2000票差で初当選…1996年の国政選挙で繰り広げられていた“菅義偉”と“創価学会”の激突とは

2000票差で初当選…1996年の国政選挙で繰り広げられていた“菅義偉”と“創価学会”の激突とは

©iStock.com

「私は雪深い秋田の農家に生まれ、地縁血縁のない横浜で、まさにゼロからのスタートで政治の世界に飛び込みました」と語った所信表明演説で庶民派なイメージを振りまき、多くの国民から支持された菅義偉首相。しかし、その支持率は首相就任から日が経つにつれて下降の一途をたどっているのが現状だ。

 ここでは、ノンフィクション作家、森功氏の著書『 菅義偉の正体 』(小学館新書)を引用。菅義偉氏の本当の姿に迫るべく、国政選挙初参戦時の印象的なエピソードを紹介する。(第2回の1回目/ 後編 を読む)

◇◇◇

■最初の国政選挙

 菅義偉は、衆院に小選挙区制度が導入されて初めての総選挙となった96年10月、神奈川2区から出馬して初当選を果たした。

「もともと神奈川の衆院選挙事情からすると、菅さんが立候補できる余地はほとんどなかった。選挙法が改正され、小選挙区制が敷かれたからこそ、国政に打って出る芽が出てきたんです。そのへんも運の強い人だよ。小此木さんは中選挙区時代、ずっと旧1区で当選を重ねてきました。旧1区にはもう一人、文部大臣になった鈴木恒夫さんがいて、二人で目いっぱい。小此木さんは旧1区で息子の八郎にあとを譲ろうとしていたから、仮に中選挙区のままだったなら、菅さんは出られなかった」

 藤代が横浜の選挙事情を詳しく解説してくれた。小此木八郎は93年7月におこなわれた衆院選で、中選挙区時代の旧神奈川1区から出馬し、菅より一足先に当選した。八郎の選挙で菅は選挙事務所の事務長として奔走し、次に備えたと藤代が話す。

「小選挙区制になり、平成8(96)年の選挙で、横浜は1区から8区までに区割りされた。すると、基本的にどこでも出られる。自分にとって、どこがいいか、判断するだけです。それで、菅さんが手をあげた。八ちゃん(小此木八郎)が、神奈川区と鶴見区の3区をとったから、菅さんは2区を選んだ。1区は大蔵事務次官から代議士になった佐藤一郎の長男、佐藤謙一郎が強かったから、菅さんは2区を選んだのだと思います。その棲み分けについては、当人の希望に沿いながら市連で話し合われたはずです」

■“菅軍団”という人的ネットワーク

 影の市長と呼ばれるだけあって、菅は希望を通しやすかったのかもしれない。もともと菅の立候補した衆院の神奈川2区は、市議時代の選挙区だった西区が含まれる。菅が2区を選んだ理由は、市議時代と同じくここに相鉄グループの本社があるからだろう。もっとも衆院になると、選挙区は南区、港南区が加わりかなり広くもなった。市議時代は西区だけをカバーすればよかったが、そうもいかない。やはり衆院選では苦労もあったようだ。

 地元横浜には、菅軍団と呼ばれる市議や県議たちがいる。多くは菅事務所の秘書から政治家に転身している。たいていは菅が衆院選に初めて出馬したころから付き合ってきた。地元における菅の強みは、そうした人的なネットワークを張り巡らせていることである。

 菅事務所の秘書から神奈川県議になった横浜出身の加藤元弥もその一人だ。山梨学院大学を卒業後、地元の広告代理店に勤めているときから、菅の選挙を手伝うようになった。

■「最初の選挙は厳しい戦いでした」

「会社に入って僕は政治家の先生のところに営業し、仕事をもらっていました。広告代理店ですから、選挙のポスターづくりなどのお手伝いをするわけです。菅先生は選挙ポスターの写真などを撮るときもせっかちで、『ああ、これでいいよ』と頓着しないタイプでした。それで仕事として、どんどん選挙に関わるようになっていったのです。菅先生が2区を選んだのは西区の市会議員だったからでしょう。たしか橋本(龍太郎)総理が応援に入ってこられた。とくに最初の選挙のときは厳しい戦いでした。ここには公明党系の現職がいて、新人の菅先生がそこに挑んだかっこうでしたから」

 折しも、菅の初当選した96年の小選挙区制導入総選挙は、日本の政局が目まぐるしく動いていた時期だ。自民党を離党した小沢一郎が93年8月、日本新党の細川護煕らと八党派の連立政権を樹立する。そこから下野した自民党の橋本龍太郎や野中広務たちは94年6月、日本社会党の村山富市を担ぎ上げ、新党さきがけと連立して政権与党に返り咲いた。このとき小沢が公明党や民社党などに非自民の再結集を呼び掛けて結成したのが、新進党だ。そこで公明党はいったん解党し、所属議員たちは新進党への合流組と、地方議員を党に加え、新たに看板をかえて発足した公明への残留組に分かれた。そんな激動のなかで実施されたのが96年の総選挙だったのである。自民党執行部としては、どんな候補者でもいいから衆院の議席を増やしたかった。新人の菅がそこに紛れ込んだ。

■秘書から見た菅義偉

 20年の長きにわたり、菅の秘書を務めてきた渋谷健は、初当選のときに秘書として選挙区を駆け回った一人だ。現在もなお自民党菅軍団の横浜市議として、菅を支えている。

「もともと私は20代のころ、代議士を目指していた別の方の秘書兼運転手をしていました。その方が3回連続して衆院選に落選し、私自身も民間企業に就職したんですけど、35歳のとき、もう一度政治の道に戻ったらどうか、と菅さんを紹介されたのが出会いでした。いまと同じようにぶっきらぼうに、自分の言いたいことだけを言って、じゃあ頼むって感じ。なるほど、これは面白い人だと思い、いっしょにやらせてもらえるよう頼んだのが、20年前でした」

 渋谷がそう当時を振り返った。元横浜市議会議長の藤代と同じような話をするが、少しちがうところもある。

「菅さんは衆院選に出馬する1年半前に市議を辞めていて、苦しい時代でもありました。菅さんの選んだ神奈川2区の西区、南区、港南区のうち、西区はもともと小此木さんの地盤ですけど、南区と港南区は縁のない選挙区だったわけです。だから衆院の出馬はかなり思い切ったチャレンジでもあった。おまけに自民党から飛び出した人たちがつくった民主党(新党さきがけから派生)に佐藤謙一郎がいて、彼が2区から出るものと見られていました。民主党の佐藤謙一郎は非常に選挙に強いので、当時からいえば、菅さんは勝てねえべ、という下馬評でした。そしたら何を思ったのか、その佐藤謙一郎が神奈川1区に逃げちゃった。それで助かったのです」

■創価学会との激突

 それもラッキーだった。もっとも真の強敵は佐藤ではない。最も手強かった対立候補は、新進党(現・公明党)公認の上田晃弘だった。自民党にとって、新進党との対決選挙のなかで最大のポイントが、旧公明党の選挙組織、創価学会とどう戦うか、である。自民党は宗教法人の政治介入を問題視し、創価学会名誉会長の池田大作の国会喚問を持ち出した。いきおい選挙戦では、自民対創価学会の対決が全国で繰り広げられていったが、なかでも菅の出馬した神奈川2区は激烈な選挙となった。

「上田さんは創価学会の青年部長をやっていて、まさに学会保守本流のど真ん中にいた。学会内で絶対偉くなるといわれていた方です。公明党を母体とする新進党としては、絶対落とせない候補者だから、徹底した組織選挙を展開していました」

 神奈川2区には民主党の大出彰も出馬していたが、上田に比べるとまだ楽な相手だ。渋谷がこう続ける。

「当時、自民党は創価学会を目の敵にしていて、亀井静香さんあたりが四月会を結成して池田名誉会長批判を展開していたころです。だからわれわれも学会批判をめちゃくちゃにやったし、向こうも真剣勝負でした。たとえばとつぜん宣伝カーの前に、2〜3人が立ちはだかって道をふさいだり。ひどいときは道路に寝転んだり。ある夜、事務所の玄関にバーンと大きな音がするので行ってみると、大きな石が投げ込まれ、車が走り去っていった。僕の家に夜中じゅうファックスを送りつけてきたこともありました。まさかみずから名乗るわけではないので相手の正体はわかりませんが、そんな熾烈な選挙でした。で、大接戦の末、2000票ぐらいの僅差で当選できたのです。いわばあれが運命の岐路でしょう。負けていたら、菅さんはおそらく秋田に帰っていたと思います」

■容赦ない池田大作批判

 このときの選挙で菅陣営は、人間の仮面をかぶった狼などと書いたビラまで配り、池田大作批判を展開したという。自公が連立政権を組んでいる現在、公明党や創価学会は政権を担うパートナーであり、菅は創価学会との太いパイプを築き、党内きっての調整役にもなっている。

 ちなみに小沢の率いた新進党は98年に空中分解し、所属議員の多くが出戻って公明党が再結成された。ここからいまの自公連立政権の道筋ができあがっていく。菅にとって衆議院二期目となった2000年6月の総選挙では、菅本人が創価学会に選挙協力を求めた。

「いまほどじゃないですけど、二回目の選挙のときには、手のひらを返したように、自民党本部が創価学会と手を組んだわけです。で、学会から一度挨拶に来いって言われ、菅さんと二人で、山下公園のところにある創価学会の(神奈川県)本部へ行きました。会ったのは地域トップの方ですけど、『菅さん、あんたこないだの選挙で、池田大作先生のことを何て言った? あんなに批判しておいて気持ちは変わったのか』と一時間ほど、ねちねち延々とやられました。いやあ、すごかったです」

 渋谷がこう明かしてくれた。

「こちらも敵の本陣にいるわけですから、突っ張ったって仕方ない。さすがの菅さんも一生懸命言い訳をしていました。それから選挙のたびに毎回向こうへ挨拶に行くようになりました。逆に菅さんが県連会長のときなどは、神奈川県で唯一、公明党が公認を出している6区の上田勇さんを、自民党の神奈川県連として徹底的に支援しました。大変感謝され、そのあとからとくにいいムードになった。三回目、四回目、五回目ぐらいになると、雰囲気ががらりと変わりました。『おい渋谷、最初はほんとに怖かったな』と菅さんも笑っていました。初当選のときはいまとは隔世の感があります。菅さん自身、いまや学会に相当なパイプを持っていますからね」

 菅と創価学会副会長の佐藤浩との関係は政界で知られるところだ。変わり身の早さは政治家の常ではあるが、菅はもともと政策にこだわりがないタイプでもある。

■地獄の菅軍団

 秋田出身の菅は神奈川ではいわば落下傘候補だ。にもかかわらず地元でこれだけ戦えた理由の一つとして、小此木事務所仕込みの秘書の働かせ方を挙げる関係者が少なくない。

「小此木彦三郎事務所では、先生が東京から地元に帰ってくると聞いただけで、秘書が胃潰瘍になってしまうぐらい、厳しかったそうです。菅先生はそこでずっと厳しい秘書時代を過ごしてきているので、東京にいても私たちのやることが手にとるようにわかる。あとから『おまえ、何でこれやってなかったんだ』と叱られることもしょっちゅうでした」

 菅派の神奈川県議、加藤(前出)が冗談めかしてこう話した。菅事務所では私設を含めた6〜7人ほどの秘書たちが常にフル稼働し、地元を走り回っている。

「たとえば菅先生が地元に帰ってくるときは、支援者を集めて国政報告会を開き、秘書が講演に来る人を集める。町内会単位で講演会を開くのですが、町内会がいくつか集まっているのを連合町内会と呼んでいて、西区だけでも連合町内会が6地区もあります。西、南、港南区すべてのその地区で国政報告会を開き、終わったあとに『なぜ、この人は来なかったのか』と問い詰められる。それほど厳しいので、神奈川県内の他の秘書連中から、菅事務所のことは“地獄の軍団”と呼ばれているほど。他の事務所で秘書を叱るとき、『いっぺん菅事務所で働いて修行してこい』と言われるそうです」

 国政報告会では、安全保障法制に賛成か反対か、消費増税について意見はどうか、といった政策テーマを投げかけ、支援者たちの反応を探る目的もあるという。ビラやアンケートを配るのも秘書の務めだから、忙しくて目が回る。地獄の菅軍団の秘書たちが、菅を支えてきたといえる。

■鍛え抜かれた秘書たち

 そんな秘書たちはやがて地元横浜市議や神奈川県議となり、議会で菅派を形成、後輩秘書たちといっしょに首長を担ぐ。テレビキャスターから神奈川県知事になった黒岩祐治も菅派首長の一人だ。神奈川県議になった加藤が、2011年3月の黒岩知事誕生秘話を明かしてくれた。

「現職だった松沢成文知事が東京都知事選に出馬すると言い出して急に辞め、菅先生が自民党神奈川県連会長をやっていましたので、これは何とかしなきゃいけないと動いたわけなんです。黒岩さんを担ぎ出した知事選では、菅事務所の後輩秘書が手伝いに行きました。僕が菅事務所から抜けたあと、菅先生が地元事務所の責任者にしていた千田勝一郎という秘書です。おかげで知事選に当選した黒岩さんが千田をずい分気に入りましてね。『千田さんを私のところへください』と菅先生に頼んできたらしい」

 千田は出身地の岩手県から参議院選に出馬した経験がある政治家志望の秘書だった。そのため当人は菅事務所に残りたい、と黒岩からの申し出を断ったという。

「すると、僕が菅先生から『おまえはどう思うか』と相談を受けました。それで、『彼は将来的に議員をやりたがっています。知事の秘書になれば神奈川中の人脈をつくれるから、彼にとっては滅多にないチャンスだと思います』と言うと、菅先生は『それならおまえが奴を説得しろ』と任せられてしまいました。そうして菅先生を交えて三人でランチしながら、『君の将来のためにも勉強になると思うよ』と口説いたのです。黒岩知事を担いだのは菅先生ですから、先生にも責任がある。黒岩さんを応援したのは自民党だけではなく、民主党さんだとか各党に気を遣わなきゃいけなかったから。千田を出すのは痛いけど仕方なかったんです」

 ●選挙を“楽勝”に導く太い人脈

 菅は秘書たちに指示し、地元の自営業者から大手の鉄道会社、建設や不動産会社などに声をかけ、朝食会などを頻繁にこなしてきた。もとはといえば、小此木彦三郎の秘書時代に築いた人脈だが、その大半がいまや菅の支援企業となっている。渋谷もこう話した。

「横浜には、秘書だけでなく、民間企業の菅軍団もいましてね。市会議員のころから菅さんのことが大好きで、菅さん命、みたいな企業の社長さんや幹部の人たちです。めっぽう選挙に慣れている人たちなので、そこが動けばたいてい大丈夫。菅さん自身の衆議院選挙だってその人たちが仕切ってくれるし、菅派の市会議員の選挙なんかもその人たちのおかげで楽勝なんです。そういう人たちと年に何回か朝食会をやる。あの人たちの偉いところは、われわれに仕事を頼んだりしない。だから付き合いやすい。そういう人脈を30〜40年きっちり大事にしています」

「法に則った行為であり…」菅義偉が行っていた“放送”に対する“政治介入”の実態 へ続く

(森 功)

関連記事(外部サイト)

×