若っ!2位木村佳乃…20代女子が「こんな40代になりたい」芸能人1位は

若っ!2位木村佳乃…20代女子が「こんな40代になりたい」芸能人1位は

記事画像

年齢を重ねていても“おばさん”という印象を受けない、若々しく美しい女性っていますよね。できるなら、そんな女性になりたいものですが……日々、どんなケアをすればいいのでしょうか。

今回『美レンジャー』では、20代の女性121名を対象に「“こんな40代になりたい”と思う女性芸能人」についてアンケート調査を実施。その結果とともに、スキンケアアドバイザーの資格を持つ筆者が、老けて見えてしまう“顔のたるみ”の原因とケア方法をお伝えします。

 
憧れる…理想の40代女性芸能人ランキング
同率9位・・・YUKI・神崎恵(4.1%)

同率7位・・・井川遥・森高千里(5.8%)

6位・・・永作博美(7.4%)

5位・・・石田ゆり子(8.3%)

同率3位・・・篠原涼子・吉瀬美智子(9.1%)

2位・・・木村佳乃(9.9%)

1位・・・松嶋菜々子(21.5%)

2位の倍という多くの票を集めて1位となったのは、今年10月で44歳になる“松嶋菜々子”でした。ネット上では、「キレイすぎて見とれちゃう」、「昔からビジュアルが変わらない!」、「落ち着きがあって品がよくて魅力的」など、大絶賛する声が多く見受けられました。

2位にランクインした“木村佳乃”についても、「透明感がすごい」、「スタイルがよすぎる」と羨む人多数!

3位の“篠原涼子”・“吉瀬美智子”については、外見を称賛する声とともに、共通して「大人の色気を感じる」とそのセクシーさに惹かれるという意見が多く見受けられました。

 
プラス5歳!? 老け見えする「顔のたるみ」の原因

年齢を重ねると気になってくるのが“ほうれい線”。そのほうれい線を引き起すのが“たるみ”です。毎日人目に触れる顔にほうれい線ができてしまうと、一気に老けて見えてしまいますよね。

たるみの原因は大きく分けて2つ。皮膚の老化と表情筋の老化です。

基本的に、過去に紫外線を多く浴びた人は、たるみやシワが多くなる傾向にあります。また、筋肉は使わなければ衰えていくので、年齢に伴い表情筋の質が低下し、その衰えた筋肉が直接付着している皮膚にシワをつくってしまいます。

たるみやシワをなるべく増やさないようにするためには、外側からのスキンケアに加え、内側の衰えた筋肉を鍛えてあげることも大切なのです。

 
ほうれい線も撃退!1分でできる顔のたるみケア
ほうれい線の原因となる、頬含む口周りの筋肉の衰え。それらを鍛える方法をお伝えします。
頬のたるみケア方法
下記の画像は自分が鏡に映った状態と考えましょう。青が右手、赤が左手の位置として考えます。

右手の中指はこめかみ、左手の人差し指は(1)〜(4)の位置に置き、同じリズムで同時に矢印の方向へ引き上げていきましょう。

(1)小鼻のすぐ横を上に引き上げる

(2)頬骨付近を上に引き上げる

(3)口のすぐ横を斜め上に引き上げる

(4)口の少し外側を斜め上に引き上げる

引き上げる際、指は皮膚の上を滑らせない(摩擦を与えない)ようにします。各5回行ったら、反対側も同様に行ってくださいね。
口周りのエクササイズ
(1)口いっぱいに空気を溜め、頬を10秒間膨らませたら、その後、10秒間めいっぱいすぼめる

(2)ゆっくりと大きく、筋肉を意識しながら「あ・い・う・え・お」と口を動かすのを複数回行う

(3)上を向いた状態でにっこり微笑み、その状態を20秒間キープする

これらのエクササイズは簡単に感じますが、普段あまり筋肉を使っていない人はすぐに顔の疲れを実感するはず。どこでも気づいたときに手軽にできるので、ぜひ継続的に行ってみてくださいね。

 

「もう歳だから……」を言い訳にせず、悩みにしっかり向き合って美をキープしましょう!

 

【画像】

※ getty images

 

 

関連記事(外部サイト)