第42回 ファン待望! 『トランスフォーマー』『パシフィック・リム』続編の最新情報!&すぴ豊からの特別なお知らせ!

まずは僕の広告からなのですが、

■10月22日(土)から公開される『金メダル男』
に1カットだけ"杉山すぴ豊"登場しています。セリフはなく、マーベル映画におけるスタン・リー氏ほどの登場ではないですが、『シン・ゴジラ』における前田敦子ちゃんぐらいは出ている?緑色のジャケットを着ているのでよかったらぜひご覧ください。"内村光良さん版フォレスト・ガンプ"的な作品です。

■10月19日(水)発売の『アメコミフロントライン』
という本に参画させていただきました。
"2020年まで予定されているマーベル・コミックとDCコミックスのヒーロー大作映画プロジェクト。そのバックボーンと深遠なるアメコミの世界を豪華布陣で紐解く究極のアメコミ指南書"ということで、その"豪華布陣"の仲間入りさせていただきました。これも
おすすめです。いま "アメコミ"が日本でどう受け入れられているかがとてもよくわかる最強かつ最適の入門書です。
さて今月はある意味日本発の、ハリウッド産巨大ロボット映画についての話題2つ。


@次のトランスフォーマーは歴史SF?

来年公開予定の『トランスフォーマー』最新作、「トランスフォーマー:ザ・ラスト・ナイト(原題)」です。
この映画、あのアンソニー・ホプキンス氏が出演するのですが、彼が演じるのは世界史でもおなじみの、あのイギリスのウインストン・チャーチル首相らしい!!!
その撮影風景がUPされています。
https://goo.gl/8jS2zU

しかしチャーチル首相の生家であるブレナム宮殿で、
そこがナチスに乗っ取られたかのような撮影が行われたらしく
これが物議をかもしているのです。
歴史的に、もちろんそんな事実はないです。

恐らくなんですが、「トランスフォーマー:ザ・ラスト・ナイト」はタイム・トラベルもの&パラレル・ワールドもので歴史が改ざんされナチスによって世界が征服される、、みたいなことをくいとめる話なのかもしれません。

さらにこの映画は"ラスト・ナイト(最後の騎士)"という
副題が示す様に"アーサー王と円卓の騎士伝説"が絡んでくるともいわれているのです。
ヒロイック・ファンタジー×歴史もの×ロボットもの? すごい作品になりそうです!


A次のパシフィク・リムはチャイニーズ・ビューティが操縦?

侵略系怪獣軍団VS巨大ロボット軍団をハリウッドが本当に実写化、熱狂的なファンを持つ『パシフィック・リム』! 期待の続編ですが、現状わかっていることをまとめておくと

◆公開は2018年2月23日予定

◆今年の11月から撮影開始

◆タイトルは当初「パシフィック・リム:Maelstrom(メイルストラム・・大渦巻き・・転じて大混乱というような意味」と言われてましたが「Maelstrom」はプロジェクト名(ワーキング・タイトル)のようで、「パシフィック・リム2」になりそう

◆製作は前作同様レジェンダリー・ピクチャーズだが配給はワーナーからユニバーサルに
◆ギルレモ・デル・トロは監督からプロデューサーに

◆監督はスティーヴン・S・デナイトで人気のTVドラマ『スパルタカス』やネットフリックス版『デアデビル』を手掛けた人(いいですね!)

◆脚本はデレク・コノリー。『ジュラシック・ワールド』や『コング:スカル・アイランド』『スター・ウォーズ:エピソード[』も担当。(売れっ子ですね!)

◆前作の主人公ローリー・ベケット(演じていたのはチャーリー・ハナム)は登場しない

◆前作でイドリス・エルバが演じていた司令官ペントコストの息子役で『スター・ウォーズ:フォースの覚醒』のフィンことジョン・ボイエガ出演(彼の制作会社も映画に出資でなのでボイエガはプロデューサーとしても関与の可能性あり)

◆前作からはペントコストの後をついで司令官になったハンセン(演じるのはマックス・マルティーニ)怪物商人ハンニバル・チャウ(演じるのはロン・パールマン)は登場らしい

◆女主人公に中国の美人女優ジン・ティエン(新キング・コング映画『コング:スカル・アイランド』にも出演)が登場。別の女性キャラとしてCailee Spaenyが出演(まだ女優さんとしてはキャリアが少ない人のようです。日本語表記わからず)

◆クリント・イーストウッドの息子で『スーサイド・スクワッド』でも大活躍のスコット・イーストウッドも出演

前作が中国で大ヒットしたので、中国の女優ジン・ティエンさんが登場?
前回、菊地凛子さん演じたマコ的なキャラで物語ひっぱるのかな?
彼女についてはこちら:
http://www.imdb.com/name/nm1320897/

どちらも楽しみですね!
また映画公開されたらおもちゃいっぱい買っちゃいます!(笑)

(文/杉山すぴ豊)

【関連記事】
・第41回 今度のコングは40m級!? 『コング:スカル・アイランド』に注目せよ!
・第40回 いまもっとも旬なスーパーヒーローウーマン、ワンダーウーマン!
・第39回 祝!『デッドプール』日本でも20億円超えの大ヒット! 比較的見つけにくい5つのトリビア!