額に刻まれた憎いヤツ!「おでこのシワ」が深〜くなる4つの要因

額に刻まれた憎いヤツ!「おでこのシワ」が深〜くなる4つの要因

額に刻まれた憎いヤツ!「おでこのシワ」が深〜くなる4つの要因の画像

ほうれい線や口元のシワと並んで、気になるシワの一つが“額のシワ”。額のシワが何本もできると、それだけで老けた印象にることも……。逆に言えば、額にシワが少ないと若々しく、顔全体も明るく見えます。

若いからといって、油断できないのが額のシワ。その原因は、加齢だけではなく、日常のクセやスキンケアも関係しています。そこで今回は、額にシワを刻んでしまう要因について、美容ライターの筆者がお伝えしていきます。

 
■1:保湿が不十分
額は比較的、皮脂が多いゾーンなので、ニキビやテカリを防ぐための皮脂対策が重視されがち。しかし、皮脂があっても保湿が不十分なために乾燥しやすい状態になりがち。さらに、皮脂を取り過ぎて乾燥している場合もあるので、気づかぬ内にシワが定着してしまいます。

 
■2:紫外線対策ができていない
肌老化の2大要因は加齢と紫外線。特に紫外線は老化を早める原因といわれています。額は紫外線が当たりやすく、また汗や皮脂で日焼け止めなどが落ちやすい部分のため、シワができやすくなります。シワを防ぐための紫外線対策に加えて、紫外線によって生じた活性酸素を除去する抗酸化作用のある食べ物やスキンケアを取り入れるのがオススメです。

 
■3:表情によるクセがある

眉を上げたり、目を見開いたりすることがクセになっていると、額にシワができやすくなります。そして次第に表情を動かしていない状態でも、額にシワが入るようになります。メイク中や1日何時間もPCの画面を見ているときなど、無意識にシワを作っている人は要注意! 表情が豊かなのとは違うので、改善するように意識しましょう。

 
■4:頭皮が凝っている
頭皮のコリを実感する人は多いのではないでしょうか。目の疲れや猫背、ストレスや疲労、身体のコリで頭皮は硬くなります。頭皮は顔とつながっていて、頭皮が血行不良などで凝っていると、額にも影響がでてきます。耳の上あたりから両手の腹を使って、頭頂部に向かって持ち上げるように力を加えましょう。部分的に額のシワを伸ばすよりも、頭皮から伸ばした方がシワが深くなりにくいです。

 

目元や口元よりも額のシワが目立つなら、今回ご紹介した改善方法をスキンケアや生活に取り入れてみてくださいね。

 

【関連記事】

※パッと5歳若返り!「ポイント3点」変えるだけの老け見え脱却メイク

※ヤバっ…毎日やってる!「眉間のシワが消えなくなる」NG習慣4つ

※女の実感…「疲れはメイクで隠せない」を覆す!目からウロコの技3つ

※老廃物がスルスル…流れてない!逆効果な「NGリンパマッサージ」3つ

※OVER35の消えない悩み!「眉間と額のシワ」誤魔化しテク3つ

 

【おすすめ記事(PR)】

※チクチク・黒ずみ… 自己処理派にすすめたい最新脱毛トレンドとは

※ だらしなさバレバレ!? どんより「くすみ唇」のお手入れ方法って?

※むにゅっと掴めるお肉をなくしたい!満足度97%「痩身専門サロン」とは

※ 夏の終わりは+5歳!? 友利新先生に聞く「秋枯れ肌撃退」スキンケア

※ パサ髪から変身!? 「自宅でサロン級ヘッドスパ」濃密セルフヘアケア法

※ 20kg痩せたダレノガレ明美も実践!「楽すぎる」話題のダイエットって?

 

【姉妹サイト】

※違い知ってる?「不健康になる」NGコーヒーと「健康になる」ヘルシーコーヒー

関連記事(外部サイト)