黒ずみザラザラ…どうにかしたい!陶器肌を叶える「毛穴ケア」まとめ

黒ずみザラザラ…どうにかしたい!陶器肌を叶える「毛穴ケア」まとめ

記事画像

だんだんと汗ばむ暑い日も増えてきました。そうなると、気になってくるのが顔の毛穴。皮脂づまりや黒ずみに悩んでいる方は少なくないのでは?

今回は、毛穴が目立たない陶器肌になるための簡単なケア方法を、『美レンジャー』の過去記事からご紹介します。

 
定番「蒸しタオル」使い方をおさらい!

過去記事「レンチンでエステ級美肌に!毛穴やシワに効果的“蒸しタオル美容”」では、蒸しタオルを使ったフェイスケアをお伝えしています。

フェイスタオルを濡らして、500Wまたは600Wの電子レンジで30秒〜1分ほど加熱します。その間、乳液またはクリームタイプのクレンジングを顔全体にたっぷりめに塗っておきましょう。

レンジからタオルを取り出し、触れても熱すぎない温度まで冷ましてから3分間、優しく顔に押し当てます。最後はタオルで乳液やクレンジングを拭き取って終了。

蒸気によって毛穴が開くため、汚れがしっかり取り除けます。

 
「ふきとり化粧水」で古い角質をオフ!
毛穴の黒ずみには、通常の化粧水とは別に、ふきとり化粧水を使うのもオススメ。「1日2回の“ふきとりケア”で!毛穴の黒ずみ&肌くすみの解消テク」では、その方法や、コットンや化粧水の選び方をお伝えしています。

コットンを選ぶときは、“毛羽立ちが少なく、柔らかい質感のもの”を。

乾燥肌の人には、クリニーク 『クラリファイング ローション 1』(200ml/3,400円<税抜き>)がオススメ。また、NARS『NARSskin マルチアクション ハイドレイティングトナー』(200ml/3,800円<税抜き>)はアルコールフリーなので、肌が弱い方にもオススメです。ふきとるときは強くこすらず、優しく撫でるようにしてくださいね。

 
化粧品はセラミド配合がオススメ

毛穴の汚れを落としたあとは、毛穴周辺の肌を柔軟にし、詰りを予防することが大切です。

化粧水は、細胞間脂質の一つ“セラミド”を配合したものを使うといいでしょう。水分を蓄えて肌を保湿するとともに、細胞間の隙間を埋めるため、外部刺激を予防することができます。

詳しくは過去記事「ツルツルどころか…汚肌に!? 実はアブナイ“毛穴ケア”やりがち2つ」を参考にしてください。

 

肌の美しさによって、メイクの仕上がりも変わってきます。ここで紹介したテクニックで、毛穴が見えないキレイな肌を目指してくださいね。

 

 

関連記事(外部サイト)