ぐっしょり…恥ずっ!女が「見られたくない汗TOP7」1位の対処法は

ぐっしょり…恥ずっ!女が「見られたくない汗TOP7」1位の対処法は

記事画像

暑い季節になると浮上するのが“汗問題”。知らないうちに服に大きな汗ジミができていて、恥ずかしい思いをしたことはありませんか?

『美レンジャー』では、20〜40代の女性500名を対象に「汗をかいたときに他人から見られることが最も気になるパーツを一つ選んでください」というアンケートを実施。果たしてどんな結果になったのでしょう……。

 
「汗をかいたときに人に見られることが気になるパーツ」ランキング
7位・・・手(7名)

6位・・・お尻〜太もも部分(19名)

同率4位・・・首やうなじ部分・背中(22名)

4位・・・首やうなじ部分(22名)

3位・・・髪の毛や頭部(46名)

2位・・・顔(92名)

1位・・・ワキ(195名)

最も多くの方が選んだパーツは“ワキ”。Twitterでも「可愛いTシャツ着たいけどワキ汗気になる」、「手をあげたら恥ずかしい」などワキ汗に関する悩みがたくさん書かれていました。

2位の“顔”は、「鼻の下にかいている汗ほど顔が間抜けに見えるものはない」、「化粧がドロドロになって最悪」といった意見も。

また7位の“手”は、「デートで手をつなぐときにぐっしょりだと恥ずかしい」など、触れ合う際にも気になってしまう部分のよう。

汗が理由で他人から「うわ! 気持ち悪い」なんて不快感を抱かれないように、なるべくケアしたいところでしょう。

それでは続いて、美容ライターである筆者が、1位にランクインしたワキ汗についての対策方法を3つご紹介します!

 
これで安心!ワキ汗対策法3つ
(1)ワキ汗パッドを使う
まず簡単にできる対策として、服自体に貼って汗を吸収してくれる“ワキ汗パッド”があります。サイズや色も豊富ですので、着る服に合わせてチョイスするとよいでしょう。白いシャツなど薄い色の服には、ベージュ系の色を選ぶと透けにくいですよ。

汗の量が多いときは、こまめに貼り替えてあげましょうね。

体をよく動かすときなど、ワキ汗パッドが外れてしまうのが不安な場合は、汗取りパッド付きのインナーがオススメです。密着度も高く、しっかり汗を吸収してくれますよ。
(2)制汗剤を上手に使う

汗を抑えてくれるうえ、臭いケアもできる制汗剤。『美レンジャー』の過去記事「臭いガード…甘い!? 間違え女子多発“制汗剤の正しい使い分け”4種」によると、制汗剤には“ウォータータイプ”、“シートタイプ”、“スプレータイプ”、“肌に直接塗るタイプ”の4種類があるとのこと。

シートタイプは、汗を拭き取りながら臭いの元をキャッチするというダブル効果が期待できます。汗をかいてしまった後は、シートタイプで汗をしっかり拭き取ってから、スプレータイプをシュッと吹きかけるとよいでしょう。

出かける前には、肌に直接塗るタイプを使うのがオススメ。皮膚に密着するぶん、他のタイプより汗や臭いを抑える効果が高く、清潔な肌に使用することでその後の汗をガードしてくれるそうです。
(3)上半身の汗を抑える技を使う
『美レンジャー』の過去記事「女の大敵…ワキ汗!“出さない・滲ませない・臭わせない”基礎知識」では、上半身の汗を抑える方法を紹介しています。

舞妓さんが化粧崩れを防ぐために使っている方法で、胸の上を帯で締めることで、ワキや顔の汗を減らすことができるそうです。汗止め用ベルトのようなアイテムも売られていますし、とっさのときには、胸の上5cmのところを1分ツボ押しするだけでも汗止めの効果が期待できるんだとか。ぜひ試してみてくださいね。

 

これから暑い夏がやってきます。可愛い服を着ているのに、実は男性から汗ジミにガッカリされてた……なんてことがないよう、汗対策はしっかりしたいですね!

 

 

関連記事(外部サイト)