ミスト化粧水でカサカサ!? 夏でも「乾燥肌」を招くやりがちNG習慣3つ

ミスト化粧水でカサカサ!? 夏でも「乾燥肌」を招くやりがちNG習慣3つ

記事画像

肌の乾燥といえば、冬に起こるトラブルと思われがち。しかし、実は季節を問わず肌は乾きます。その原因には、日ごろから無意識にやっているある行動があるかもしれません。

今回は美容ライターの筆者が、無意識にやりがちな“肌の乾燥を引き起こすNG習慣”を3つご紹介します。

 
1:熱いお湯で洗顔している
熱いお湯での洗顔は、必要な皮脂まで落としてしまいバリア機能が低下します。すると肌は乾燥、乾いた肌は外部刺激に弱いため、肌を守ろうとして皮脂が過剰に分泌するのです。

洗顔の際は32℃くらいの“ぬるま湯”がベスト。なぜならば、顔にある不要な皮脂は約30℃くらいで溶け始めるといわれているからです。

 
2:「あぶらとり紙」を使っている
顔のテカリは、実は“インナードライ”の可能性が。肌の内側がカサカサに乾燥しているため、潤いをキープしようとして皮脂をたくさん分泌してしまうのです。

なのに、あぶらとり紙で皮脂を奪うと、さらにお肌はカラカラに。また、皮脂と一緒にお肌の水分まで奪ってしまうことも。テカリをオフしたいなら、ティッシュで軽くおさえる程度がオススメです。

また、お化粧直しをするのであれば、あぶらとり紙は使わずに、皮脂が過剰に分泌している部分をメイクオフし、化粧水→乳液・クリームで保湿してからファンデーションをつけたりパウダーをはたきましょう。

 
3:「ミスト化粧水」を使用している

保湿ケアとして、ミスト化粧水を使用している方も多いでしょう。しかしこの行為も、肌の乾燥を引き起こしてしまう原因のひとつ。というのも、肌にふりかけたミストは、肌に浸透する前に蒸発します。このときに、もともと肌にあった水分までも同時に蒸発させてしまうからです。

肌の保湿ケアを行うのなら、ミスト化粧水のあとに乳液やクリームといったアイテムを使ってうるおいを閉じ込めてあげましょう。

 

以上、“肌の乾燥を引き起こす”NG習慣を3つご紹介しました。よかれと思って行っていたこともあるかもしれませんが、乾燥を防ぐためにも気をつけてみてくださいね。

 

 

関連記事(外部サイト)