やっちゃダメ!毎日肌を傷つけている「クレンジング中のNG」3つ

やっちゃダメ!毎日肌を傷つけている「クレンジング中のNG」3つ

やっちゃダメ!毎日肌を傷つけている「クレンジング中のNG」3つの画像

メイクをしている肌に欠かせないのがクレンジング。きれいにメイクをした後こそ、しっかり落とさないと肌荒れの原因になってしまいます。

しかし、クレンジングは肌にとって負担になってしまうこともあります。だからこそ、正しいクレンジング法を理解しておくことが大切です。

今回は、美肌カウンセラーの筆者が、肌を傷つけてしまうNGクレンジング法をご紹介します。

 
■1:クレンジングの量をケチる
ほぼ毎日のように化粧をする、という女性は少なくないでしょう。ということは、クレンジングを使用する頻度も多いはず。「もったいないから……」という理由で、クレンジングを規定量より少ない量で使用していませんか?

化粧を落とす際に使用するクレンジング量が少ないと、肌になじませるときに摩擦を引き起こしてしまい、肌を傷つけてしまうことがあります。

クレンジングを使用する際は、もったいないからといってケチケチせずに、たっぷりの量で汚れを落としていきましょう。

 
■2:洗い流すとき、時間をかけすぎている

化粧を落とすのに時間をかけた方がしっかり落ちると思っている方も多いのでは? しかし、クレンジングの使用時間が長くなってしまうと、肌のうるおいまで落としてしまいます。

クレンジングで汚れを落とすのにベストな時間は、1分〜1分半程度です。長すぎず、短すぎず、丁寧に洗い流すように心がけましょう。

 
■3:熱いお湯や冷水ですすいでいる
クレンジングを洗い流すとき、体を洗うような熱めのお湯、または冷たすぎる水ですすいでいませんか? 熱い湯は肌に必要な油分まで取ってしまうことがあり、肌の乾燥を招きます。一方、冷水はクレンジング料が固まってしまい、汚れが落ちにくくなることも。

クレンジング料を使用した後は、体感で少しぬるいかなと思う温度で洗い流していきましょう。

 

1日の終わりにメイクをしっかり落とすことで、翌日のすこやかな肌をキープすることができます。

今回ご紹介したNGクレンジング法は、ついついやってしまいがち。今までなんとなくクレンジングをしていたという方は、ぜひ今夜から見直してみて!

 

【関連項目】

※さらなる悲劇が!「唇の皮がむけたとき」絶対してはいけないNG4つ

※今こそ洗顔の見直しどき!「秋のゆらぎ肌」を改善するクレンジング法

※汗も汚れも…落ちてない!? 夏にはアウトな「洗顔・クレンジング法」4つ

※今夜からヤメて!毎日「肌を傷めている」クレンジングのNG3項目

※その黒いぶつぶつ…クレンジングが原因かも!? 勘違いな毛穴ケア3つ

 

【おすすめ記事(PR)】

※カラダの中から美を整える!美容ライターおすすめの「レシピ」3つ

※キレイな人にはワケがある!今すぐ「真似したい美習慣」3つ

※ 白目の充血は老け顔をつくる!? 「充血のない澄んだ瞳」を叶える白目ケアとは

※ むにゅっと掴めるお肉をなくしたい!満足度97%「痩身専門サロン」とは

※ だらしなさバレバレ!? どんより「くすみ唇」のお手入れ方法って?

※ 世界のセレブが絶賛!体型キープのための頑張りすぎないダイエットとは

 

【姉妹サイト】

※夏の肌ダメージを回復!「エイジングケア」効果も…お手軽おやつ6つ

 

【画像】

※miya227/ Shutterstock

関連記事(外部サイト)