塗ってるのにシミだらけ!?「日焼け止め」3タイプ別・正しい塗り方

塗ってるのにシミだらけ!?「日焼け止め」3タイプ別・正しい塗り方

記事画像

「顔にシミをつくりたくない!」、「美白が命!」という思いから、日焼け止めが欠かせないという方も多いでしょう。しかし、正しい方法で塗らないと、日焼け止めの効果が十分に発揮されないこともあります。

今回は日本化粧品検定1級を所持している筆者が、日焼け止めの“正しい塗り方”を種類ごとに分けてご紹介します。参考にしてくださいね。

 
ミルクタイプ・ジェルタイプの日焼け止め
乳液のようにとろりとしたテクスチャーのミルクタイプは、伸びがいいので肌へ塗りやすいのが特徴。しかし、汗や水にやや弱いといわれています。

ミルクタイプの日焼け止めと比べて、サラッとした使用感なのがジェルタイプ。日焼け止めによるベタつきが気になる方にオススメです。

【ミルクタイプ・ジェルタイプの日焼け止め・塗り方】

肌への負担を軽減し、かつムラなく塗るために、以下のステップで塗っていきましょう。

(1)頬を包み込むように日焼け止めを塗る

(2)おでこやアゴも手の平を使いやさしくハンドプッシュ

(3)鼻は特に日焼けしやすいので、小鼻の脇まで忘れないように指で塗り込む

手を左右に動かして擦りながら塗ってしまうと、摩擦が肌の負担になります。できるだけ刺激を少なくするために、手の平や指の腹でやさしく押さえるように塗っていきましょう。

 
スプレータイプの日焼け止め
スプレータイプは、さっと吹きかけるだけで日焼け止めを付けることができるので、メイクの上からでも簡単に使えます。しかし、ムラになりやすいのが難点。肌へ吹きかけたら、手でしっかりなじませる作業が必要です。

【スプレータイプの日焼け止め・塗り方】

スプレータイプの日焼け止めは、中身が液状になっており、時間が経つと成分が分離してしまいます。使用する前によく振りましょう。分離したままだと、日焼け止め効果が半減してしまう可能性が。シミだらけにならないよう、しっかり振ってくださいね!(ただし、製品によっては「振らずにご使用ください」と書かれているものもあります。パッケージに記載された方法を確認してから使ってください)

(1)顔から約15cmほど離して吹きかける

(2)手の平を使って顔全体へ少し圧をかけながら、均一になるようなじませる

 

どのタイプの日焼け止めにもいえることですが、皮脂や汗がある状態で塗ってしまうと、日焼け止めが落ちやすくなります。塗る前に、ティッシュで軽く皮脂や汗を拭き取ってくださいね。

これからの季節、紫外線の量はどんどん増えていきます。今回ご紹介した塗り方を参考にして、徹底した日焼け対策を心がけましょう。

 

 

関連記事(外部サイト)