これじゃサンダル履けない!「ツルスベかかと」になれるフットケア術

これじゃサンダル履けない!「ツルスベかかと」になれるフットケア術

記事画像

街中でも、素足にサンダル姿の女性をたくさん見かける季節になりました。しかし、冬にケアを怠っていたせいで「かかとがガッサガサ!」「こんなんじゃ素足になれない!」と青くなっている人はいませんか?

そこで今回は、『美レンジャー』の過去記事から、“ツルスベかかと”を取り戻すケア方法をご紹介します。

 
かかとケアの4つの手順

過去記事「おブス素足は冬で卒業!“ガサガサかかと”がつるんと目覚める4step」によると、かかとにたまってしまった古い角質のケアで大事な4ステップは次のとおり。

(1)お湯で温める

(2)角質をオフする

(3)スクラブする

(4)保湿する

まずお湯で皮膚をやわらかくしてから、かかとケア専用のやすりや電動タイプの角質リムーバーを使って、硬くなった部分の角質を削ります。

そして、かかとにも使えるボディスクラブで、クルクルと円を描くようにかかとをマッサージ。最後に、肌の乾燥を防ぐため、必ず保湿クリームを塗りましょう。

 
角質除去のやりすぎはNG!

過去記事「モテ女はみんなやってる!“ふわすべかかと”を手に入れるコツ3つ」では、角質除去は保湿成分を浸透させるために必要とはいえ、やりすぎるともっと厚くなってしまうこともあるとのこと。その理由は、肌を削る行為が肌へ負担となり、その負担から肌を守ろうとするから。

週に一回程度、角質がやわらかくなっている入浴時などに、目の細かいヤスリなどでやさしくケアしましょう。

 
スクラブは塩より「砂糖」が肌にやさしい!
角質除去の際に活躍するスクラブ。過去記事「冬こそ“シュガースクラブ”でかかとツルピカ!汚足脱出アイテム3つ」では、肌が弱い方には、ソルトスクラブよりもシュガースクラブをオススメしています。砂糖の主成分“スクロース”には保湿効果があり、また体温や室温で溶けるため、肌にやさしいのだそう。

『ジョンマスターオーガニック』からは、米農務省が主に食品などに与える“オーガニック認証USDA”を取得したボディスクラブのシリーズ(全3種/136g/3,500円<税抜き>)、『レ・メルヴェイユーズ ラデュレ』からは、粒子が細くて均一な乳糖を配合したことで使い心地なめらかな『ボディ ゴマージュ』(200g/4,200円<税抜き>)など、各ブランドからこだわりのシュガースクラブが発売されていますので、チェックしてみてください。

 

正しいケアをしてあげれば、ツルツルなかかとを取り戻せるはず。自信を持ってお披露目できる素足を目指しましょう!(※ 価格はすべて編集部調べです)

 

 

関連記事(外部サイト)