第96回 アクション映画として最強コメディ映画として最高。『ヒットマンズ・ワイフズ・ボディガード』監督インタビュー!

第96回 アクション映画として最強コメディ映画として最高。『ヒットマンズ・ワイフズ・ボディガード』監督インタビュー!

『ヒットマンズ・ワイフズ・ボディガード』 2022年4月8日(金)、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー

アクション・コメディ『ヒットマンズ・ワイフズ・ボディガード』。この作品には『デッドプール』のライアン・レイノルズ、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)のニック・フューリーことサミュエル・L・ジャクソン、『エターナルズ』のサルマ・ハエックが出演。さらに脇を固めるのがMCUのラムロウことフランク・グリロ、『ダークナイト』のモーガン・フリーマンとアメコミ映画好きをうならせるキャスティング。さらに本作の悪役はアントニオ・バンデラスなのです。しかもアクションの過激さは『デッドプール』や『キングスマン』級。というわけでアメコミ映画好きには必見のエンタテインメント! 本作を監督したパトリック・ヒューズ監督にオンライン・インタビューしました。なお本作は2017年に公開され大ヒットした(日本では配信でのリリース)『ヒットマンズ・ボディガード』の続編ですが前作のことを知らなくても全く問題なく楽しめます!

撮影現場でのパトリック・ヒューズ監督

―とにかくアクションの見せ場と主要キャストのコミカルなかけあいが最高の映画ですね。

ありがとうございます。本作はコメディ映画であると同時にアクション映画でもあります。
撮影中は"大人になってこんなバカなことやってるなんて"と大盛り上がりでした。でも編集の時は冷静になって、これはさすがに行き過ぎだなとカットしたところもあります。アクションとコメディの境目みたいなところはすごく気をつかいましたね。

―僕はアメコミ映画好きなんでこのキャスティングは本当に嬉しいんですが、007映画も好きなのです。本作ではヨーロッパのロケを使ったアクションが本当に素晴らしくて007映画的だなと思いました。

スーパーヒーロー好きの皆さんがこの映画も気に入ってくれると嬉しいですね。あと確かに007へのオマージュもあるんですよ。前作はアムステルダム、ロンドン、今回はイタリア、クロアチア、スロベニアです。ヨーロッパの街並みを使ったアクションは確かに007的です。あとキャラ設定も007を意識してるんです。ライアン・レイノルズと一緒に"マイケル・ブライス(註:ライアン・レイノルズ演じる、本作の主人公)"のキャラづくりをする際、ジェームズ・ボンドみたいに活躍するんだけれどメンタルは弱くて、負け犬みたいな奴みたいに設定したんです。心配性で、やることなすこと裏目に出てしまうジェームズ・ボンドです(笑)

―確かにブライスはヒーロー並みのスキル持っているのに踏んだり蹴ったり、ひどい目にあいますよね(笑)

前作の編集作業をしていた時に、(前作でも)ブライスをひどい目に遭わせたけれど、彼にとってもっと最悪のシナリオってなんだろうって考えたんですね(笑)、そうしたらいいアイデアが浮かんで(笑)、そこをラストにして逆算して続編シナリオを作りました。ブライスというのは心配性で、神経質で、誰かに認められたいと思っている。要は"子ども"なんですよ。ブライスが子どもである、という部分が本作の重要な部分です。
前作にもありましたが、ブライスが画面の真ん中にいて一人の世界に浸っていて、その後ろで大騒ぎが起こっているというシーンがありますよね。彼の背後でくりひろげられている大銃撃戦にブライスは我関せず、という感じで。これはとても愉快なシーンなんですが、同時に、ブライスのキャラを際立たせるシーンになってます。

―それにしても、これだけの大スターをそろえて撮影するって結構気をつかうのではないですか?

いやむしろタイプの違う役者さんを集めてなにかを作り上げていくというのは、監督として一番楽しいところです。僕が悩んだのは、忙しい彼らのスケジュールを合わせることです。
それはもうテトリスやってるみたい。本作の続編のシナリオも出来ているんですが、実現できるかは、あの3人のスケジュールをまたうまくあわせられるかにかかっています(笑)

―それはぜひ実現して欲しいです。あの3人は最高ですよね。監督の目からみて3人のスターの魅力はどこにありましたか?

サミュエルはスターとしてのオーラを感じます。そして本当にプロフェッショナル。ハッキリ、ものを言ってくれるし。
サルマはとにかくエネルギーの塊のようでした。とてもクリエイティブでいろいろなアイデアも出してくれます。
ライアンはナイス・ガイ。ただ僕とライアンは笑い上戸なので、面白いシーンを撮影しているとお互い現場で吹き出しちゃうんですよ。撮影クルーに迷惑かけましたね(笑)

―楽しそうな現場ですね。その雰囲気が画面から伝わってきます。実は日本では『ヒットマンズ・ボディガード』は劇場公開されず配信でした。でも配信でこの作品の面白さを知ったファンはいっぱいいて、今回その続編が劇場公開されることを大変喜んでいます。

そうですね。僕はコメディ映画にとって、みんなと一緒に笑うという体験がすごく重要だと思います。もちろん配信を家族や友人と観て一緒に笑うことも貴重ですが、劇場で見知らぬ人同士でも一緒にわっと笑う楽しさをぜひ味わってほしい。それとアクションはやはりスクリーンの大画面で味わってほしいかな。この映画には劇場でもシートベルトが必要と思うぐらい派手ですから!(笑)

---
監督はオーストラリアからノリノリで答えてくれました。
インタビューの合間からいかに彼が楽しんでこの映画を撮っていたかがよーく伝わりました。
アクション映画として最強コメディ映画として最高。
芸達者なキャストがくりひろげる過激なエンタテインメント、それが『ヒットマンズ・ワイフズ・ボディガード』です。

(取材・文/杉山すぴ豊)

***

『ヒットマンズ・ワイフズ・ボディガード』
2022年4月8日(金)、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー
配給:REGENTS
提供:ハピネットファントム・スタジオ、REGENTS
2020 Hitman Two Productions, Inc. All Rights Reserved.

【関連記事】
第95回 春の映画館は蝙蝠祭り!?
第94回 ゴジラの甥っ子が出るとの噂もあった!?『ゴジラvsコング』
第93回 日本のヒーロー文化から生まれた歌謡アイドル映画『スーパー戦闘 純烈ジャー』