あなたは…カサ子orベタ美!? 肌悩み別「正しい洗顔法」で美肌ゲット

あなたは…カサ子orベタ美!? 肌悩み別「正しい洗顔法」で美肌ゲット

記事画像

顔を清潔にし肌トラブルを予防するために欠かせない洗顔。エアコンで乾燥してカサカサだったり、汗や皮脂でベタベタな夏肌のお悩みも、洗い方次第で解決するかもしれませんよ。

今回は美容ライターの筆者が、肌状態に合った洗顔法をご紹介します。

 
まずは…自分の手で触って「肌状態」を確認

あなたは毎日、同じ洗顔方法で顔を洗っていますか? 「当たり前じゃん」と思ったそこのあなた! それじゃあ美肌にはなれないかも!?

その日の自分の肌状態に合わせて洗顔を行うのが、美肌への近道です。そのためにも、自分の手で肌を触って状態を確認しましょう。

「なんかカサカサするな」、「ベタつきが気になる」と自身の肌と向き合うことが大切です。

 
乾燥肌は…朝は「ぬるま湯のみ」で洗う
夏は湿度が高いため乾燥とは関係ないかと思いがちですが、エアコンが効いた室内は想像以上に乾いています。

乾燥しているなと感じたときは、メイクをしている夜はWクレンジングを避け、1度でメイクまで落とせる洗顔料を使いましょう。洗いすぎにより、肌に必要な皮脂まで奪わないようにするためです。

すすぐのは、32℃くらいのぬるま湯で。熱すぎるお湯も皮脂を落としすぎてしまい、カサカサ肌が進む原因になってしましますよ。朝は洗顔料を使わず、お湯のみで洗うといいでしょう。

また、乾燥がひどいと肌が敏感になっている場合も。石鹸がピリピリとしみるようなら、洗顔料を使うのはやめたほうがベターです。

 

 
ベタベタ肌は…洗顔フォームの「ポイント使い」

温度も湿度も高い夏は、汗と皮脂のダブルパンチで、テカリやベタつきが気になる季節です。特にTゾーンは皮脂が過剰に分泌されやすい部分。しかし皮脂は、汗とともに皮脂膜をつくり、外的刺激から肌を守ってくれる役割をしてくれているので、私たち人間の肌には必要不可欠。

そこで、ベタつきが気になる場合は、皮脂分泌量の多いTゾーンやUゾーンにだけ泡立てた洗顔フォームを使用して洗いましょう。大事な皮脂を取りすぎないようにするためです。

また、洗顔フォームをしっかり泡立てて、“泡で洗う”意識で優しく顔をなでるようにして洗い、乾燥肌と同じくぬるま湯ですすいでください。

 

肌のコンディションによって洗顔法は違います。肌トラブルを招かないように、正しい洗顔で美肌を目指しましょう!

 

 

関連記事(外部サイト)