今こそ洗顔の見直しどき!「秋のゆらぎ肌」を改善するクレンジング法

今こそ洗顔の見直しどき!「秋のゆらぎ肌」を改善するクレンジング法

今こそ洗顔の見直しどき!「秋のゆらぎ肌」を改善するクレンジング法の画像

気温や湿度の低下により、肌が敏感になる今の時期。「肌の調子が悪い」と感じる方は少なくありません。スキンケアアイテムを変えたり、食事を見直したりしている方もいるでしょう。それらに加えてクレンジングや洗顔も見直すことで、よりよい肌改善が期待できます。

ここでは、コスメコンシェルジュの資格を持つ筆者が“秋バテ肌を立て直すクレンジング・洗顔方法”をご紹介します。

 
■秋バテ肌を立て直すクレンジング方法
(1)ホットタオルを顔にあてる

まず、ホットタオルを顔にあて、毛穴を開きましょう。そうすることで、毛穴の奥の汚れも落としやすくなります。

ホットタオルは、水で濡らしたタオルを電子レンジで温めれば完成します。温めすぎると火傷をしてしまう恐れがあるので、気を付けてくださいね。

(2)ジェルタイプのクレンジングを使用する

肌の調子がよくないときは、ジェルタイプのクレンジングがオススメ。それは、肌馴染みがよく、弾力のあるジェルがクッションとなって摩擦を防いでくれるから。

指先にとり顔にのせたら、内側から外側に円を描くように軽くマッサージをしながら使用しましょう。

(3)メイクが馴染んだらぬるま湯で洗い流す

クレンジングがメイクと馴染んできたら、素早く洗い流しましょう。水温は、30度程度のぬるま湯で。「冷たいから」と、熱いお湯ですすぐと、必要な皮脂まで奪われてしまいます。

クレンジングが済んだら、次は洗顔です。

 
■秋バテ肌を立て直す洗顔方法

(1)泡立てはモッチリ濃密になるまで

洗顔をする際に大切なのは、きめ細かくモッチリ濃密な泡を作ること。この弾力のある泡がクッションの役割を果たし、肌への刺激を軽減してくれます。

指が肌に触れないくらいの感覚で、泡で優しく洗いましょう。

(2)皮脂の分泌が多い場所から

洗顔料をしっかりと泡立てたら、次は洗う順序をチェック。最初は、皮脂の分泌が多い額や鼻、顎から洗います。それから、乾燥しやすい頬を洗いましょう。

(3)すすぎ忘れに要注意

すすぎは、クレンジングと同様に30度前後のぬるま湯で。生え際や顎の下はすすぎ残しをしやすい場所なので、注意してすすぎましょう。

タオルで水分をふき取る際も、ゴシゴシこすらないようにしましょう。

 

以上、秋バテ肌を立て直すクレンジング・洗顔方法をお伝えしました。美肌作りの基本を一度見直して、肌の調子を上げていきましょう。

 

【関連記事】

※みるみる毛穴が目立つ!「洗顔ブラシ」やりがちだけど逆効果な使い方

※ほっぺに「ツヤ玉」できてる?−5才効果の美肌&リフトアップ術4つ

※今夜からヤメて!毎日「肌を傷めている」クレンジングのNG3項目

※目安は1分30秒!夏のゴワつき肌がツルツルに「洗顔の基本」5ステップ

※ウワサ以上の美白力!「酒粕パック」で肌色をワントーンUPさせる方法

 

【おすすめ記事(PR)】

※チクチク・黒ずみ… 自己処理派にすすめたい最新脱毛トレンドとは

※ だらしなさバレバレ!? どんより「くすみ唇」のお手入れ方法って?

※むにゅっと掴めるお肉をなくしたい!満足度97%「痩身専門サロン」とは

※ 夏の終わりは+5歳!? 友利新先生に聞く「秋枯れ肌撃退」スキンケア

※ パサ髪から変身!? 「自宅でサロン級ヘッドスパ」濃密セルフヘアケア法

※ 20kg痩せたダレノガレ明美も実践!「楽すぎる」話題のダイエットって?

 

【姉妹サイト】

※やっちゃった…では遅い!「職場の人とのLINE」で注意すべきポイント

関連記事(外部サイト)