ゲッ!目の下にいる嫌なヤツ…3タイプの「クマ」原因と撃退法

ゲッ!目の下にいる嫌なヤツ…3タイプの「クマ」原因と撃退法

ゲッ!目の下にいる嫌なヤツ…3タイプの「クマ」原因と撃退法の画像

女性なら誰もが気になるであろう“目のクマ”。疲れた印象を与えてしまったり、老け顔に見られてしまうこともありますよね。とはいえ、ただコンシーラーを塗るだけでは隠しきれないのが、目のクマの手強いところ。

今回、美肌カウンセラーの筆者が、目のクマの種類とそれぞれの対策法についてご紹介します。

 
■目のクマには3種類ある

目のクマがあるだけで、相手にマイナスなイメージを与えてしまうこともあります。そんな目のクマには、3種類あるのです。自分のクマがどのタイプかチェックしてみましょう。

(1)茶グマ

特徴としては、引っ張っても上を向いてもクマの色が変わらないこと。こういう人のクマは、“茶グマ”と呼ばれるものです。目の下に小さなシミが連なるようにできていて、これがクマのように見えます。

(2)黒グマ

次にご紹介するのが、“黒グマ”。特徴としては、上を向くと薄くなるものが黒グマに当てはまります。目元のむくみやたるみによって現れるのです。

(3)青グマ

最後にご紹介するのが“青グマ”。引っ張ると薄くなるのですが、完全に消えないのが特徴です。目の周辺にある毛細血管の血流が滞ることで発生します。

クマの種類を理解したところで、これらの解決法も一緒にご紹介します。

 
■それぞれに合った対策法
(1)茶グマの対策法

小さなシミの集合体となっているのが茶グマ。茶グマの原因はメラニン色素なので、美白ケアを行ってあげることがオススメです。もしくは、ピーリングをすると、古い角質が除去されて透明感がでてきます。

(2)黒グマの対策法

年齢とともに下まぶたの皮膚はとても薄く弱ってきます。弱くなるにつれて、下まぶたがたるんで陰ができてしまいます。これが、黒グマのように見えるのです。これを解決するためには、たるみ予防に効果的なコラーゲンやビタミンC誘導体が含まれている化粧水を使用するのが効果的です。

また、むくみについては冷たい飲み物や塩分を控えること。こうすることで、黒グマの原因となるむくみを予防することができます。

(3)青グマの対策法

目の周りの血行不良が原因で起きてしまう青グマ。これを解決するためには、血行をよくしてあげること。血行を促進するためにはマッサージが最適です。この際、目の周りだけマッサージをするのではなく顔全体をマッサージしましょう。こうすることで、顔色が明るくなり若々しく見られるでしょう。

 

目のクマは女性にとって大敵。さっそく対策を始めてみてくださいね。

 

【関連記事】

※ヤバっ…毎日やってる!「眉間のシワが消えなくなる」NG習慣4つ

※月曜から気分ダダ下がり!スマホ疲れの「青クマ」を改善する目元ケア

※綿棒で…4つのツボを刺激!疲れ目まで解消「目元のクマ」速効ケア術

※ハッ…毎日してた!一気に老け込む「目の下のクマ」悪化原因3つ

※「憎っくきクマ」の原因は3つ!各1分のお手軽ケアで脱老け顔

 

【おすすめ記事(PR)】

※プチ整形級!? 10年の研究で開発された話題のバストアップクリームの秘密

※キレイな人にはワケがある!今すぐ「真似したい美習慣」3つ

※ 夏の終わりは+5歳!? 友利新先生に聞く「秋枯れ肌撃退」スキンケア

※ この毛穴なんとかして!米薬学博士が辿りついた究極のスキンケアとは

※ だらしなさバレバレ!? どんより「くすみ唇」のお手入れ方法って?

※ 20kg痩せたダレノガレ明美も実践!「楽すぎる」話題のダイエットって?

 

【姉妹サイト】

※これってお局?「後輩女子にイラっとしちゃう」あるある瞬間4つ

関連記事(外部サイト)