知れば食べたくなる!旬の「きのこ3種」驚きの栄養と食べ方のコツ

知れば食べたくなる!旬の「きのこ3種」驚きの栄養と食べ方のコツ

知れば食べたくなる!旬の「きのこ3種」驚きの栄養と食べ方のコツの画像

うま味成分を含み、料理の味を格段にアップ! さらに、見た目や食感まで楽しませてくれる秋の味覚“きのこ”。食物繊維を豊富に含み、低カロリーな点も魅力的ですよね。しかし、それらの効果は、きのこそれぞれの特性を活かせてこそです。

ここでは、ビューティーフードアドバイザーの筆者が、“旬の食材・きのこをより美味しく健康に食べるためのコツ”をご紹介していきたいと思います。

 
■きのこ別“特徴&美味しい食べ方”早見表
【しいたけ】

(1)旬・・・9〜11月、3〜5月

(2)代表的な栄養素

・βグルカン・キチン質(食物繊維)・・・腸内環境を整える

・エリタデニン・・・血圧、コレステロールを下げる

・カリウム・・・むくみの予防・改善

・ビタミンD・・・カルシウムの吸収を促進する

(3)美味しいしいたけの特徴

・軸が太くて短いもの

・笠が肉厚なもの

・笠の裏が白いもの

(4)美味しく食べるコツ

水洗いをするとうま味や香りが逃げてしまうので、しっかりと絞ったふきんで拭いて調理するといい。

【ぶなしめじ】

(1)旬・・・9〜10月

(2)代表的な栄養素

・リジン(必須アミノ酸の一種)・・・ブドウ糖の代謝を促進して、組織の修復に役立つ

・カリウム・・・むくみの予防・改善

・ビタミンB1・・・糖質の代謝を促進、疲労回復に役立つ

・ビタミンB2・・・脂質の代謝を促進、皮膚や粘膜の健康維持に役立つ

・ビタミンD・・・カルシウムの吸収を促進する

(3)美味しいぶなしめじの特徴

・湿り気があるもの

・笠が開ききっていないもの

・笠に張りがあるもの

(4)美味しく食べるコツ

ぶなしめじは、お吸い物にするとよい出汁が出て美味しく食べられます。ポイントは、水から煮出すこと。

【マッシュルーム】

(1)旬・・・10〜12月

(2)代表的な栄養素

・エルゴステリン・・・血中のコレステロール値を下げ、高脂血症の予防に役立つ

・カリウム・・・むくみの予防・改善に役立つ

・ビタミンB2・・・脂質の代謝を促進、皮膚や粘膜の健康維持に役立つ

・ビタミンD・・・カルシウムの吸収を促進する

(3)美味しいマッシュルームの特徴

・ホワイトマッシュルーム・・・笠が白すぎないもの、笠が開ききっていないもの

・ブラウンマッシュルーム・・・笠が茶褐色のもの

(4)美味しく食べるコツ

・ホワイトマッシュルーム

香りや味にクセが少ないので、サラダに向いている。

・ブラウンマッシュルーム

食感がやや硬めなので、油を使って炒めるといい。

 

驚くほど栄養もあり、そしてヘルシーなきのこが食べたくなってきませんか? 最後に……、きのこは油を吸いやすいという特徴があるので、使用する油や量には気をつけて調理しましょう。

 

【関連記事】

※煮物だけじゃない!「かぼちゃ」をもっと美味しく健康に食べるコツ

※キノコラバーお待たせ!食物繊維だけじゃない「旬のキノコ」超絶パワー

※秋も「緑の野菜」がアツイ!胃腸・自律神経の働きを整える旬ベジ3選

※秋が旬「さつまいも・アボカド・玉ねぎ」が激マズになるNG保存法

※飲み会でも安心!揚げ物を食べても脂肪が付かない驚きのコツ5個

 

【おすすめ記事(PR)】

※プチ整形級!? 10年の研究で開発された話題のバストアップクリームの秘密

※キレイな人にはワケがある!今すぐ「真似したい美習慣」3つ

※ 夏の終わりは+5歳!? 友利新先生に聞く「秋枯れ肌撃退」スキンケア

※ この毛穴なんとかして!米薬学博士が辿りついた究極のスキンケアとは

※ だらしなさバレバレ!? どんより「くすみ唇」のお手入れ方法って?

※ 20kg痩せたダレノガレ明美も実践!「楽すぎる」話題のダイエットって?

 

【姉妹サイト】

※離婚…しちゃう?今の「結婚生活を見直すべき」3つのチェックリスト

関連記事(外部サイト)