舌の長さにビックリ! 吸血鬼のようなコウモリを激写

舌の長さにビックリ! 吸血鬼のようなコウモリを激写

インドで吸血鬼のようなコウモリを激写! ※海外メディア「MirrorOnline」のスクリーンショット

 吸血鬼のような顔のコウモリが激写された。長い舌を出し翼を広げたこのコウモリ。45度以上の猛暑のなか、水浴びをした直後にした“爽快な表情”がこれのようだ。海外メディアMirror Onlineが報じた。

 この画像が撮影されたのは、インドの都市ボーパールにあるUpper Lakeの岸辺だ。

 このインドオオコウモリは哺乳類で、気温が45度以上になると脱水のために死の危険にさらされる。そのため、一日に数回木から池に飛び込み、その後翼を広げて空中を飛びながら体を冷やすのだという。インドでは、酷暑のために数千のコウモリが各地で死んでいるという。

 インドオオコウモリのこの長い舌は、餌付けをする際に使われ、その他のときは内側にしまわれているという。写真のコウモリは、この時ばかりは爽快さのあまり舌が出てしまったのかもしれない。

 撮影したフォトグラファーのデヴェンドラ・ドゥーブは「夏の終わりにはコウモリたちはボーパール近くのジャングルに移動し、雨季の後にまた戻ってきます」と語った。

関連記事(外部サイト)