車のバンパーから「ニャー」 子猫の救出動画が話題に

車のバンパーから「ニャー」 子猫の救出動画が話題に

車のバンパーから「ニャー」 子猫を救出(※海外メディア「Huffington Post」のスクリーンショット)

 「ニャー」という鳴き声が漏れるテスラ社の車のバンパーから、ふわふわの愛らしい子猫が救出された。その救出の一部始終を収めた一連の動画はユーチューブに投稿され、大きな反響を呼んでいる。さらに、この動画に注目したテスラ社CEO兼共同設立者のイーロン・マスク氏が、動画をツイートするに至った。海外メディアHuffington Postが伝えた。

 動画の撮影者は1本目の動画で「ああ、かわいそうな猫。今日サービスセンターに電話して、助けてもらえるか聞いてみようと思います」とコメント。動画では、テスラ社のサービスセンターで車体が持ち上げられ猫を救出する様子が映されている。可愛らしい子猫は救出される際に大きな鳴き声をあげ、幸い元気なようだ。

 撮影者によると、その後この子猫はテシーと名付けられた。車のバンパー内で過ごした時間は推定14時間以上。その後、テシーには水が与えられ、さらには新しい家まで見つかったとのこと。

 「子猫にとって、かなり良い結果になったと思います」と、動画の撮影者は3本目に投稿した動画でコメント。「子猫にとって大変な週末の始まりでしたが、最高の形で終えることができたと思います」と加えた。なお、動画の撮影者は特定されていない。

関連記事(外部サイト)