内藤大助さんが語る、ボクシング映画『サウスポー』

内藤大助さんが語る、ボクシング映画『サウスポー』

内藤大助さんが語る、ボクシング映画『サウスポー』の画像

 ジェイク・ギレンホールがすべてをなくしたボクシング元世界チャンピオンを演じ、大きな感動を呼んだボクシング映画『サウスポー』。そのDVD&BDが発売されたことを記念して、第36代WBC世界フライ級王者の内藤大助さんが、映画『サウスポー』を緊急鑑賞! 「すべてを失った主人公が、そこから這い上がろうとする姿に、自分が奮闘していた日々を思い出しました」と、大いに感情移入してご覧になった様子。

以下、内藤さんコメントをご紹介。
「僕自身が変わったので、変われないことはないと言い切れます! 誰かのために戦うことで、人はとてつもないパワーを出すんです! 人は、一人では生きてはいけないということが痛いほどわかる映画だと思いました。『サウスポー』、ひとりでも多くの人に観てほしいです!」

***

『サウスポー』
DVD&BD発売中!

コレクターズ・エディション \5,800(本体+税)/PCXP-50439
  <スチールブック仕様・日本オリジナルデザイン・特典DISCをセットにした2枚組>
BD \4,700(本体+税)/PCXP-50440
DVD \3,800(本体+税)/PCBP-53591
発売元・販売元:ポニーキャニオン
(C) 2015 The Weinstein Company LLC. All Rights Reserved.


リング上で脚光を浴びるチャンピオン、ビリー・ホープ。怒りをエネルギーに相手を倒すというスタイルに心配が耐えない妻と娘。その彼の怒りは無情にも妻の死へと繋がってしまう。最愛の妻を失くしたビリーは悲しみに暮れる毎日。ボクシングにも力が入らず、すべてを失ってしまう。愛する娘までも......。そんなビリーは、アマチュアボクサーたちのトレーナーを務めるティックのもとを訪れる。彼に教えを請い、自らの"怒り"を封印し、過去の自分と向き合うことで闇のなかに光を見出して行く......。

【関連記事】
・イタリア人は年間8週間も休みを取るって知ってた!? マイケル・ムーア最新作を観て映画通の高校生が座談会を開催!
・「サラリーマンNEO」「あまちゃん」演出の吉田照幸さんが『疾風ロンド』映画化! 11.26公開です!
・僕が世の中を観察している限りでは、ほとんどの人が彼女のよう。(岩井俊二監督)