食い倒れの街・大阪で「いっとかなあかん」店 バッテラはポルトガル語でボート

記事まとめ

  • 江弘毅著による『いっとかなあかん店 大阪』から、おすすめの店を紹介している
  • 箱寿司の「バッテラ」は1893年〜95年頃、大阪湾で穫れたコノシロを使ったのがはじまり
  • 短艇に似ていたため、ポルトガル語でボートという意味の"バッテラ"と名付けられたそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております