子どもを一流に育てるには?

子どもを一流に育てるには?

『一流の育て方―――ビジネスでも勉強でもズバ抜けて活躍できる子を育てる』ミセス・パンプキン,ムーギー・キム ダイヤモンド社

 昨日10月19日は、「イクメンの日」。それにあわせて、「イクメンオブザイヤー2016」が都内で開催され、タレントのユージさん、柔道家の井上康生さん、プロ卓球選手の水谷隼さんらが、今年のイクメンオブザイヤーを受賞されました。

 男性が育児に参加することも珍しくなくなった昨今ですが、その一方で子育てに関する悩みは昔も今も変わらずあり、子育て関連本も数多く書店に並んでいます。

 本書『一流の育て方』は投資ファンドなどでグローバルに活動するムーギー・キム氏と、彼の母親であり、ネットの人生相談で多くのファンを持つコラムニストのミセス・パンプキン氏による共著。ビジネス界の第一線で活躍している若者たちへのアンケート結果を紹介しながら、独自の育児論を展開していきます。
 
「一言申し上げるとすれば、これから子育てをする親御さんたちはぜひ、子どもを授かったときのあの途方もない幸福感を思い出しながら、子どもに優しい育児を、真剣勝負で心がけて欲しいということです。子育てにやり直しはきかず、光陰矢の如しだからです」(ミセス・パンプキン)

「(本書は)いい大学やいい会社に入って終わらない、その先で自己実現するための主体性・リーダーシップを育むという意味での『一流の育て方』をともに学ぶことを目標に据えている。『頭の良し悪しや大学のランク以前に、そもそも幸せな人生を送って欲しい』とは多くの親が抱く共通の願いではないだろうか」(ムーギー・キム)

 自己実現するために主体性が必要であると考えるふたり。「子どもの主体性を育てる」をテーマにした章では、若者たちのリアルな声が登場します。

 たとえばこんな言葉。

"自分のことは自分で決めるという教育方針で育てられたために、さまざまなリスクを考えながら物事を決定し、目標を定め、そのための最善の方法を選択・決定するという思考の繰り返しは、私の思考力や決断力を養い、自主性が身についたと思います"

 反対にこんな意見も。

"両親は、よく言えば自主性に任せてくれたが、あまりにも助言がなく、もはや放置状態だった。社会人としてのアドバイスや考え、スキル、知識を提供してほしかった"

 こうした声に対して、自ら4人の子どもを育てたミセス・パンプキンは、子どもの主体性を育てるとはどういうことか、親は何ができるかを読者に語りかけます。

 たとえ同じ親から生まれ、同じような教育方針で育てられたとしても、子どもは一人ひとり違う個性や感性を持っています。彼らの能力を最大限に生かせる環境を与えてやることが、親の喜びであり、務めと言えます。なかなか上手くいかない子育てに悩むとき、開いてみたい一冊です。

【関連記事】
・ジョン・レノンお気に入りのバーも 60、70年代築ビルの魅力
・20世紀文学を代表する名作『失われた時を求めて』の誕生秘話とは
・漱石の作品に見受けられる名言の数々とは?