や牛などの家畜が生きたまま盗まれる被害も相次いでおり、北関東全体でその被害は数千万円におよぶとみられている。

■中国人を抜き検挙トップ 外国人万引きの6割

 ベトナム人による犯罪は、数年前から警察当局を悩ませてきた。2017年には、これまで検挙件数でトップを独走していた中国人を抜き、トップに。20年上半期では外国人の検挙件数のうち3割以上をベトナム人が占めた。

 厚生労働省が発表した20年10月末現在の外国人雇用の届出状況をみると、ベトナム国籍の労働者は中国籍を抜いてトップに立っており、在留数の増加に伴って犯罪が急増していることがうかがえる。

 ベトナム系犯罪者で特に目立つのは窃盗だ。外国人による窃盗事件の3割はベトナム国籍の犯罪者によるもの。万引きに至っては実に6割以上がベトナム国籍の犯罪者による。

 捜査関係者は「ベトナム人犯罪グループはもともと集団で万引きした商品を海外に密輸して転売する手口を得意としてきた」と話す。特に万引きのターゲットにされてきたのが化粧品だ。

 日数が経っても品質が下がらず、軽量・小型でしかも比較的高価。海外では日本製というだけで化粧品はかなり高額で売れる。

 海外に持ち出すルートも確立されていた。千葉県警や警視庁などが検挙した過去の事件では、国内で万引きされた化粧品は仲介者を通じてベトナムの航空会社の乗組員などの内部協力者に送られていた。

 乗組員らは一般客と違って持ち込み荷物の規制が緩い。化粧品を持ち込むだけなら軽いし、マージンを取ればいい小遣い稼ぎになる。こうして、盗まれた化粧品はひっそりと大量にベトナムに持ち込まれて転売されてきた。

■断たれた万引き化粧品密輸ルート

 これまで捜査関係者の間では「ベトナム人犯罪グループといえば商品の万引き」が相場だった。逆に、果物や豚肉の泥棒は昨年まであまり目立たなかった。なぜ、昨年になって突然、食物の窃盗が急増したのか。

 決して新型コロナウイルスによる困窮だけが理由ではない。困窮だけが原因ならむしろ、従来通り化粧品を盗んでいた方が割にあう。

 ここまで来れば、推理を働かせるのも許されるだろう。

 新型コロナウイルスの世界的な拡大は世界中の航空便の往来を激減させている。つまり、従来通り化粧品を日本国内で盗んでも、転売できる国外に運び出す手段が途絶えてしまっているのだ。

 ひるがえって、ナシや豚肉などの食物はどうか。いずれも在日ベトナム人SNSを通じ、国内で売買が完結する。しかも、日本国内に住むベトナム人が増えたことで、一定の需要も見込める。新型コロナウイルスに左右されない「手堅い」犯罪なのだ。

 新たな「金脈」を掘り当てたともいえる不良ベトナム人グループ。警察当局が捜査を拡充し、金脈の先に牢獄を用意しない限り、当面は続きそうだ。

(末家 覚三/Webオリジナル(特集班))

関連記事(外部サイト)