たっぷり使っちゃ…ダメ!? 「やらかしスキンケア」3パターン

たっぷり使っちゃ…ダメ!? 「やらかしスキンケア」3パターン

たっぷり使っちゃ…ダメ!? 「やらかしスキンケア」3パターンの画像

日々のスキンケアは、「肌のために……」と気を使って行いますよね。

もし、肌に“いい”と思って行っている美容が、じつは“よくない”方法だったとしたら……。ショックですよね。

何気なく行っている美容法でも、じつはカン違いだった!ということもあります。

そこで今回、時短美容家の筆者が、やりがちだけれど……じつは間違っているコスメ使用法を3つご紹介します。

 
■NG1:乾燥対策にたっぷりクリームや乳液を使う
乾燥が気になるときは、いつもより多めに乳液やクリームを塗れば、保湿効果が高まると思っている方もいますよね。

しかし、沢山つければいいわけではありません。化粧品の使用量は、商品の規定量を目安につけるのが基本です。

どうしても乾燥が気になるときには、適量をつけた後に少しずつ塗り足すように加えてみてください。

 
■NG2:ノーファンデの日はクレンジングを使わない
ファンデーションは肌の負担になるからと日焼け止めのみの場合、クレンジング(メイク落とし)は不要だと誤解していませんか?

じつは日焼け止めには、肌に密着するための成分が含まれていることが多く、クレンジングでしっかり落とさないと“毛穴づまり”の原因になることもあります。また、肌の潤いを奪ってしまい、乾燥を招くこともあるんです。

ノーファンデであっても日焼け止めを塗った日は、いつも通りクレンジングを行いましょう。

 
■NG3:シートマスクを長時間つける
潤い成分を肌にじんわりと浸透させてくれるシートマスクは、適正な時間で剥がさないと、かえって乾燥を招く原因になることがあります。

多くのマスクには、適正時間の目安が記されていることがほとんどです。しかし、「もっとつけていた方が潤うでしょ!」と長時間つけてしまうと、乾いたマスクが肌の水分を蒸発させてしまうことに……。

使用中のマスクは、均等に乾くのではなく、乾燥している箇所や動きが多い部分から乾いていきます。しかし、「まだ美容成分が残ってそうだから」とケチケチつけては美しくなれるものもなれません。

 

せっかく肌のためにケアしているのに、その効果を発揮できていなかったら、もったいないですよね。

今回ご紹介した、“やりがちケア”に心当たりがあった方は、ぜひ今日から気をつけてみてくださいね。

 

【関連記事】

※ヤバっ…毎日やってる!「眉間のシワが消えなくなる」NG習慣4つ

※今夜からヤメなきゃ!入浴中もキケン「肌に悪いメイクの落とし方」4つ

※100円「ガーゼ」でツルツルの卵肌!毛穴もスッキリ話題の洗顔法

※強烈臭をぶっ放つ「足のニオイ」を防げ!パーフェクト夜ケア3か条

※荷物多い女子は…必見!「時短美容家のバッグの中身」学ぶべき3テク

 

【おすすめ記事(PR)】

※チクチク・黒ずみ… 自己処理派にすすめたい最新脱毛トレンドとは

※ だらしなさバレバレ!? どんより「くすみ唇」のお手入れ方法って?

※むにゅっと掴めるお肉をなくしたい!満足度97%「痩身専門サロン」とは

※ 夏の終わりは+5歳!? 友利新先生に聞く「秋枯れ肌撃退」スキンケア

※ パサ髪から変身!? 「自宅でサロン級ヘッドスパ」濃密セルフヘアケア法

※ 20kg痩せたダレノガレ明美も実践!「楽すぎる」話題のダイエットって?

 

【姉妹サイト】

※永遠に幸せに…!素敵な「おしどり夫婦」でいられるための心得

関連記事(外部サイト)