自分探しはもう終わり! 心から納得できる人生を送るための「やりたいこと探し専門プログラム」

自分探しはもう終わり! 心から納得できる人生を送るための「やりたいこと探し専門プログラム」

『世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方 人生のモヤモヤから解放される自己理解メソッド』八木 仁平 KADOKAWA

 仕事や人生において、迷ったりモヤモヤしたりすることはつきものです。「この仕事をずっと続けてよいのだろうか」「何かしたいけれど、その『何か』がわからない」。そんな「やりたいことが見つけられない」という思いに囚われている皆さんも多いのではないでしょうか?

 そうした悩みを、独自に開発した「やりたいこと探し専門プログラム」で解決へと導いてくれる人が、『世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方 人生のモヤモヤから解放される自己理解メソッド』の著者・八木仁平さんです。八木さん自身も同じような状況から脱出した経験を持つことから、本質的なメソッドやテクニックに基づいて教えてくれるのが大きな特徴です。本書には自分で書き込むワークなども多く、非常に実践的な方法で自己理解を深めていくことができます。

 この自己理解メソッドの要ともいえるのが、CHAPTER3に出てくる「好きなこと」「得意なこと」「大事なこと」という3つ。「好きなこと」とは「情熱」、「得意なこと」とは「才能」、「大事なこと」とは「価値観」だと定義づけており、これらの要素を組み合わせることで、本当にやりたいことを見つけるための公式が生み出せるというのが八木さんの考えです。

 とはいえ、たとえば「価値観が大事」と言われても、「そもそも『自分はこのために生きているんだ!』と心から思えるものが何かわからない」という人もいることでしょう。そうした問題については、CHAPTER4以降で丁寧にフォローしてくれます。

 CHAPTER4では、「『本物の価値観』と『偽物の価値観』の見分け方」「本物の価値観を見つけ出す5つのステップ」などの項目を通して、「大事なこと(価値観)」の見つけ方が示されます。特に「価値観マインドマップ」は、自分で書き出すことで思考を整理できるので、ぜひ試していただきたいです。

 同様に、CHAPTER5では得意なことの見つけ方を、CHAPTER6では好きなことの見つけ方を解説。これらにも自分で書き出すワークが含まれており、可視化することで、また一段と理解を深められそうです。

 このように、自身の内面をとことん見つめ直し、「ブレない自分軸」を見つけることができるのが本書の良さ。やりたいことを見つけるための思考法を、徹底的に身に着けることができるでしょう。

 現在、組織で働いている人はもちろん、起業したい人や就職・転職活動中の人、さらにはより充実した人生を送りたいすべての人におすすめしたい一冊です。

【関連記事】
・若き哲学者によるデビュー作! 「お金では買えないもの=贈与」の成り立ちや原理を紐解いた一冊
・5月は「場面緘黙(ばめんかんもく)症」啓発月間! 当事者が明かす、成人後の生きづらさ
・災害に役立つ情報とともに、車を使って3日間を切り抜ける防災術を紹介