ポルシェが新型「911 ターボ S」をインターネットでワールドプレミア!

ポルシェが新型「911 ターボ S」をインターネットでワールドプレミア!

新型ポルシェ「911 ターボ S」のリヤビュー

■大きくなった新型「ポルシェ 911 ターボ S」がデビュー!
ポルシェが3月3日、911シリーズの頂点に位置付ける新型「911 ターボ S」をインターネット中継でワールドプレミアしました。同発表はジュネーブモーターショー2020中止を受けたもので、いよいよこうした形式での新車発表がスタートしました。

新型ではボディサイズを拡大。全幅が1,900mm(先代+20mm)に拡幅され、エアロダイナミクスの改善を目的に大型リアウイングを採用するなど、圧倒的な迫力を醸し出しています。

https://www.youtube.com/watch?v=OAUV_ZG0Cdo

フロントトレッドも42mm、リヤが10mm拡幅され、前後ホイールを初めて異径サイズに変更。フロント20インチ(タイヤサイズ:255/35)、リヤ21インチ(同315/30)を装着します。

車高を10mm低く設定するPASM(ポルシェ アクティブサスペンションマネジメント)スポーツシャシーと、調節可能なフラップを備えるスポーツエグゾーストシステムを装備。
■3.8L水平対向6気筒ツインターボエンジンは650psを発生
最高出力650ps(先代+70ps)、最大トルク800Nm(先代+50Nm)を発生する3.8L水平対向6気筒ツインターボエンジンにターボ専用の8速PDKトランスミッションを組み合わた4WD仕様となっており、0-100km/h加速は2.7秒(先代-0.2秒)、最高速度は330km/hに達します。

また、再設計された空気圧展開式フロントスポイラーと大型リヤウイングにより、ダウンフォースが15%向上しています。

ポルシェでは新型「911 ターボ S」発表に合せて、「911 ターボ S カブリオレ」を発表しており、911シリーズの最上位モデルとしてドライビングダイナミクスを大幅に引き上げた両モデルの国内発売が待たれます。

(Avanti Yasunori・画像・動画:Porsche)

【関連記事】

ジュネーブモーターショー2020が開催目前でキャンセル! 直近のモーターショーはインターネットで「無観客」開催にしては?
https://clicccar.com/2020/03/03/958319/

【関連リンク】

新型ポルシェ911 ターボS
https://www.porsche.com/japan/jp/models/911/911-turbo-models/911-turbo-s/

ポルシェが新型「911 ターボ S」をインターネットでワールドプレミア!(http://clicccar.com/2020/03/05/958818/)

【関連記事】