スグ試して!「食べる&塗る」のW保湿でお肌が驚きのうるうるに

スグ試して!「食べる&塗る」のW保湿でお肌が驚きのうるうるに

スグ試して!「食べる&塗る」のW保湿でお肌が驚きのうるうるにの画像

季節はすっかり秋。毎年秋冬は肌がカサカサと乾燥してしまうという女性は少なくありません。顔やボディが乾燥すると、肌のハリが失われ、顔がくすんで見えたり、小ジワやたるみができやすくなってしまったりもするので注意したいところ。

しかし、保湿ケアを意識しているに乾燥してしまうという人も少なくありません。そんな人に是非、試してもらいたいのが“食べる保湿”と“塗る保湿”の合わせ技! 肌の内側と外側からの保湿対策を行うのです。

そこで今回、エステ講師の経験を持つ筆者が、秋冬におすすめの保湿対策についてご紹介します。

 
■1日半分のアボカドで“食べる保湿”を実践!

じつは、うるおい肌をキープするために取り入れたい食材があります。それは“アボカド”です。なんと、1日たった半分食べるだけで乾燥対策としての効果が期待できるのです!

アボカドには、肌の乾燥を防ぐ嬉しい効果が3つ存在します。

(1)お肌のうるおい保持に必要不可欠な“セラミド”を作る

角質層で肌のうるおいを守る働きをしてくれるのが、細胞間脂質と呼ばれる成分。その細胞間脂質の主成分がセラミドです。セラミドは外部刺激から肌を守るバリアのような役割があり、肌にとって重要な成分のひとつです。

しかし、セラミドは加齢や肌の新陳代謝が乱れることで減少してしまいます。セラミドが減少すると肌がうるおいを保てなくなり、乾燥しやすくなってしまいます。「年々乾燥しやすくなる……」という人は、セラミドの減少が乾燥の原因かもしれません。

アボカドに含まれるリノール酸には、セラミドを作って肌のうるおいを守ってく
れる効果が期待できます。アボカド半分で1日に必要な量を十分に摂ること
ができるのも嬉しいですよね。

(2)セラミドの減少を防ぐ

セラミドが減少してしまう大きな理由として、加齢、肌の新陳代謝の乱れがあげられます。新陳代謝のリズムが乱れる原因は、冷え、睡眠不足、ストレスなどさまざま。セラミドが減少すると肌は乾燥しやすくなるので、うるおい肌を保つには、新陳代謝が正常に行われることが大切です。

アボカドに含まれるビタミンEには、血行を促進して新陳代謝を高める働きがあるので、新陳代謝の乱れによるセラミドの減少を防ぐことができます。

(3)皮脂分泌を正常に保つ

セラミドと同じく、肌のうるおいを守る役割をしてくれているのが皮脂。肌表面に皮脂が膜を作ることで水分の蒸発を防いでいます。しかし、新陳代謝が乱れると皮脂の分泌が正常に行われなくなってしまいます。

アボカドに含まれるビタミンEには新陳代謝のリズムを整える働きがあるので、皮脂が正常に分泌され、皮脂膜が肌の水分保持の強い味方になってくれます。

このように、アボカドには肌のうるおいを保つ嬉しい効果が多く期待できます。サラダに加えたり、スムージーにしたりして、食生活に加えてみてはいかがでしょうか。

■タイミングを見直して“塗る保湿”をより効果的に!

肌を乾燥から守る上で欠かせないのが化粧水やオイル、クリームなどでの保湿。特に洗顔後やお風呂上りは顔やボディの保湿を意識したいところ。肌をしっかりとうるおわせるためには、それらを塗るタイミングが重要なのです。

(1)化粧水は洗面台で!洗顔後はすぐに保湿

「洗顔後は3分以内に化粧水をつける!」という“3分ルール”を耳にしたことがある人も多いかと思いますが、3分と言わず、1分、30秒と、できるだけ洗顔後すぐに化粧水をなじませるのがポイント。そのため、化粧水は洗面台の近くに置いておくとすぐに使えるので便利です。

スキンケアは部屋でリラックスしながらゆっくり行いたいという人は、洗顔後やお風呂上りに、顔に水分が残っている状態にオイル美容液をなじませておくとよいです。肌が乾燥するのを防いでくれ、その後の化粧水のなじみがよくなるというメリットがあります。

化粧水の後は必ず乳液をなじませることも大切です。「ベタつくから……」という理由で乳液を少なめに使用する人もいますが、パッケージに記載されている目安の使用量をしっかりと使用してくださいね。

(2)ボディの保湿も“お風呂上りすぐ”が正解!

顔だけでなく、乾燥が気になるのはボディも同じ。肘や膝、二の腕、スネ、かかとなどは、カサカサと乾燥しがち。ボディクリームやオイルを塗って保湿している人も多いかと思いますが、意識したいのが塗るタイミング。“お風呂上りすぐ”に塗るのが理想です。

体の水分を全てタオルでふき取ってから塗ると肌になじみにくく、効果半減! 軽く水気を押さえ、まだ肌に水分が残っている状態でクリームやオイルを塗るとなじみやすく、肌の水分が蒸発するのを防いでくれます。ボディクリームやオイルは、脱衣場に置いておき、すぐに使えるようにしておきましょう。

また、ローション、乳液、クリーム、オイルなど、ボディの保湿アイテムは多数ありますが、保湿力が高いのはオイル、次にクリームの順です。特に乾燥が気になっているという人は、オイルを使用してみてはいかがでしょうか。

 

以上、肌の内側と外側からの保湿対策についてご紹介しました。今年の秋冬はダブルの保湿で乾燥知らずのしっとり肌をキープしてくださいね!

 

【関連記事】

※ ニベアだけじゃない!バツグンの保湿力「身近な老舗コスメ」優秀3選

※ 知ってた?プルプル肌の美女が「化粧水を最初につけるところ」って…

※ 3位は髪!男が初対面で「すかさずチェックする上半身パーツ」TOP3

※ 乾燥毛穴に最強!ニベアとユースキンAで「お風呂パック」試してみた

※ 接近戦に勝てる!肌質別・ファンデの選び方と「新作リキッド」注目3選

 

【おすすめ記事(PR)】

※チクチク・黒ずみ… 自己処理派にすすめたい最新脱毛トレンドとは

※ だらしなさバレバレ!? どんより「くすみ唇」のお手入れ方法って?

※むにゅっと掴めるお肉をなくしたい!満足度97%「痩身専門サロン」とは

※ 夏の終わりは+5歳!? 友利新先生に聞く「秋枯れ肌撃退」スキンケア

※ パサ髪から変身!? 「自宅でサロン級ヘッドスパ」濃密セルフヘアケア法

※ 20kg痩せたダレノガレ明美も実践!「楽すぎる」話題のダイエットって?

 

【姉妹サイト】

※この先モノの値段は絶対に上がる!? デフレ脱却後の「私達のおカネ」は

関連記事(外部サイト)