あぁ…効果が台無し!「夜ヨガの後」やりがちだけど禁物な3つのこと

あぁ…効果が台無し!「夜ヨガの後」やりがちだけど禁物な3つのこと

あぁ…効果が台無し!「夜ヨガの後」やりがちだけど禁物な3つのことの画像

ヨガを行っている方の中には、仕事終わりに“夜ヨガ”をすることが多いという方もいるでしょう。1日の終わりに自分の心と体と向き合い、気持ちよく体を伸ばす……、とてもいい時間ですよね。

では、ヨガが終わった後はどうでしょう。心身ともに軽くなったからといって、下記のようなことをしていては、ヨガの効果が台無しになる可能性があります。

ここでは、ヨガインストラクターの筆者が、“夜ヨガ後にするとNGなこと”を3つ、お話していきたいと思います。

 
■1:アルコール・カフェインの摂取
ヨガで気持ちよく汗をかいた後は、水分を摂りたくなりますよね。気持ちもリラックスして、お酒を飲みたくなる方も少なくない様子。しかし、ヨガの後は内臓の働きが活性化し、栄養の吸収が活発になっているタイミングです。何を飲むか、慎重に選ぶようにしましょう。

お酒は、種類によって糖質や脂質を多く含むため、ダイエット中の方は注意が必要。また、汗をかいて体内の水分が減っている状態でお酒を飲むと、アルコール濃度が高くなって急激に酔いがまわったり、お酒の発汗作用によって脱水症状を引き起こすことも。

カフェインは眠気を遠ざけてしまうので、夜ヨガの後は控えましょう。

 
■2:コッテリとした食事を摂る
上記でお伝えしたように、ヨガ後は内臓の働きが活性化しています。食事は、2〜3時間空けてから摂るといいでしょう。しかし、夜ヨガが終わってから2〜3時間空けると、遅い時間になってしまうことも。

体を動かしてお腹が空いたからといって、コッテリとした油っこい食事を摂るのは避けた方がいいでしょう。消化のいい温かいスープや水溶性食物繊維を含む大根、かぼちゃ、キャベツ、ほうれん草などの野菜、大豆食品などを摂るのがオススメです。

 
■3:体を冷やす
せっかく体がポカポカと温まったのに、それを冷やしてしまっては台無しです。体の冷えは、良質な睡眠を妨害するため、しっかりと汗を拭いて、衣類で体温調節しましょう。

セロリやピーマン、きゅうり、レタス、じゃがいも、もやし、アスパラガス、スイカ、メロン、バナナ、酢、白米、パン、うどん、白砂糖、コーヒーなどの食材は体が冷えやすいので摂取を控えましょう。

 

「仕事終わりにヨガを受しているのに、なかなか効果が得られない」という方は、上記の項目に心当たりがないかチェックしてみてくださいね。

 

【関連記事】

※一瞬で1日の疲れを解放!専門家が教える「入浴呼吸法」がスゴイ

※体が柔らかいと「自然に痩せる」!ヨガ講師が教える3パーツ柔軟法

※ヨガ講師が教えます!理想の「ナイスバディ」を作ってくれる3ポーズ

※意外なパーツをほぐすだけ!「ヨガポーズがグンと上達する」コツ3つ

※このポーズができない人は要注意!「子宮力の衰え」を改善する足首ケア

 

【おすすめ記事(PR)】

※プチ整形級!? 10年の研究で開発された話題のバストアップクリームの秘密

※キレイな人にはワケがある!今すぐ「真似したい美習慣」3つ

※ 夏の終わりは+5歳!? 友利新先生に聞く「秋枯れ肌撃退」スキンケア

※ この毛穴なんとかして!米薬学博士が辿りついた究極のスキンケアとは

※ だらしなさバレバレ!? どんより「くすみ唇」のお手入れ方法って?

※ 20kg痩せたダレノガレ明美も実践!「楽すぎる」話題のダイエットって?

 

【姉妹サイト】

※本当にカレで大丈夫?後悔しない「結婚適合男子」見極めポイント5つ

関連記事(外部サイト)