簡単なのに色っぽ華やか!「浴衣に似合う」まとめ髪アレンジ

簡単なのに色っぽ華やか!「浴衣に似合う」まとめ髪アレンジ

記事画像

夏真っ盛りの今、各地で花火大会や夏祭りが開催されていますね。女子にとってこれらのイベントは、浴衣を着る数少ないチャンス!

せっかく可愛い浴衣を着るなら、ヘアアレンジにもこだわりたいもの!

今回は、『美レンジャー』の過去記事から、浴衣に似合うヘアアレンジをお届けします。ぜひ参考にしてみてくださいね。

 
まとめる位置や編み込みで印象を変える
過去記事「“また同じ浴衣姿…”と思われないための簡単ヘアアレンジ術」では、プロからのアドバイスをご紹介しています。
1:髪をまとめる位置で印象は変わる
“どのように見られたいか”で、髪をまとめる位置を選びましょう。

まとめる位置が上のほうだとアクティブ感が出たり、キュートなイメージに。可愛い印象を出したいときや、個性的な浴衣のときは、耳より上の位置でまとめるとよいでしょう。

逆に、大人っぽいしっとりとした印象を与えたいときは、耳より下の位置でまとめるとよいでしょう。レトロな雰囲気の浴衣にも合います。まとめた髪の毛先はあまり遊ばせず、耳の下でボリュームを出してまとめるようにしましょう。
2:「ちょい編み込み」を取り入れる
前髪部分やサイド部分にほんの少し編み込みを入れるだけで、こなれ感を出すことができます。編み込みが苦手という方も、ルーズ感のあるざっくりとした編み込みをポイントに使ってみて。

 
パッと目を引く華やかさ!「薔薇ヘア」のつくり方

過去記事「浴衣姿にも!くるりんぱ+三つ編みで即席カワイイ“薔薇ヘア”が素敵」では、“くるりんぱ”の応用でつくれる簡単“薔薇ヘア”をご紹介しています。手順は次の4ステップです。

(1)まず、薔薇にしたい部分をゴムで止め、くるりんぱをする

(2)続いて“くるりんぱ”した毛の束をフィッシュボーンまたは三つ編みに

(3)毛先から薔薇型に丸めるようにピンで留める

(4)つくった薔薇をお好みでほぐしたら完成。中央に飾りピンを刺して蕾のように演出してもOK

最初に“くるりんぱ”することで、薔薇のように巻きつけやすくなるので、省略せずにしっかり“くるりんぱ”してくださいね。

 
実はねじるだけ!「大人ふんわりアップ」のつくり方

過去記事「男性こぞってドキッ!“簡単なのに華やか”な激モテ浴衣ヘアテク」では、プロ伝授の浴衣に似合うアップスタイルのヘアアレンジをご紹介しています。

(1)まず、全体に巻き髪を作り、ボリューム感を出す

(2)スプレーワックス(ない場合は水分量多めのワックス)をふりかける

(3)トップの髪の毛をひとつに束ねてヘアゴムで留め、結んだヘアゴムを押さえながら、少し髪を引っ張り出して、トップにボリュームを出す

(4)すべての髪の毛を縦に4等分に分け、真ん中の2と3の束からねじっていく

(5)2の毛束をさらに2等分に分け、毛先までねじる

(6)ランダムにつまんで引っ張り出し、ルーズにボリューム感を出したら、クリップかヘアゴムで留める(このとき、ねじっているため、少しくるっと戻ってきてしまうことがありますが、後でピンで固定するときにねじり直すので、問題なし)

(7)(4)で分けた3の毛束も、(5)と(6)同様に行う

(8)(4)で分けたサイド側の1と4の毛束は、耳上の根元からねじり始めることが、仕上がりを可愛くさせるポイント。(6)と同様に、ランダムに引っ張り出し、ボリューム感を出して留める

(9)2の毛束をねじり上げて、左耳下辺りでピンで固定する。写真下のように、毛先は折り返して、ピンで固定(Aの方向に持っていきピンで固定したら、毛先をBの方向に持ってきて固定する)

(10)サイドのねじった毛束は、下から反対側の耳後ろ辺りに、毛先が隠れるようにして、ピンで固定する

(11)ほかの3本も同じようにピンで固定する。緩んでいるところがあればしっかりピンで固定し、ボリュームを出したいところは、つまんで引っ張り出して整える。最後に、ヘアスプレーで固めたら完成

複雑なように見えますが、実はただ“ねじるだけ”の簡単ヘアアレンジです。後頭部の下のほうにまとめられたアップスタイルは、大人っぽく仕上がりますよ。

 

浴衣に似合うヘアアレンジについてご紹介しました。せっかくお気に入りの浴衣を着るなら、髪型も可愛くまとめたら、グッと魅力もアップするはず。試してみてくださいね。

 

 

関連記事(外部サイト)