頭がプ〜ン…はシャンプー方法が原因!? 夏こそ見直したい「髪の洗い方」

頭がプ〜ン…はシャンプー方法が原因!? 夏こそ見直したい「髪の洗い方」

記事画像

頭皮がベタついたり、臭ったり……汗をかくこの季節は、そんな悩みが生じがち。ちゃんと洗っているのに、なぜ臭ってしまうのでしょうか。

その理由や解消法を、『美レンジャー』の過去記事からご紹介します。

 
頭皮は毛穴がたくさん…汗や皮脂で汚れやすい!

夏の頭皮が臭う理由を、過去記事「頭皮の毛穴から悪臭!? 360度いい香りの女になる“夏のシャンプーテク”」で解説しています。

頭に髪の毛があるということは、それだけ毛穴もたくさんあるということ。また皮脂腺や汗腺もたくさん存在しており、暑いシーズンは汗の量も皮脂の分泌も多く頭皮が汚れやすいのです。

また、まとめ髪をすると頭皮の通気性が悪くなり、常に蒸している状態に。汗をかいても空気が通りにくく、乾きにくいのも臭いの原因となります。

 
洗い方に問題があるかも…シャワーの温度をチェック!

過去記事「今日からヤメて!髪を濡らして即シャンプー他“NGな髪の洗い方”3つ」によると、熱いお湯での洗髪は頭皮の臭いの元になるとのこと。頭皮に必要な油分まで洗い流され頭皮が乾燥し、乾燥から皮膚を守るために皮脂が過剰に分泌され、臭いの原因になります。

“ぬるい”と感じる温度設定が理想です。人によって“ぬるい”と感じる温度は異なるため、温度設定を意識するのではなく、自分の感覚で温度調整をしてみてください。その他、髪と頭皮をよく濡らさずにシャンプーをつけたり、流したりなかったりするのもNG洗髪法です。

 
「頭皮洗浄ブラシ」でケアするのも手

「シャワーの温度も、シャンプーの泡立ても意識しているのに臭う……」という方は、頭皮洗浄ブラシを使用してみてはいかがでしょうか。「シャンプー中使うだけ!シワもたるみも防ぐ“頭皮洗浄ブラシ”が優秀っ」では、その使い方を説明しています。

(1)髪全体をお湯でしっかり洗い、モコモコに泡立てた泡を頭全体にのせます。泡は泡立てネットを使用するのがおすすめです。

(2)髪全体に泡が行き渡ったら、ブラシで生え際、頭頂部、後頭部、襟足の順に洗っていきます。左右に小刻みに動かすのがポイント。大きくブラシをグリグリと広い範囲で動かしても毛穴の汚れは落ちません。少しずつ毛穴の汚れをかき出すイメージで小刻みに動かしましょう。

力を入れすぎると地肌にダメージを与えてしまうので、気持ちいいと感じる力加減で行ってください。

 

どんなにおしゃれをしても、頭皮が臭いなんてことになったら台無し。洗い方やケア方法を今一度、見直してみてくださいね。

 

 

関連記事(外部サイト)